記事

「政治に対して声を上げないスポーツ界、どうしてしまったのか」スポーツライター小林信也氏

 東京オリンピックの開幕まで2週間。8日夜の5者協議の結果、東京都への4度目の緊急事態宣言の発出を受け、1都3県の首都圏会場では無観客での開催が決定した。

・【映像】無観客五輪を前に...4度目の緊急事態“酒の禁売令“はアリなのか?

 このの一報を受け、作家・スポーツライターの小林信也氏は「このムードではしょうがないというか、こうなるだろうなという結論だ。ただ、お酒の提供に関する議論と同じで、ちゃんと話し合いをしたのかな、と思う。緊急事態宣言を発出したのも、無観客にするためなんじゃないかという声まで出てくるというのは、本当に救いようがない。オリンピックが悪者にされたり、本当はオリンピックのことが嫌いじゃないのに、政治を批判したいためにオリンピックを使ったりするような、そういうことがうごめいているような気がする」とコメント。

 作家の乙武洋匡氏氏は「そういう構図にしてしまった政治の責任もあると思う。どんな状況であろうとオリンピックはやる、という方針と、感染を極力抑えていく、というのは、どう考えてもバッティングする。もし本当に感染者数を減らそうと思うのなら、オリンピックはやめなければならなかった。そうでないのなら感染者数を減らす、ということはあまり言わず、感染者数がある程度増えることは許容する社会にする、という言い方にして、感染することを緩やかに受け止める雰囲気や医療体制の拡充に務めなければならなかったのではないか。

 さらに小林氏が「政治のせいもあるが、僕はスポーツ界がどうしてしまったのだろうと思う。オリンピックは巨大化しているので政府の思惑なしには開催できないが、スポーツ界がほとんど声をあげていない。スポーツ庁、JOC、スポーツ協会など、中心になっている組織のリーダーたちが何も発信していない。このことにも僕はすごく落胆している。オリンピックは政治的なものになってしまったということを知らしめてしまった」と嘆くと、乙武氏は「これは日本のスポーツ界が“体育界”のままだからだと思う。“体育会系”と言われる、上の言うことは絶対で、下の者が文句を言うことなんてとんでもないという“村社会”のまま来てしまったから、森喜朗さんには盾突けない、意見を言えるのはJOCの山口香さんだけ、というような状況になってしまった」と指摘していた。(ABEMA/『ABEMA Prime』より)

▶映像:五輪「無観客」での開催に米メディアが批判 「感染者の急増が計画を覆した」

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “愛国芸人”ほんこんが「デマツイート」で提訴される 原告代理人・米山隆一氏は怒り

    SmartFLASH

    07月26日 09:58

  2. 2

    酷暑下の札幌五輪マラソン 市民の冷ややかな声も少なくない

    NEWSポストセブン

    07月27日 09:36

  3. 3

    中国、ロシア製ワクチンと立憲民主と共産党 まあ少し可哀想ではあるけど、ブレインが悪いのとセンスがないというだけ

    中村ゆきつぐ

    07月27日 08:26

  4. 4

    野球は7回、サッカーは60分に!若者のスポーツ観戦離れを「時短化」で食い止めろ

    土屋礼央

    07月27日 08:11

  5. 5

    東京都で過去最多となる2848人の感染確認 20代951人、30代610人…重症者は4人増の82人

    ABEMA TIMES

    07月27日 17:07

  6. 6

    プロフェッショナルなサービス、人はそれを必要とするか?

    ヒロ

    07月27日 11:31

  7. 7

    ファイザー製ワクチン、接種から7カ月で抗体レベル減少 デルタ株への免疫力低下も

    ABEMA TIMES

    07月27日 15:33

  8. 8

    安定的な皇位継承 旧宮家の男系男子の皇籍復帰が必須だ

    和田政宗

    07月27日 13:45

  9. 9

    東京の新規感染者数が2848人…「緊急事態宣言って何」の声

    女性自身

    07月27日 21:31

  10. 10

    「世襲議員」は是か非か、制限することは可能なのか。まずは政治資金団体を課税対象にするのが現実解?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月27日 10:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。