記事

戻ってきた外国人観光客

この前、かやぶきの里として知られる京都府南丹市美山町にでかけたときに、外国からの観光客の人の多さに驚いたことをブログに書きました。雪の降らないアジアの地域からきた若い人たちでしょうか、積もった雪に寝転んだり、雪合戦をしたり、雪を堪能している姿が印象的でした。
雪景色、かやぶきの里

美山町に限らず、海外からの観光客をよく見かけると感じていたのですが、やはり日本政府観光局が発表した2012年の訪日外国人の推計値は、福島第一原発事故による影響から回復し、前年比34.6%増の836万8100人で、過去最高だった10年(861万人)に次ぐ2番目の高水準だったようです。
12年の訪日外国人、34%増=836万人―震災、原発事故から回復 (時事通信) - Yahoo!ニュース :

しかし、尖閣問題で対立が激化した中国からの訪日数は、対前年同月比で10月マイナス34.4%、11月マイナス43.6%、12月マイナス34.2%とグラフにしてみましたが、激減ぶりが目立っています。また日本からの中国への観光客数も、6ヶ月連続で対前年割れで、とくに日本が尖閣を国有化した12年9月以降は20~30%台の大幅減が続いているといいます。日中両国で、2012年の訪日中国人観光客数をのべ200万人、訪中日本人観光客数をのべ400万人とし、日中間の往来者数を過去最大ののべ600万人とする目標を掲げたのですが水の泡となりました。

リンク先を見る

中国からの訪日観光客が激減したにもかかわらず、それを他のアジア地域からの観光客がカバーした結果になっています。グラフは、総数と韓国、中国、台湾の対前年比の推移をみたものですが、竹島問題が起こった韓国からも観光客は増加していることがわかります。反日感情と言っても、韓国の場合は建前と本音みたいなところがあるのかもしれません。

政府観光局は「格安航空会社(LCC)の新規就航や、日本政府による個人観光査証(ビザ)の発給要件緩和なども追い風になった」としていますが、今年は円安傾向となったために、日本への旅行や日本での買物が割安になってくるために、さらに日本観光人気が高まってくることは間違いないと思います。

あわせて読みたい

「福島第一原発事故」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国への防衛協力を即時停止せよ

    和田政宗

  2. 2

    女芸人 大御所もセクハラはダメ

    たかまつなな

  3. 3

    照射問題に前防衛相「怒り示せ」

    佐藤正久

  4. 4

    SPA!に抗議した女子大生は危険

    小林よしのり

  5. 5

    高須氏がローラに理解示す 涙も

    田中龍作

  6. 6

    交渉拒む韓国 反撃するしかない?

    MAG2 NEWS

  7. 7

    ルノーが数日中にゴーン氏解任か

    ロイター

  8. 8

    無闇なインフル通院に医師が警鐘

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    金持ちの道楽でない左翼が必要

    常見陽平

  10. 10

    ゴーン氏庇えぬ仏 裏に対露外交?

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。