記事

AIの時代は「周りと一緒」ではなく「個の確立」が大切です -「賢人論。」第143回(前編)若宮正子氏

1/2


若宮正子氏は、Microsoft Excelでつくるエクセルアートの考案や81歳でのアプリ開発などに取り組み、高い実績を残している。きっかけは、定年退職後、母親の介護をしながら外の世界と交流するためにパソコンを購入し、シニアの生きがいづくりを目的とする「メロウ倶楽部」に参加したことだ。

そのデジタルに関する功績は、Apple CEOのティム・クックからも高く評価された。2018年の国際連合 社会開発委員会では基調講演を行い、内閣府主催の「人生100年時代構想会議」に82歳の最年長メンバーとして参加するなどの躍進を続けている。80代を超えて国の制度にかかわり、社会貢献事業に従事している若宮氏に、高齢者にとってのデジタル活用の可能性について伺った。

取材・文/みんなの介護 撮影/丸山剛史

たとえモノにならなくてもやってみることに価値がある

みんなの介護 心豊かな人生を送る秘訣に、やりたいこと(趣味の芽)を見つけることの大切さをあげていらっしゃいます。「時間がない」「難しそう」「身につかなかったら無駄ではないか」などの考えを持つ人に対しては、どのようなアドバイスをされますか?

若宮 「難しそう」というのは私も感じます。また、「身につかなかったら無駄ではないか」という声もよく聞きます。でも、自分が納得できるまでやってみて、完成しないときがあったとしても、かじってみたらいいと思います。

例えば私は81歳からプログラミングを始めましたが、幸いにして皆さんに助けていただいて、ちゃんとアプリを公開することができました。でも、もし結果的に公開ができなかったとしても、それは無駄ではなかったと思うのです。プログラミングをするというのはどういうことかを知るだけでも大きなプラスになったので、千に一つも無駄はないと思います。

また、時間がないというのは、あんまり興味のないことをしないための言い訳です。自分がやりたいことは、皆さんきっと時間がなくてもやるはずです。私は今も毎日少しずつでもプログラミングの勉強を続けています。それは、24時間の中の15分でもいいのです。毎日15分やれば、365日で五千分くらいは取り組めることになります。

みんなの介護 取り組んだのが途中までであっても、やってみた経験はその後に生きてくるということですね。

若宮 まずはやってみるということが大切ですね。やってみないうちはそれがどんなものなのかわからないし、くよくよしても始まらないと思うのです。私も「若宮さんは81歳になってプログラミング始めるのに、よく勇気を持って決断できましたね」と言われます。しかし、プログラミングをやっても誰かが傷ついたりするわけではありません。

例えば、バンジージャンプやスキューバダイビングとかですと、「一度、心電図の検査をしてからの方がいいんじゃないか」という意見も出てくると思います。でもプログラミングは、パソコンがあれば開発ソフトも無料でダウンロードできて、お金もいりません。まずは、やってみればいいと思います。

若いときから視野を広げることが、定年後の人生を豊かにする秘訣

みんなの介護 定年退職後や子育てが終わったあと、どのように生きたらいいかわからなくなる人がいます。このような状況を防ぐためには、どんな考え方が必要だと思われますか?

若宮 現役のときから自分の真ん前にあるものだけではなくて、全方位的に目を向けていればいいと思います。これから世の中がどんどん変わります。ですので、現役のときからもう少し視野を広くして、いろいろなものを見ていれば、定年になって世界が一変するわけではないと思うのです。

例えば、不慮の災害にあって大怪我をしたとか、思いもかけない病気になったという人は、確かに想定していなかったのかもしれません。しかし、定年というのは不慮の災難ではありませんからね…。その頃に向けて前向きな生活設計をして、老後を楽しまれるのがいいのではないかと思います。

みんなの介護 なるほど。例えば若いときから視野を広げるにはどんな方法がありますか?

若宮 若いときからいろいろなことに興味を持って、自分の世界を持つことが大事だと思うのです。「皆さまご一緒に」の国ですので、どうしても周りに左右されやすいのですが、これからは個人の時代ですからね。

個を確立して、自分の世界をしっかり持つことです。今の定年制がずっと続くかどうかすらも不確定な状況です。いわゆる一斉採用で、年功序列で定年という明治時代からやっているようなパターンがこれからも続くかわかりません。特技があれば年齢にかかわらず、採用してもらえる時代です。

学校でも優秀なお子さんたちには、日本の大学ではなく、海外の大学に行くことを先生から勧めたりもします。。「子どもが変わったことをする」と言う人もいますが、子どもだけではなく、大人も今までの枠組みからの考え方をもっと見直した方がいいのではないかと思います。

みんなの介護 そのような社会になると、年齢を経てから新しく何かを始めたり、仕事をしたりすることがもっとしやすくなると思われますか?

若宮 そうですね。選択肢は広がっていくでしょう。特に、今中年の方は、狭い選択肢の中で人生の選択をせざるを得ない時代を生きてきたと思います。その狭い時代を将来像に考えている人もいますが、これからどんどん世の中が変わると思うのです。人工知能が主要な時代になっていくと、今の雇用形態もいつまでも続くかどうかもわからないですし。

あわせて読みたい

「AI」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  2. 2

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  3. 3

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  4. 4

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  5. 5

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  6. 6

    2020年に米国人平均寿命は03年以来の低水準、日本は逆に最長のワケ

    My Big Apple NY

    08月03日 22:17

  7. 7

    コロナ禍で迷惑行為をするのは一部の人たち JR北海道も列車内での飲酒の自粛を呼び掛けよ

    猪野 亨

    08月04日 08:35

  8. 8

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  9. 9

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  10. 10

    医療崩壊目前で気が動転?コロナ入院は重症者ら重点との政府方針は菅首相の白旗か

    早川忠孝

    08月03日 15:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。