記事

大谷はなぜ規格外のホームランを量産できるのか 日本の打撃論を覆す「スゴ技」

2/2

大谷のスイングは「究極の手打ち」?

 根鈴氏がアメリカでプレーしていたとき、コーチ陣から『Quick Hands!』『Trust Your Hands!』と声をかけられることがたびたびあったという。

「『お前は手が速い!』『自分の手を信じろ!』という意味です。ぼくは、バットを振ると決めてからインパクトまで芯を持っていく動きが速く、速球を得意にしていました。

 子どもの頃の投げすぎでヒジを痛めたこともあって、左腕が右腕よりも3cm短い(左投げ左打ち)。そのおかげで、トップハンド(左打者の左手)の左手を瞬時に出すことができたのです。大谷選手はあれだけ長い腕をしているのに、手の動きが速い。フィジカルの強さもあり、フォーシームに振り負けていません」

 手の使い方は、「ボトムハンド(左打者の右手)=逆シングル捕球」「トップハンド=パームアップ」が根鈴氏の考えだ。

「日本では『前の脇を締めろ!』と言われますが、そんなことをしたらバットを振れません。脇を締めてしまうと、どう考えても前腕の長さが邪魔になり、インコースが窮屈になる。前脇を空けて、バックハンドでボールをキャッチするように使う。胸からバットが生えているように使うことで、インコースにも対応できます」

 柳田悠岐選手(福岡ソフトバンクホークス)や坂本勇人選手(読売ジャイアンツ)がインコースをさばくときは、こうした手の使い方をしている。

「トップハンドはパームアップ。手の平が上を向いた状態でスイングをして、バットの芯をどれだけボールに長く見せられるか。大谷選手はパームアップの技術が非常にうまい。テニスでたとえると、後ろの手でボレーを打つようなイメージです。ラケットを意図的に返すと、うまくいかないですよね。バッティングも同じことです」

 リストを意図的に返すことを、アメリカでは「ロールオーバー」と表現し、バッターの良くない技術として認識されているという。

「メジャーの打ち方は、究極の手打ちです。圧倒的なパワーがあるので、芯でボールを捉えればスタンドに入る。彼らはイスに座った状態でのスタンドティーで、平気で放り込みますから。だから、手の動きを正確に行えばいい。大谷選手もその意識があると思います」

 大谷選手のスイングは、「アッパースイング」と称されることが多いが、根鈴氏はどう見ているか。

「どんなスイングでも、大事なことはボールの上にグリップがあり、バットの芯がボールの軌道に落ちてきていることです。ボールの軌道の再下点と、ヘッドの位置が同じ高さにあるか。特に高めはこの技術が必要。ボールよりもヘッドが下がった位置にくると、速球には対応できなくなります」

 高めのフォーシームをスタンドに放り込むことがあるが、リプレーで見ると、グリップはボールよりも上にある。

「空振り三振OK」のマインド持てるか

「大谷選手のようなバッターになりたい!」、あるいは「メジャーで通用する長距離砲を育てたい!」と思う人がいれば、根鈴氏はどんなアドバイスを送るか。

「フィジカルを鍛えることは、何年も継続して行うべきです。日本人はやらなさすぎる。アメリカで衝撃を受けたのは、ウエイトトレーニングの場で『300できる?(How much bench three hundred?)』という言葉が挨拶のように飛び交っていたことです。

 日本ではペンチプレスで100kgを挙げられるかがひとつの目標になっていますが、アメリカでは300ポンド(=約135kg)。もう基準が違います」

 野球の動きに生きるか生きないかの前に、「アスリートとして全身を鍛えるのは当たり前」という文化を感じたという。

「あと、大谷選手に注目してほしいのは空振り三振の多さです。内野ゴロでも三振でもアウトはアウト。この考えを、日本の人が持てるかどうか。

 よく『ゴロを打てば何かが起きる!』と言いますけど、ゴロを打っているうちは、一生ホームランは出ません。三振したら、『ナイススイング! 次の打席が楽しみだ!』と周りも拍手を送ってあげればいいんです」

 これから、「第二の大谷」が出てくる可能性はどれほどあるか。

「うちの道場には、体が大きくて、バットを振れる未完の大器が通っています。でも、その多くが、自分のチームでは『ゴロを打て』と教わっていて、バッティングに悩んでいる。非常にもったいない。大谷選手の活躍によって、メジャーでホームラン王を獲ることが夢物語ではないことが証明されている。それが一番大きな出来事だと思います」

 この原稿を書いている最中(7月19日)、大谷選手が後半戦の1本目となる34号ホームランを放った。インローのボール気味のスライダーを、バットに縦に入れて、拾い上げた。根鈴氏のフェイスブックに解説コメントが掲載されていた。

「低めのボールに対して、角度と距離を出せるバットの当て方。バットを横にスイングするイメージだけでは不可能な打球です」

 大谷選手のホームランには、従来の日本的な打撃論を変えるだけのメッセージがある。

【プロフィール】

根鈴雄次(ねれい・ゆうじ)/1973年生まれ。日大藤沢高中退後、新宿山吹高を経て、23歳で法政大に進学。リーグ戦でサヨナラ本塁打を打つなど、代打で存在感を見せた。卒業後、単身渡米し、ルーキーリーグから3Aまでプレー。アメリカ、メキシコ、カナダ、オランダ、日本の独立リーグで活躍し、2012年に現役引退。2017年に「根鈴道場」を立ち上げ、若手の指導にあたる。

大利実(おおとし・みのる)/1977年生まれ。成蹊大学卒業後、スポーツライターの事務所を経て2003年に独立。著書に『高校野球継投論』(竹書房)、『高校野球界の監督がここまで明かす!投球技術の極意』(カンゼン/7月20日発売予定)などがある。

あわせて読みたい

「大谷翔平」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    自民党総裁選をめぐる様々な立場からのネット番組 極端な内容に苦言

    石破茂

    09月25日 16:07

  2. 2

    バブルは必ずはじける 中国不動産業者の破綻にみる危うさ 日本でも不労所得に高額課税を実現しよう

    猪野 亨

    09月25日 12:02

  3. 3

    レポート2枚? 立憲民主党の「アベノミクス検証」は単なる批判文書

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月25日 09:01

  4. 4

    韓国で出版された「慰安婦被害者はいない」とする著作

    諌山裕

    09月25日 09:34

  5. 5

    官僚も経済界も「河野太郎首相だけは勘弁してくれ」と口を揃えるワケ

    PRESIDENT Online

    09月25日 14:37

  6. 6

    3時間のランチのために6時間かけて出かける理由

    内藤忍

    09月25日 11:26

  7. 7

    「自分だけのキャンプ場を持ちたい」コロナ禍で増える“山”購入 副業ビジネスに活用も

    ABEMA TIMES

    09月25日 15:53

  8. 8

    今の自民党でキングメーカーになり得るのは、安倍さんでも森さんでもない

    早川忠孝

    09月25日 16:46

  9. 9

    自民党総裁選の候補者討論 報ステとWBSの仕切りの差異は興味深かった

    NEWSポストセブン

    09月25日 18:24

  10. 10

    河野太郎氏が言及した原発問題「パンドラの箱」 核燃料サイクル事業が止められない事情

    宇佐美典也

    09月25日 12:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。