記事

目標を切り替えなければコロナ禍は終わらない。

一時ワクチン先進国、ワクチン戦勝国と言われた世界で最もワクチン接種が進むイギリス。その現況を皆さんご存知だろうか?

実はいったん新規陽性者が激減し、日本を下回るくらいにまでなったが、6月初旬ころから

急激に増加して、7月初旬には2万人を超え、今は一日4~5万人レベル。


そこで何をやったか。日本であれば規制強化だろう。

だが、イギリス・ジョンソン首相は全く異なる決断をした。2万6千人の新規陽性者が出ていた7月5日に、マスクを含むほぼすべての規制を7月19日から廃止するという宣言を行い、仮に1日5万人に増えてもこれを実行すると力強く語ったのだ。

その後、陽性者は予想通り増え続け、7月16日には5万1,311人、17日にはさらに増えて5万4,205人になったが、ジョンソン首相は予定通り19日から規制撤廃、若者はナイトクラブで大騒ぎをした様子が一部メディアで伝えられた(FNN)。

なぜイギリスがそうしたかといえば、明確にゴールを切り替えたから。

上記グラフを一目見ればわかるとおり、いくらワクチンを打っても感染防止はできず、陽性者数の増減は繰り返されるが、重症者と死者の割合は低く抑えられる。この効果によって、コロナウイルス感染症が社会や医療体制にとって脅威の感染症であった時代は終わりを告げた。

だから、「コロナとともに生きていく」という新しい時代を作る」ことにジョンソン首相は目標を切り替え、それを宣言してその通り実行したのだ。

ワクチン接種を進めても、感染そのものを抑え込む(新規陽性者数を減少させる)ことが無理なのは、ワクチン戦勝国のツートップのもう一角、イスラエルでも証明された。

イスラエルでもイギリスと同じく、一時抑え込んだと思われていた感染が再び拡大している。そして、ワクチン接種が進んだ20歳以上の新規陽性者における「ワクチン非接種者」と「ワクチン接種者」の比率は、以下の通り推移している。


驚くことに、6月初旬ころには新規陽性者のほとんどを占めていたワクチン非接種者の比率は下がり、現在の流行のほとんどは「ワクチン接種者」が主流になっているのだ。

これらツートップの国の推移を見ても、ワクチン接種をいかに進めても「陽性者」自体を減らすことは不可能であることは一目瞭然。ワクチンで感染予防まではできないのだ。

では、日本はどうすればよいのか。答えは簡単、目標を切り替えれば良いのだ。

ワクチンは感染予防はできないが、重症化や死亡の減少効果はかなりある。今、第5波の予感とやらで大騒ぎされている東京都も実は、新規陽性者数が拡大してしばら経つが、重症者や死者は一向に増えず、死者が0人や1人の日もある。

それは、最もワクチン接種が必要な高齢者層にはすでにかなりの割合(1回目接種は8割近くが終了)に行き渡っているからだろう。


だから、日本は国民全体のワクチン接種率はイギリスの半分以下でも、元々のファクターX(土着コロナウイルスによる交差免疫説が有力)もあって、イギリスをもっと良好にしたような状況にすでにあるのだ。


小池都知事などはこれを本当は理解していて、海外マスコミには

「多くの方々のワクチン接種が進み、今後も10日間でかなり進んで行くので変化が生じていて、高齢者の重症化率がぐんと減っている。亡くなる方もほぼゼロ、大変少なくこれまでとは様相が異なって来ている。医療提供体制も整えている。素晴らしい大会になるよう東京都として努力」(ロイター

とまで語っている。

結論。今政治がやるべきことは何かは明らか。

連日「新規陽性者数」だけで騒ぐマスコミはさて置くことにして、ジョンソン首相のような強力なリーダーシップで、

「死亡者は激減したので、フェーズが変わった。これからは正常化の道を歩むべきとき。」

と総理が宣言して、感染症分類も5類に落とし、世界でもっとも良好な感染状況にふさわしい政策に切り替えるべきなのだ。今、それをやらなければ、永遠に日本だけが「コロナの殻」に閉じ込められたままだろう。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    蓮舫議員が炎上 選手応援と五輪運営批判は両立すれど行き過ぎれば非難殺到もまた当然

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月25日 21:53

  2. 2

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  3. 3

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  4. 4

    五輪開会式でNHKアナが台湾として紹介したことに波紋 中国国政メディアは抗議せず

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    07月25日 14:40

  5. 5

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  6. 6

    現職の横浜市長が任期途中に急きょIR誘致を表明 反対する3つの理由

    松沢しげふみ | 参議院議員(神奈川県選挙区)MATSUZAWA Shigefumi

    07月25日 19:48

  7. 7

    新入社員の不自然な3連続「忌引」 相次ぐ親戚の“危篤”に職場困惑

    キャリコネニュース

    07月25日 14:06

  8. 8

    東京都心部の不動産を物色する中国人 入国できなくてもリモート投資を続けるワケ

    NEWSポストセブン

    07月25日 09:04

  9. 9

    五輪応援?五輪反対?も五輪五輪ってうぜえんだよ!っていう五輪無関心派がいること忘れずに

    かさこ

    07月25日 21:12

  10. 10

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。