記事
  • ロイター
  • 2021年07月09日 12:06 (配信日時 07月09日 11:59)

原油先物まちまち、米在庫減少とOPECプラスの対立に注目

[東京 9日 ロイター] - アジア時間の原油先物はまちまち。米原油・ガソリン在庫の減少を受けて値上がりしていたが、石油輸出国機構(OPEC)にロシアなど非加盟産油国を加えた「OPECプラス」の協議決裂を受けて供給が増えるとの懸念で週間ベースでは下落している。

0140GMT(日本時間午前10時40分)現在、北海ブレント原油は0.09ドル(0.1%)安の1バレル=74.03ドル。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)先物は0.01ドル高の72.95ドル。

いずれも週間では3%近く下落している。

日産証券の菊川弘之氏は、米在庫の大幅な減少を受けて、ドライブシーズンの始まりで燃料需要が増えているとの見方が強まったと指摘。米国のシェール生産は大きく増加していないため、一部の投資家がOPECプラス内の対立にもかかわらず、強気姿勢に転じたと述べた。

米エネルギー情報局(EIA)によると、ガソリン需要は2019年以来の高水準。7月2日までの週の原油在庫は690万バレル減の4億4550万バレルと、20年2月以来の低水準だった。ロイターがまとめた市場予想は400万バレル減だった。

ガソリン在庫は610万バレル減。市場予想は220万バレル減だった。

原油価格が大きく回復しているにもかかわらず、米シェールオイル生産業者は過去の原油価格上昇局面と違って設備投資計画を変えず、増産を控えている。投資家が、増産よりも株主リターンを要求するようになっていることが背景。

ただ、一部のトレーダーは、OPECプラスの協議決裂で、加盟国が協調減産を放棄するのではないかとの懸念が出ている。

協議では、サウジアラビアとアラブ首長国連邦(UAE)が対立。関係筋が7日明らかにしたところによると、ロシアが仲介に動いている。ホワイトハウスは6日、サウジ、UAEと高官協議を実施したことを明らかにした。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  2. 2

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  3. 3

    コロナ禍で迷惑行為をするのは一部の人たち JR北海道も列車内での飲酒の自粛を呼び掛けよ

    猪野 亨

    08月04日 08:35

  4. 4

    患者対応をめぐる行政と開業医の役割分担 国会議員がルール化する必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

    08月04日 12:14

  5. 5

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  6. 6

    東京都心に住むコストをケチってはいけない

    内藤忍

    08月04日 11:37

  7. 7

    二階幹事長“首相の続投望む国民多い”発言に「どこの国?」「幻聴では」と失笑の嵐の異論」

    女性自身

    08月04日 09:50

  8. 8

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  9. 9

    「横浜独立」で神奈川県は困らないの?-県と市はよきライバルに

    松沢しげふみ | 参議院議員(神奈川県選挙区)MATSUZAWA Shigefumi

    08月04日 08:36

  10. 10

    オリ・パラ後の新国立は誰のためのスタジアム? - 上林功 (追手門学院大学准教授)

    WEDGE Infinity

    08月04日 09:49

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。