記事

7月19日は休日? 東京五輪の影響でカレンダーに誤記も 業界団体が注意喚起

自宅の壁に掛けてある紙製のカレンダーを見ると、7月19日が赤い文字で記され休日となっていないだろうか?

実際には今月19日は平日だ。

赤く休日として表示されているのは、東京五輪・パラリンピックに合わせて2021年の祝日が移動したことが反映されていないためだ。来週月曜日に迫った19日、休みだと思い込まないように注意したい。

7月19日が休日と表示されたままのカレンダー

五輪開催の2021年 祝日が相次いで移動

2021年の休日を移動することを定めたのは改正五輪特別措置法。例年なら7月19日は「海の日」で休みになるものの、今年は7月22日に移される。他にも、今年に限って複数の休日が以下のように移動されている。

「海の日」 7月19日→7月22日
「スポーツの日」 10月11日→7月23日
「山の日」 8月11日→8月8日
※「山の日」が8月8日の日曜日に移る関係で、翌9日の月曜日も振替休日に
7月19日を平日と正しく表記している2021年用カレンダー

改正五輪特別措置法は、開会式や閉会式が行われる日について、もともとは通勤・通学を減らすことで都心部の混雑を緩和させる狙いだった。昨年11月27日に可決、成立した。

特措法の影響で、今年に限って、7月22~25日が4連休、8月7~9日が3連休となる一方、10月は休日がなくなる。

カレンダー印刷後に祝日移動が決定

誤ったカレンダーが流通してしまっている背景には、特措法が2021年を1ヶ月後に控えたタイミングで成立したことにある。

全国カレンダー出版協同組合連合会(東京都台東区)によると、カレンダーは通常、約1年間の余裕をもたせて製作される。2021年分は2019年末ごろに製作が始まり、遅くても20年初めには印刷されたという。

一方、スマートフォンのカレンダーアプリは多くが2021年仕様に変更されている。

祝日の移動を伝えるチラシ(首相官邸ホームページより)

業界団体は必死の注意喚起

同連合会は公式ウェブサイトで、「暦情報に関する重要なお知らせ」をアップ。「2020年2月の暦情報に基づき製造を進行しており、この法改正による祝日の変更には対応していません」と注意を呼びかけている。

担当者は「カレンダーを目にして間違えないよう、十分に注意していただきたい」と話す。

◆「しらべて欲しい」情報や疑問をお寄せください

BLOGOSしらべる部では読者の皆さまからの情報や疑問を募集中です。普段の生活やニュースのなかでしらべて欲しいと思ったことを、記者が取材します。

以下のアドレスにご連絡ください。
dl_shiraberubu@linecorp.com

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「スゴイ日本!」ばかりのテレビ五輪放送。在留外国人は東京五輪を楽しめるか

    Dr-Seton

    08月05日 08:29

  2. 2

    淀川長治さんが『キネマの神様』を絶賛?CMに「冒涜」と映画ファン激怒

    女性自身

    08月05日 09:07

  3. 3

    環境省がエアコンのサブスクを検討 背景に熱中症死亡者の8割超える高齢者

    BLOGOS しらべる部

    08月04日 18:05

  4. 4

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  5. 5

    中等症入院不可…専門家の意見を聞いていなかったとは

    大串博志

    08月05日 08:22

  6. 6

    テレビ放映権中心に回り夏開催される五輪 舛添氏が改革案を公開

    舛添要一

    08月05日 08:33

  7. 7

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  8. 8

    ワクチン完全接種5割の8月末まで好転無しか

    団藤保晴

    08月05日 09:02

  9. 9

    ベラルーシ選手はなぜ政治亡命したのか ルカシェンコ政権の迫害ぶりを示した東京大会

    WEDGE Infinity

    08月05日 09:18

  10. 10

    東京都、新規感染者数5042人に疑問

    諌山裕

    08月05日 17:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。