記事

生活保護の適正化の必要性と慎重な判断

厚生労働省の社会保障審議会生活保護基準部会は、生活保護の基準のうち生活扶助の基準額に関して、子育て世帯の一般低所得世帯の消費実態上回っているという報告書をまとめました。

生活保護制度には様々な問題点がある事は確かです。不正受給の取り締まりや医療扶助の適正化は必要であり、生活保護からの自立を促すための就労支援の強化も重要です。
しかし、生活保護基準の引き下げには慎重な判断が必要です。援助が必要な受給者への給付が削減される恐れのある事、生活保護を受けていない低所得者への影響が大きい事が懸念されます。

生活保護を受けていない低所得者の住民税、保育料、年金保険料、介護保険料の自己負担が増える可能性と最低賃金の引き上げにブレーキがかかる事も予想されまます。
最も影響を受けるのは、子育て世代です。特にシングルマザーの世帯は、特に社会的支援が必要であり、特段の配慮が不可欠です。

あわせて読みたい

「生活保護」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    「官邸TV監視」赤旗スクープ称賛

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  6. 6

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  7. 7

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  8. 8

    岡村隆史が結婚「素敵な方です」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  10. 10

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。