記事

NHK党の立花孝志氏の候補者擁立についてのこの割り切りぶりは、凄まじい

国民民主党の玉木さんにはNHK党の立花孝志氏のような割り切り方はとても出来ないと思うが、国民民主党の党勢拡大と国民民主党の公認で立候補する国政選挙の候補者を獲得するためには、立花孝志氏のような一見乱暴に見える手法にも参考になるところがあるはずだ。

NHK党にはそもそも根幹となる政治理念が欠落しているように見えるが、それでもこれまで政治に殆ど関わりを持たなかったと思われるような人たちの関心を一定程度引き、NHK党の公認候補として立候補させる何らかのインセンティブを持っているようである。

何か奇妙奇天烈なことをやっているな、という印象しか残らず、政治的なインパクトはほぼゼロだろうが、それでも独特の手法で候補者の擁立に成功し始めているのが、凄いと言えば凄い。

政治や選挙をここまでネタにしていいのかしら、と思わないでもいないが、通常は泡沫候補扱いにならざるを得ないと思われる人たちをそれなりの候補者に仕立て上げることに成功している。

供託金を含め、選挙に関する一切の費用は候補者本人の負担、訴える政策も展開する選挙運動も候補者本人に任せ、NHK党は公認を与えるだけ、いわゆる弁当も傘もケガも本人持ち、ということで、NHK党は何の支援もせず、かつ、候補者については何の責任も負わない、ということらしい。

よほどの非常識の人でなければおよそ考え付かないことを平気でやってのけてしまうのだから、立花孝志氏はやはり異能の人である。

真面目な方々なら、政治や選挙をバカにするな、と怒り出してもおかしくないようなことだが、現実にこの手法でそれなりの数の候補者の擁立に成功し始めているのだから、人材不足、候補者不足を嘆いている政党にとってはそれなりに羨ましいところもあるのではないか。

勿論、オーソドックスな人材確保、候補者擁立の手法は、第一に政党としての理念と政策の確立、第二に必要に応じて政党独自の政治塾の開催、第三に候補者公募の実施、さらには候補者支援体制の確立等であることは間違いないが・・。

何にしても、立花氏のこの手法でこれから新しく何人の候補者が生まれるのかに注目している。

あわせて読みたい

「立花孝志」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

  3. 3

    コロナ感染急拡大で日本医師会が緊急声明、全国への宣言検討を

    ロイター

    07月29日 20:40

  4. 4

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

  5. 5

    菅首相 SNSでメダリストを祝福も感染爆発には“取材拒否”「総理辞めて」の大合唱

    女性自身

    07月29日 14:00

  6. 6

    太陽光発電を推進することは、国家安全保障上危険

    赤池 まさあき

    07月29日 10:12

  7. 7

    部下に怖いと思われるのは、「等身大の自分」を分かち合えていないから

    サイボウズ式

    07月29日 17:00

  8. 8

    高校に通わなかった東大名物教授の独学勉強法 本や教科書は疑って読むクセ

    宇佐美典也

    07月29日 12:00

  9. 9

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  10. 10

    集団免疫得られるワクチン接種率、70%程度では難しい=尾身会長

    ロイター

    07月29日 12:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。