記事
  • ロイター
  • 2021年07月23日 18:35 (配信日時 07月23日 22:59)

英総合PMI、7月速報値は3月以来の低水準 感染拡大が影響


[ロンドン 23日 ロイター] - IHSマークイット/CIPSが23日発表した英国の総合購買担当者景気指数(PMI)速報値は57.7で、6月の62.2から低下し3月以来の低水準となった。新型コロナウイルスの感染が再び拡大し、政府の規則によって大量の労働者が自主隔離となり、経済活動に支障が出ている。

IHSマークイットのチーフビジネスエコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は「英経済成長は7月に失速した。新たな感染拡大の波で需要が抑制され、供給網が混乱し、深刻な人手不足となり、見通しに影を落とした」と指摘。第3・四半期の経済は従来より遅いペースではあるが、依然として拡大基調にあると述べた。

調査は7月12日─21日に実施した。

イングランドでは19日に感染防止の為の規制がほぼ解除された。

しかし、感染力の強い変異株が広がり感染者が急増。感染者と濃厚接触した人は、公式感染追跡アプリから通知を受け、10日間自主隔離を求められる。先週はイングランドとウェールズで60万人以上が自主隔離を要請された。

ワクチン接種を終えたか、検査で陰性だった労働者に対する自主隔離規定は8月16日に解除される予定だが、産業界は前倒しを政府に要請している。

PMIの低下は、サービス部門、特に輸送や対面サービスで顕著だった。

受注の伸びは2月以降で最も弱く、楽観的見方はワクチン開発のニュースが出る前の2020年10月以降で最低となった。

ブレグジット(EU離脱)関連の貿易摩擦、人件費や原材料費の上昇も新規受注などに打撃となった。

投入コストは過去20年あまりで最も上昇し、産出価格も6月の過去最高近くとなった。

英中銀は8月5日に次回の金融政策委員会を開催する。HSBCのウェルス・マネジメント部門最高投資責任者(CIO)、ウィレム・セレス氏は「今回の数値、変異株デルタを巡る不確実性、9月からの雇用維持制度の終了に伴う影響を考慮すると、英中銀は現行の方針を維持するだろう」と述べた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ユニクロ=格好いい」ブランドに 英国ファッション業界で広がる人気

    小林恭子

    09月28日 11:51

  2. 2

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  3. 3

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  4. 4

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  5. 5

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  6. 6

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  7. 7

    オンライン授業でレポートの精度が向上 大学准教授が推測する背景とは

    BLOGOS編集部

    09月28日 11:06

  8. 8

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  9. 9

    SDG's がもたらす物価高 先進国でもエネルギー価格が高騰するリスク

    ヒロ

    09月28日 10:28

  10. 10

    またしても繰り返される新型コロナにまつわる様々な怪現象。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月28日 10:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。