記事

「東京五輪だけがスケープゴート」数年後に無観客開催を後悔するワケ

1/2

史上初の「無観客開催」は正しい判断なのだろうか。開幕まで1週間を切った東京五輪。「都民の命と健康を守り、安全を重視」が有観客にしなかった大義だが、スポーツライターの酒井政人さんは「コロナ感染の重症者数は減っている。また、人はパンのみに生きるにあらず、という言葉の通り、人が生きていくためには精神的満足・充実を得ることも大切。そのためには生で観戦するのが最適な方法のはずだ」という――。

2020年の東京オリンピックに向けた特別ライティングされた東京スカイツリー(2019年7搈29日)※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Joel Papalini

なぜ、東京五輪だけが「無観客」なのか?

いよいよ開幕する東京五輪。今回の史上初「無観客開催」(東京と神奈川、埼玉、千葉3県の競技)というジャッジは“正解”といえるのだろうか。

世界中がコロナ禍にあるものの、各国の主要なスポーツイベントは「有観客」に舵を切っている。大谷翔平が出場した米国メジャーリーグのオールスター(7月13日)は約5万人が観戦。テレビ映像などを観る限り、マスクをしていた人はごくわずかだった。

英国でも7月6日からチェンジしている。ロンドンのウェンブリー・スタジアム(収容人数9万人)で行われたEURO2020の準決勝(7月6、7日)と決勝(同11日)は、イギリス政府からスタジアムの観客動員数を75%まで増加させる許可が出た(※ただし観客は入場条件として、新型コロナウイルス検査の陰性証明書や観戦試合の14日前までに2度のワクチン接種を完了した証明書を提示する必要がある)。

その結果、EURO2020はウェンブリー・スタジアムで6万人を超える観客が熱狂した。

テニスのウィンブルドンも観客数を50%程度に抑えて行われていたが、7月6日の準々決勝以降、メイン会場などの人数制限を解除した。なお英国の人口は約6800万人で、7月6日の新規感染者は約2万9000人もいた。ワクチンの普及により、死者数などが低く抑えられているとはいえ、新規感染者は人口を考えると、日本の15倍近い(日本は7月15日の新規感染者数が3418人)。

プロ野球、Jリーグ、陸上「人数上限5000人かつ収容率50%の制限」

では、日本国内のスポーツイベントはどうなのか。

非常事態宣言下では、プロ野球、Jリーグ、陸上競技などの大規模イベントは、「人数上限5000人かつ収容率50%の制限」で行われている。現在開催中である甲子園の東東京大会と西東京大会もメガホンなど鳴り物の持ち込みを禁じているが有観客で行われているのだ。

なぜ東京五輪だけが「無観客」なのか?

「都民の命と健康を守り、安全を重視」無観客はある意味正しいが…

東京都では7月12日に4度目となる「緊急事態宣言」が発出された。東京五輪の無観客開催について、小池百合子都知事は、「都民の命と健康を守り、安全を重視した大会とするため」と説明している。

無観客開催は“国民の命を守る”という大義のもとでの決断だ。これに異論はない。しかし、筆者がどうしても腑に落ちないのは、これまで日本がしかるべきコロナ対策をしてきたとは思えないということだ。

無観客となった理由のひとつに、英国や米国のようにワクチン接種が進んでいないことが挙げられる。「Our World in Data」の集計によると、ワクチン接種の完了率は、英国が51.8%(7月13日時点)、米国が49.7%(7月14日時点)。一方の日本は19.8%(7月14日時点)だ。この現状を考えると、英国や米国ようにスポーツイベントで数万人の大観衆を入れるわけにはいかないのもうなずける。

サッカースタジアムのカラフルな座席※写真はイメージです - 写真=iStock.com/batuhan toker

このワクチン接種率の低さは明らかに国の責任だ。英国は昨夏から法改正を進めて、摂取会場も確保。昨年12月からワクチン接種を開始した。日本は、医療従事者への先行接種が始まったのが今年2月17日。状況が異なるとはいえ、五輪開催国がワクチン接種で後れを取ったというのは事実だ。

コロナ重症者は1413人をピークに減少を続け、400人弱まで減少

医師の大和田潔さんも、プレデントオンライン7月17日公開の「『感染者数だけで判断すべきではない』現役医師が“五輪は有観客でやるべき”と訴えるワケ」と題した記事内で「専門家会議や医師会、都知事のこれまでの認識や、私たちに課された制約が誤りであったことは明らかです。オリンピックは有観客で実施するべき」と指摘している。

医療逼迫(ひっぱく)のリスクも「無観客」の理由のひとつだが、大和田さんは「日本のコロナ重症者は、5月26日の1413人をピークに減少を続け、400人弱まで減った」と数字を挙げて、感染者数に踊らされることなく、有観客にするべきではないかと提言している。

コロナ禍のなかで、なぜか東京五輪がスケープゴートにされているのも気になる。他のスポーツイベントは緊急事態宣言下でも「人数上限5000人かつ収容率50%の制限」という条件で有観客開催が認められているのだ。東京五輪だけ“特別”になる合理的な理由は見当たらない。

さらに筆者が一番問題だと感じているのが、大手紙やテレビ局を筆頭とするメディアの姿勢だ。東京五輪の開催について多くのメディアが「開催」に関してネガティブなトーンだった一方で、「観客を入れて開催できる」といったポジティブな意見はほとんど届けようとしない。

そうしたメディアの影響もあり、世間も「コロナ禍で東京五輪なんてとんでもない」という雰囲気を作り出したのではないか。そのため、アスリートやスポーツ団体は「有観客で開催してほしい」という声を出しににくい状況になっていた。出せば、叩かれるのは目に見えているからだ。

東京五輪代表内定選手を取材したときには、所属チームから「東京五輪開催の有無についての質問はご遠慮ください」というお達しを受けたことは一度や二度ではない。アスリートたちは世間から厳しい目を向けられているのだ。自分の意見を言えない世の中は“正常”とはいえないだろう。

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「スゴイ日本!」ばかりのテレビ五輪放送。在留外国人は東京五輪を楽しめるか

    Dr-Seton

    08月05日 08:29

  2. 2

    なぜ選手が首長を訪問? 名古屋・河村市長のメダルかじりで「表敬訪問」に疑問の声

    BLOGOS しらべる部

    08月05日 18:37

  3. 3

    淀川長治さんが『キネマの神様』を絶賛?CMに「冒涜」と映画ファン激怒

    女性自身

    08月05日 09:07

  4. 4

    ベラルーシ選手はなぜ政治亡命したのか ルカシェンコ政権の迫害ぶりを示した東京大会

    WEDGE Infinity

    08月05日 09:18

  5. 5

    ワクチン完全接種5割の8月末まで好転無しか

    団藤保晴

    08月05日 09:02

  6. 6

    ひろゆき「バカほど『自分にごほうび』といってムダにお金を使う」

    PRESIDENT Online

    08月05日 15:33

  7. 7

    東京都、新規感染者数5042人に疑問

    諌山裕

    08月05日 17:42

  8. 8

    環境省がエアコンのサブスクを検討 背景に熱中症死亡者の8割超える高齢者

    BLOGOS しらべる部

    08月04日 18:05

  9. 9

    入院制限の前にやることがあるでしょう

    鈴木しんじ

    08月05日 14:09

  10. 10

    テレビ放映権中心に回り夏開催される五輪 舛添氏が改革案を公開

    舛添要一

    08月05日 08:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。