記事

中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

なんと中田敦彦氏が大手出版社抜きで自ら電子書籍Kindleで自伝を出版!

いち早くテレビに見切りをつけ、事務所にも見切りをつけ、オンラインサロンやYoutubeなど自ら稼ぐビジネスモデルを構築している中田敦彦氏だが、いよいよ出版にも!
発売当初はKindle全体部門で1位になるなど好調な出だしだ。

いよいよ出版社中抜きビジネスモデルもあやういかもしれない。
出版社で紙の本を出すのと、著者が自らAmazonで電子書籍Kindleを出すのと何が違うのか?
一番の大きな違いは印税だ。

出版社から紙の本を出したら、著者の印税は7%〜10%。
1000円の本なら100円しか著者には入ってこない。

しかしAmazonKindleで出せば、印税はなんと70%!
*読み放題対象にした場合
1000円の本を売って著者に700円が入ってくる。
出版社から出すより7倍もの収入が入ってくるのだ。

中田敦彦氏の電子書籍は1250円になっているが、これはなぜかというとAmazonKindleで印税70%にできる最高価格だからだ。
Kindleは99円から2万円まで価格を自由に決めることができるが、印税70%にできるのはなぜか250円〜1250円の間になっている。
だから中田氏は1250円という価格にしているのだと思う。
さすが戦略家だ。

ただ読み放題対象になっているので、月額980円払っているサブスクの人は無料で読むことができる。
しかし読み放題でもちゃんと印税は入ってくる。
月によって金額は変わるが、だいたい1ページ0.5円相場。
200ページぐらいの本なら100円入ってくる。

少な!と思うかもしれないが、わざわざお金を出して買いたいとは思わないけど読み放題対象ならちょっとみてみるかという層はかなりいる。
読み放題対象で読まれる印税もバカにならない。
私の場合も毎月Kindleの収入は、購入された印税と読み放題で読まれた印税がだいたい半々ぐらいの割合だ。
読み放題でも十分収入を得られるのだ。

しかもKindleならすぐ出せる。
私は2019年から100冊以上Kindleで電子書籍を出しているが、早い時だと原稿入稿してから3時間程度でAmazonで販売できる。
遅くても12時間〜24時間程度。
紙の本とは違いタイムリーな話題の本も出せるようになる。

まだまだ紙の本信仰があるが、一度電子書籍の便利さになれてしまえば紙の本を買うのがバカらしくなる。
買いたいと思ってポチれば、電子書籍ならすぐに読める。
場所もとらない。
スマホに何冊でもいれておけて好きな時によめる。
マーカーをつけたりすることも可能だ。

日本は物体信仰がすごいが音楽もCDがなくなった。
映画もビデオがなくなった。
ゆくゆくは書籍も紙ではなく、電子書籍が主流になっていくはず。

中田敦彦氏の電子書籍出版は著者が出版社を介さず直接本を出すきっかけになるかもしれない。

印税7倍も違えば、マスに売れなくても特定のファンやニッチなターゲットにある程度売れれば十分もとはとれ、しかも在庫リスクもないのだから。

中田敦彦氏の電子書籍参入で、電子書籍がますます注目される可能性大!

あわせて読みたい

「電子書籍」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    安倍・麻生の色が濃い「岸田内閣」は衆院選でどう評価されるか

    田原総一朗

    10月21日 10:00

  2. 2

    いまだ人口増を目的にする地方 それが本質ではないと気づけていないのはヤバい

    Qualities

    10月20日 11:49

  3. 3

    原発処理水めぐり枝野代表が「一旦ストップ」を主張 現実的な対案もなく無責任

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月21日 09:45

  4. 4

    最終回目前『おかえりモネ』ヒロインは今までの朝ドラとどこが違ったのか?

    NEWSポストセブン

    10月21日 09:25

  5. 5

    トヨタの苦渋のEV戦略 2030年以降のビジョンは国内向けと海外向けを使い分け

    ヒロ

    10月21日 10:40

  6. 6

    甘利幹事長、発言すればするほど大炎上…ついに「テレビに出さん方がいい」との声も

    SmartFLASH

    10月20日 13:12

  7. 7

    「プライマリーバランス」を黒字化する方法は1つだけ

    自由人

    10月20日 10:12

  8. 8

    Kindle読み放題に続々参入する出版社 サブスクのビジネスチャンス気づき変わるか

    かさこ

    10月21日 10:39

  9. 9

    如何にも大きな成果を挙げそうに見える野党候補者の一本化

    早川忠孝

    10月20日 16:46

  10. 10

    ワクワクしない衆議院選挙、なぜ?

    ヒロ

    10月20日 10:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。