記事

小山田圭吾問題を“ボカして報じる”日本のメディア…「いじめ」と表現することが正解だったのか?

1/2

 東京オリンピック・パラリンピック開会式の音楽担当を辞任することになったミュージシャンの小山田圭吾。ネット上での批判の声は止まず、NHKがEテレの『デザインあ』の放送を見合わせ、テレビ東京がドラマ『サ道 2021』の主題歌を差し替えるなど、作品の使用にも波及している。

・【映像】小山田圭吾の性的虐待や暴行の実態をメディアはどう伝えた?五輪

 人々の怒りの感情の根底にあるのが、過去の雑誌に掲載されたインタビューで小山田が語っていた内容の凄惨さだ。ただ、日本メディアの報じ方は海外メディアに比べて婉曲的な表現が多く、ネットを通してその差別的・暴力的な行為の詳細を知った人とそうでない人との間には、反応に温度差があるという指摘がある。

■ネットを見た人と見ていない人で社会が二分されてしまっているのではないか

 パリ在住の執筆家・今井佐緒里氏は「きちんと内容を書かないと伝わらないのに、普段から日本のメディアはぼやかしすぎかなという気がしている。例えばイギリスの『The Telegraph』は“障害者に排泄物を食べさせた”ということも紹介していたし、オリンピックの放映権を持つ大きなメディアである米NBCも、やはりセンセーショナルな書き方をしていた」と指摘する。

 実際、日本のメディアの報じ方のパターンは、

 (1)“いじめ”“からかい”などの表現に止め、具体的な加害行為については触れないパターン
 (2)“ぐるぐる巻き”、“閉じ込める”など、一部を紹介するパターン
 (3)“排泄物を食べさせる”、“性的虐待を行う”など、非常にショッキングなものについても紹介するパターン

 と、大きく3つに分かれている。

 今井氏は「フランス人の友人は、やっぱり海外のことだと書きやすいのだろうが、今回はオリンピック・パラリンピックが関係しているということもあり、国の劣っている、みっともないところを見せたくないという心理がジャーナリストや媒体側にあるのではないか、と言っていた。

 見ていて思うのは、Twitterなどのソーシャルメディアを使っている人たちは赤裸々でショッキングな部分まで知った上で批判や署名活動などを展開している一方、高齢者などソーシャルメディアを使っていないような人たちは何も知らず、社会が二分されてしまっているのではないか、ということだ。

 新聞やテレビがはっきりと報じられないことも、それよりも分析的なことを報じた方がいいということも良く分かるが、子どもや青少年もネットで見てしまっているのに、高慢な理想があるからというのは、時代感がずれているのかなと感じる。加えて、問題発覚後も相対化をしてしまい、一部の人しか“彼は悪いことをしたのだから仕方がない、当然だ”という言い方をしていないことにも不満がある。お子さんにまで誹謗中傷が及んでいるのは言語道断だが、NHKは公共放送なのでダメだと思うし、これから出続けるのは無理ではないか」と主張した。

あわせて読みたい

「報道」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “愛国芸人”ほんこんが「デマツイート」で提訴される 原告代理人・米山隆一氏は怒り

    SmartFLASH

    07月26日 09:58

  2. 2

    東京五輪「手のひら返し」が驚くほど早かった理由 - 新田日明 (スポーツライター)

    WEDGE Infinity

    07月26日 08:17

  3. 3

    配信が充実した東京オリンピック 無観客開催でも十分なお釣りが来る内容

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月26日 08:32

  4. 4

    60歳4人に1人が貯金ゼロ 原因は晩婚化による“支出三重苦”

    女性自身

    07月26日 13:23

  5. 5

    作曲家がLGBT差別の杉田水脈氏を肯定…開会式のドラクエ起用に疑問続出

    女性自身

    07月26日 12:26

  6. 6

    小山田圭吾の件について考える 作品と作者は別ものか

    紙屋高雪

    07月26日 09:10

  7. 7

    東京五輪にかこつけて文在寅大統領が日本から引き出したかった"ある内容"

    PRESIDENT Online

    07月26日 16:27

  8. 8

    五輪開催に反対でも観戦したくなるのは人情 選手を応援するのは自然な感情の発露

    早川忠孝

    07月26日 14:00

  9. 9

    「金メダリストの“看板”で仕事をもらえるほど甘くない」五輪アスリート“第二の人生” 現役引退後の現実

    ABEMA TIMES

    07月26日 10:23

  10. 10

    阿部一二三&阿部詩、九州まで夜通し車で…兄妹金の陰に両親の壮絶献身

    女性自身

    07月26日 08:32

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。