記事

敵にも悲哀を持たせるようになった平成の仮面ライダー 社会情勢の影響も

懐かしい仮面ライダー1号の戦闘シーンも見られる『スーパーヒーロー戦記』。『スーパーヒーロー戦記』製作委員会(c)石森プロ・テレビ朝日・ADK・EM・東映(c)2021テレビ朝日・東映AG・東映

 1971年に第1作の放送が始まってから今年で50周年となった『仮面ライダー』。2000年1月スタートの『仮面ライダークウガ』以降の作品では、過去の“子供向け”というイメージから脱却し、世代を超えたファンを獲得することとなった。

【写真】10代の菅田将暉の姿も!2009年公開の『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010』舞台挨拶の様子

 また、登場する俳優たちの人気も高まり、握手会などのイベントも行われるようになった。

 2002年に放送された『仮面ライダー龍騎』に登場する仮面ライダーは13人に。主人公・城戸真司を演じた須賀貴匡(43才)は当時24才。

 彼の端正なルックスはとりわけ女性人気が高く、ライダー俳優として写真集も発売された。東映プロデューサーで2001年『仮面ライダーアギト』から制作に関わっている武部直美さんはこう話す。

「須賀さん以降、本格的にイケメンライダーという呼び名が定着するようになりました。イベントで彼が登場すると、“キャーッ!”と黄色い声援が飛び交う。『ここはアイドルのコンサート会場?』と思うほど、女性ファンが押し寄せていましたね。この頃から子供向けの雑誌だけでなく、女性誌でも取り上げられるようになりました」

 イケメンヒーローのみならず、平成以降は、敵役にも悲哀を持たせ、人間味あふれるキャラクターを描くようになる。その代表格が、2003年の『仮面ライダー555(ファイズ)』だ。

 仮面ライダーファイズに変身する主人公・乾巧役の半田健人(当時19才)のほか、乾の敵役の澤田亜希として、綾野剛(当時21才)も出演している。

「綾野さんは、これが俳優デビュー作。良心的な心を持っていたにもかかわらず、怪人・オルフェノクに覚醒し、仮面ライダーと対峙する難しい役を見事に演じてくれました。『555』のテーマは正義とは何かを問う作品で、綾野さんの演技には“秘めたる何か”を訴えかけるものがあり、敵役でありながらも、注目を集めました」(武部さん)

 この頃から敵役は単なる悪者として描かれなくなる。それには、当時起こった事件が影響しているという。2001年『仮面ライダーアギト』から仮面ライダーシリーズの監督を務めている田﨑竜太さんが説明する。

「2001年に起きた9.11のアメリカ同時多発テロです。当時はアメリカが正義で、テロを起こした側は悪という印象がありましたが、実は、テロを起こした側にも彼らなりの正義があったはずです。でなければ命をかけないでしょう。複数ライダー制にしたのも、正義の形はひとつじゃないという思いがあったからです」

 その後も時代に即した物語の中で、苦悩するイケメン主人公の人気も上昇。新たにイケメン俳優目当てで見始める人も増え、2006年には水嶋ヒロ(37才)主演の『仮面ライダーカブト』が爆発的に注目を集め、それ以降「仮面ライダー」は、若手俳優の登竜門としていっそう脚光を浴びるようになっていく。

ヒーローという意識を持ち続けたい

 現在放送中の最新作『仮面ライダーセイバー』で主人公の神山飛羽真を演じるのは、内藤秀一郎(25才)だ。今後の活躍も期待される内藤は、こう話す。

「生誕50年という素晴らしい節目に、自分が主役を演じていいものか、ずっと不安でしたが、劇場版の撮影がオールアップしたときから誰一人欠けることなく最後まで駆け抜けたことが自信になりました。ぼくの演じる神山飛羽真は無類の本好き。『世界と本を守るために戦う』ことが作品のキーワードになっています。劇場版では歴代の仮面ライダーやスーパー戦隊と共演しましたが、なかでも会うだけで緊張したのは藤岡弘、さん。仮面ライダーをここまで大きくしたかたなので尊敬しています」

取材・文/廉屋友美乃 取材協力/前川亜紀

※女性セブン2021年7月29日・8月5日号

あわせて読みたい

「仮面ライダー」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  4. 4

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  5. 5

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  6. 6

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  7. 7

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

  8. 8

    4候補のコロナ対策 立憲民主党含めて 具体策、実効性は乏しい

    中村ゆきつぐ

    09月19日 11:52

  9. 9

    東京都医師会の尾崎会長 自身の医院でなぜ陽性者を受け入れていないのか

    NEWSポストセブン

    09月18日 17:04

  10. 10

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。