記事

国立競技場が都内で一番安全な場所?! ~無観客ならゼロリスクという誤解の弊害~

1/2

 "リスクの伝道師"SFSSの山崎です。本ブログではリスクコミュニケーション(リスコミ)のあり方について、毎回議論をしておりますが、今回は先月に続いて、東京オリパラの無観客開催について考察したいと思います。まずは、東京オリパラの有観客を要望するコメントが出ている、というニュースをご視聴いただきたい:

 ◎バッハ会長「改善すれば有観客」要請 菅首相と面会時に
  朝日新聞デジタル 2021年7月16日
   https://digital.asahi.com/articles/ASP7J3GMRP7JUTFK004.html

 ◎吉田麻也「人生かけて」有観客の意義訴え「もう1度真剣に考えて欲しい」
  日刊スポーツ [2021年7月18日7時10分]
   https://www.nikkansports.com/olympic/tokyo2020/soccer/news/
   202107170001255.html

 "「アスリートがこの問題を話すのは難しいけど」と前置きした上で「最後の5分、10分というのは、サポーター、ファンの声援が本当に力になる」と有観客の意義を訴えた。 そして続けた。「選手達も命かけて、人生かけて、この五輪の場に立っている。マイナー競技の選手は、この五輪にかけている。何とかもう1度、真剣に考えて欲しい」と無観客問題について問題提起した。"

 バッハ会長はIOC代表というだけで、どこに行っても「空気が読めない」などと非難の的になっているようだが、そもそもの五輪開催の意義を考えると、世界で唯一の被爆国である日本において、世界平和をうたうオリンピック・パラリンピックが開催され、アスリートたちがメダル獲得を目指し全力で戦う姿を、ホスト国の国民がライブで応援することを望むのは当然であろう。

 また、日本サッカー代表をリードする吉田麻也選手も、地元ファンの生の応援があってこそ、ホームチームが実力以上の能力を発揮し、メダルに近づくことで国民の生きる勇気を鼓舞したり、世界が平和であることをより実感できる機会になることがわかっているからこそ、あえて「有観客」の価値をうったえたのではないか。国民=サポーター不在の競技場では、誰のための五輪なのか、とまで彼は疑問を投げており深刻だ。

 いやいや、IOCのうったえる五輪のビジョンやアスリートとスポーツファンの願いよりも、国民の生命の方が大事に決まっているじゃないか、と主張する専門家の方々やマスメディアだが、これだけアスリートたちやその家族とサポーターたちの一生に一度の価値損失リスクが明らかに大きいのと比較して、本当に無観客開催の方が有観客よりリスクが小さいという科学的根拠はあるのか?

 先日開催されたプロ野球オールスターゲームや大相撲名古屋場所でも、かなりの観客を収容して開催されたようだが、クラスターが発生したとは聞かない。それだけではなく、オリンピックの強化試合として、バスケットボールの日本vsフランスも観客をいれて実施され、日本代表は素晴らしいパフォーマンスを発揮したように見えた。これで本番の試合になると、ホームアドバンテージがまったくなしの無観客とは・・スポーツを知らない感染症の専門家たちは、ちゃんとリスク評価したうえで「無観客」を助言したのだろうか。なぜ吉田麻也選手が「もう1度、真剣に考えて欲しい」と訴えたのか、頷けるところだ。

 オリンピックは通常のスポーツ観戦とは違うと言われるが、感染症の専門家たちが何の根拠もなしに、それが「感染症の常識だ」「パンデミック下でのオリンピックは普通じゃない」などと、上から目線で言われても、アスリートたちや五輪ファンも納得しないだろう。逆に、先月のブログでもお伝えしたところだが、以下の研究成果をご一読いただきたい:

 ◎東京オリンピック開会式の感染リスクアセスメントと対策の評価を行う初のシミュ
  レーションモデルを開発 ~観客の新型コロナウイルス感染リスク評価を実施~
  発表者:村上道夫(福島県立医科大学医学部健康リスクコミュニケーション学講座),et al.
    https://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/jp/about/press/page_00082.html

 この研究成果を簡潔に説明すると、東京オリンピックの開会式を有観客で開催したと仮定し、新型コロナ感染症対策をしっかりと施す限り、新規感染者が発生するリスクは無視できるくらい小さい、という試算結果が出たということだ。もちろん、都内の実効再生産数が大きく変わると、結果の数字は変わってくるであろうし、またこの試算結果は、あくまで国立競技場内だけのリスク評価であり、観客の行き帰りや途中での外食等での感染リスクについては評価していないとのことだ。

 それゆえ、有観客だと試合前後の人流が大きく増えるから危ないじゃないかと言われるかもしれない。都心で毎日通勤のために移動する市民は約300万人と言われる中で、国立競技場に1万人観客が増えるだけで、人流が極端に増加するとは思えない。それでも人流が増えるのだから、そこにリスクはあるのだ、と専門家が言われるそうだが・・

 しかも、上記の研究成果のとおり、リスク対策がなされた国立競技場内は、都内で一番安全な場所だとハザードマップに表示されるのではないか。興奮した五輪ファンでも、礼儀正しく観戦するスタジアム内と、無秩序に燥ぐスポーツバーや友人同士のホームパーティの、どちらの感染リスクが大きいかは自明だろう。

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “愛国芸人”ほんこんが「デマツイート」で提訴される 原告代理人・米山隆一氏は怒り

    SmartFLASH

    07月26日 09:58

  2. 2

    東京五輪「手のひら返し」が驚くほど早かった理由 - 新田日明 (スポーツライター)

    WEDGE Infinity

    07月26日 08:17

  3. 3

    配信が充実した東京オリンピック 無観客開催でも十分なお釣りが来る内容

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月26日 08:32

  4. 4

    60歳4人に1人が貯金ゼロ 原因は晩婚化による“支出三重苦”

    女性自身

    07月26日 13:23

  5. 5

    作曲家がLGBT差別の杉田水脈氏を肯定…開会式のドラクエ起用に疑問続出

    女性自身

    07月26日 12:26

  6. 6

    小山田圭吾の件について考える 作品と作者は別ものか

    紙屋高雪

    07月26日 09:10

  7. 7

    五輪開催に反対でも観戦したくなるのは人情 選手を応援するのは自然な感情の発露

    早川忠孝

    07月26日 14:00

  8. 8

    東京五輪にかこつけて文在寅大統領が日本から引き出したかった"ある内容"

    PRESIDENT Online

    07月26日 16:27

  9. 9

    「金メダリストの“看板”で仕事をもらえるほど甘くない」五輪アスリート“第二の人生” 現役引退後の現実

    ABEMA TIMES

    07月26日 10:23

  10. 10

    五輪開会式でNHKアナが台湾として紹介したことに波紋 中国国政メディアは抗議せず

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    07月25日 14:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。