記事

五輪開幕へ バッハ会長は強硬姿勢ではなく日本人に協力求めるべきだった

五輪開催に疑念を持っていたことを初めて明らかにしたバッハ会長(写真/時事通信フォト)

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々の心理状態を分析する。今回は、コロナ禍でも東京五輪開催を積極的に押し進めてきた、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長について。

【写真】両手を大きく広げ演説するIOCのトーマス・バッハ会長

 * * *

「ついにここまできた」、「とても難しい決断を迫られてきた日本が、輝く時でもある」とは、7月20日に開かれたIOC総会でのバッハ会長の挨拶の言葉だ。とうとう東京五輪・パラリンピック開催が現実になる。

 バッハ会長が使った“ついに”という言葉にはワクワクした高揚感や期待感が含まれているが、残念ながらそんな感覚にはなれない。“とうとう”というか“ようやく”というか、開催されたのだから楽しむか、応援するかという感じだ。

 これまで、バッハ会長やIOCなどの対応に対して、「日本の状況や世論を考慮して欲しい」、「察して欲しい」と願っていた。「推察力」が足りないと思っていたのだ。推察力はその事情や状況、感情を推し量り、思い巡らす力である。だが、どうやら察するべきはこちら側だったのかもしれない。日本人は“察し”のコミュニケーションができ、相手を不快にさせまいと配慮できるのだから。

 そんな思いになったのは、バッハ会長が五輪開催への疑念を「胸にとどめていた」と発言したことにある。延期を決断してから、「毎日疑問を持っていた。眠れない夜もあった」と話したバッハ会長。それでも疑念を口にしなかったのは、発言すれば「我々の疑問はその通りになってしまったかもしれない。五輪はバラバラになっていた可能性がある」と思っていたからだと述べた。発言してしまえば、選手や各国の五輪関係者らに対し開催への自信が揺らぐと考えたようだ。

 組織運営や企業経営の場合で考えれば確かにそうかもしれない。リーダーたるトップが不安を見せてしまえば、組織は揺らぎ進むべき方向性が合っているのか懐疑的になる者も出てくる。現場も混乱するだろう。トップの決断は業績や利益に影響し、何かあれば巻き込まれるのは社員やそのステークホルダーだ。

 だが、今回の場合で考えた時、その結果はどうだったか。日本や日本人はいわば東京五輪のステークホルダーに当たる。誰もがそう感じているからこそ、世論は開催に批判的だった。自分たちが直接的、間接的に関わっているのに、「どんな犠牲を払っても前進すると解釈もされた」と自らが述べているように、バッハ会長らは強硬な言動を繰り返してきた。組織内部や関係者はその言動を信じることで突き進めるが、ステークホルダーであるこちらは不安と心配が大きくなっただけだ。おまけに政府や日本の組織委員会も情報をきちんと公表しないため、不信感ばかりが募っていった。

 もしバッハ会長がどこかのタイミングで疑念を口にしていたら、日本の世論は変わっただろうか。そこは正直分からない。だが、IOCに対する見方は変わっていたと思う。東京五輪最大のスポンサーの1社であるトヨタが、テレビCMを見送るに当たって「いろいろなことが理解されない五輪になりつつある」と発表することもなかっただろう。もっと率直に胸のうちを伝え、日本人に協力を求めていれば、少なくとも今よりは、開催に対する理解は得られていたのではないだろうか。

 バッハ会長は、「五輪開催に向けて日本国民が恐れる必要はない」、「聖火が灯れば機運が上がる」と言うが、感染者は増えているし、外部との接触を遮断する「バブル方式」の穴も指摘されている。空港と各地を結ぶターミナル駅や選手村周辺では外国人の姿も目立ち始めている。それでも我々は、「日本人が達成したこの偉業を目の当たりにするだろう」というバッハ会長の言葉を実現するべく、五輪という“泥船”に乗り盛り上げ続けるしかない。

あわせて読みたい

「トーマス・バッハ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “愛国芸人”ほんこんが「デマツイート」で提訴される 原告代理人・米山隆一氏は怒り

    SmartFLASH

    07月26日 09:58

  2. 2

    東京五輪「手のひら返し」が驚くほど早かった理由 - 新田日明 (スポーツライター)

    WEDGE Infinity

    07月26日 08:17

  3. 3

    配信が充実した東京オリンピック 無観客開催でも十分なお釣りが来る内容

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月26日 08:32

  4. 4

    60歳4人に1人が貯金ゼロ 原因は晩婚化による“支出三重苦”

    女性自身

    07月26日 13:23

  5. 5

    作曲家がLGBT差別の杉田水脈氏を肯定…開会式のドラクエ起用に疑問続出

    女性自身

    07月26日 12:26

  6. 6

    小山田圭吾の件について考える 作品と作者は別ものか

    紙屋高雪

    07月26日 09:10

  7. 7

    東京五輪にかこつけて文在寅大統領が日本から引き出したかった"ある内容"

    PRESIDENT Online

    07月26日 16:27

  8. 8

    五輪開催に反対でも観戦したくなるのは人情 選手を応援するのは自然な感情の発露

    早川忠孝

    07月26日 14:00

  9. 9

    「金メダリストの“看板”で仕事をもらえるほど甘くない」五輪アスリート“第二の人生” 現役引退後の現実

    ABEMA TIMES

    07月26日 10:23

  10. 10

    阿部一二三&阿部詩、九州まで夜通し車で…兄妹金の陰に両親の壮絶献身

    女性自身

    07月26日 08:32

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。