記事

大谷はなぜ規格外のホームランを量産できるのか 日本の打撃論を覆す「スゴ技」

1/2
米大リーグオールスターでホームラン競争に出場した大谷翔平(時事通信フォト)

 MLB挑戦4年目の今季、投打両面で活躍を見せているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手。特に異次元の力を見せつけているのが、前半戦だけで33本塁打をマークしたバッティングだ。84安打のうち、本塁打が33本、三塁打が4本、二塁打が19本。単打よりも、長打の合計数のほうが多い。いったいなぜ大谷はここまで本塁打を量産できるのか。スポーツライターの大利実氏が、日本人初の3A選手として活躍した根鈴雄次氏に聞いた。

【写真】大谷翔平のパワースイング

 * * *

 世界最高峰のMLBで、大谷がここまで打てる理由はどこにあるのか――。

 さまざまな有識者が解説しているが、どうしても聞いてみたい人物がいた。日本人野手で初めて3Aでプレーした根鈴雄次氏(47)だ。法政大を卒業後、単身アメリカに渡り、トライアウトを受験。長打力と脚力を武器に、ルーキーリーグから3Aまで一気に登りつめた。

 現在は、横浜市都筑区にある「根鈴道場」で、スラッガーの育成に力を注ぐ。今季、ブレイクを果たした杉本裕太郎選手(オリックス・バファローズ)は、根鈴氏の教えを受けて才能を開花させたひとりだ。

 今年4月には初の著書『MLBでホームラン王になるための打撃論』(竹書房)を出版。日米の打撃指導の違いを、動画を交えて丁寧に解説している。

 根鈴氏の目に、大谷選手のバッティングはどのように映っているのか。体と技の両面から語ってもらった。

デッドリフト225kgを軽々と持ち上げる

「大谷選手の何がすごいって、まずはフィジカルです。オールスターでも、周りの選手にまったく引けを取っていない。日本にいるときから体を作ってきた成果が見えます」

 話を聞いたのは、オールスターの翌日。たしかに、屈強なメジャーリーガーの中に混じっても、体格負けしていなかった。むしろ、大谷選手のほうがデカイ。そして、分厚い。

「SNSにトレーニング風景が上がっていましたが、デッドリフトで225kgを軽く持ち上げている。信じられない重さです。ラグビーの日本代表が、『フィジカルで言い訳をしない』と、ハードなトレーニングをやっていましたが、大谷選手にもその気持ちがあると思います。『野球は無差別級の競技』ですからね」

 根鈴氏が注目するのが、大谷選手の首回りの太さだ。

「ウエイトを計画的にやっているかどうかは、首回りの太さでわかります。年々、首回りが太くなっている。腕の太さも明らかに変わっています。1年や2年やっただけでは、あの太さにはなりません。フィジカルの重要性を理解し、取り組んでいる証と言えます」

日本の高校生は「練習やりすぎ」

 身長は、日本ハム入団時にすでに193cmあった。

「体のフレームは、お父さん、お母さんからの授かりものです。アメリカでは『ギフテッド』という言葉を使いますが、文字通りの“贈り物”。今までの日本の育成を見ると、高身長の選手を育てるノウハウがなかったと感じます。

 ひとつの例を挙げれば、高校野球で過度な走り込みをさせて、ヒザを壊してしまう。まだ体ができていない選手にそんなことをさせたら、壊れるのは当たり前。そもそも、野球に必要なのは一瞬で力を発揮する体の使い方であって、持久系はほどほどでいい。

 よく言っているんですけど、『メジャーリーガーが、日本の強豪高校の冬トレに参加したら、1週間でぶっ壊れる』と。大谷選手は、体作りをしっかりと考えてくれる花巻東で育ったことが、今の活躍につながっているはずです」

 花巻東の佐々木洋監督は、大谷選手の身長がまだ伸びていることを考慮して、過度なトレーニングをさせなかった。全身の柔軟性やバランスを整えることに時間を注いだ。

 根鈴氏自身は、小学6年時に170cm・80kgと堂々たる体格を誇っていたという。しかし、典型的な早熟タイプで中学2年時には身長がストップ。プロレスが好きで、強く大きな体に憧れを抱いていたこともあり、ジムでウエイトトレーニングにのめりこんだ。ボディビルダーが愛読する専門誌を読み漁り、プロテインの重要性も知った。

 しかし、当時の高校野球は長時間練習が当たり前で、走る量も多い。せっかく作った筋肉が、目に見えて削られていく。「練習の合間にプロテインを飲ませてほしい」と監督に訴えたが、受け入れてもらえなかった。今は練習中の補食が当たり前の時代になった。それでも、「体のことを考えたら、日本の高校生は練習をやりすぎ」という想いがある。

バットを「縦に振る」技術とは?

 では、大谷選手の技術面の特徴はどこにあるのか。前半戦で印象に残るホームランを根鈴氏に聞くと、6月27日のタンパベイ・レイズ戦で打った第25号を挙げた。右投手のインコースのカットボールを、左中間に放り込んだ一打だ。

「バットを横に振ったら、おそらくは自打球でしょう。バットを縦に振れる大谷選手の技術だからこその一打です」

 横に振る、縦に振るとはどういうことか?

「野球盤のように地面と平行にバットを振るのが横振り。手首を支点に、リストを返すことでヘッドスピードを上げる打ち方です。日本でよく行われている『連続ティー』や『早振り』をやると、このクセが付きやすい。

 インパクトの一点でのヘッドスピードを上げるには適していますが、バットの面がすぐに消えてしまう。ピッチャーのレベルが高くなってくると、手元で曲がる変化球が増えてきて、内野ゴロの山になるだけです。アメリカに行けば、150kmを超えるフォーシームでも微妙に動くピッチャーがたくさんいます」

 そこで求められるのが、バットを縦に振る技術だ。ものすごくシンプルに言えば、ゴルフのスイングであり、イチロー氏がネクストサークルで見せていたスイングにも近い。

「昔から、『ボールの少し下にバットを入れて、バックスピンで打球を飛ばす』という考えがありますが、難易度の高いバッティングだと思っています。

 もっとシンプルに考えたほうがいい。羽子板をイメージしてみてください。羽根を打ち返すとき、子どもであっても、本能的に板を上向きにして返すはずです。バッティングも同じで、バットが上向きの角度でボールを捉えれば、打球に角度が付く。メジャーの考えは、ラインドライブでもスタンドに放り込む。バックスピンをかける意識はありません」

 昨今、『フライボール革命』が日本でも知られるようになったが、「フライボールに対する捉え方が日米では違うのではないか」というのが根鈴氏の見解だ。

「日本で『フライ』というと、フワッとした放物線をイメージしますが、アメリカはもっとライナーに近い軌道。言葉で表現するなら『ハイラインドライブ』。大谷選手がボールの下を打ってスピンをかけようとしていたら、あれほどの打球速度は出ないと思います」

あわせて読みたい

「大谷翔平」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    コロナ感染急拡大で日本医師会が緊急声明、全国への宣言検討を

    ロイター

    07月29日 20:40

  5. 5

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

  6. 6

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

  7. 7

    高校に通わなかった東大名物教授の独学勉強法 本や教科書は疑って読むクセ

    宇佐美典也

    07月29日 12:00

  8. 8

    太陽光発電を推進することは、国家安全保障上危険

    赤池 まさあき

    07月29日 10:12

  9. 9

    菅首相 SNSでメダリストを祝福も感染爆発には“取材拒否”「総理辞めて」の大合唱

    女性自身

    07月29日 14:00

  10. 10

    部下に怖いと思われるのは、「等身大の自分」を分かち合えていないから

    サイボウズ式

    07月29日 17:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。