記事

家計簿はお金をつかうためにつけるんだよ

あつまろです。

どうも「家計簿をつける」ことが過度に評価されすぎるよう感じます。家計簿はあくまで記録なので記録をつけているだけだと何も生活は変わらないのですが、「家計簿をつける」ことから日常の支出を把握し、不要な支出を見直すことにつながっていくこともあります。「家計簿をつけること」=「家計管理ができている」というイメージなんでしょうね。まあ、今回は「家計簿をつける」=「家計管理ができている」という前提でお話をします。

「なぜ、家計簿をつけるのか」

「ムダな出費を減らすため」、「貯金するため」というのが目的だったりするのではないでしょうか。もっともな話です。家計簿をつけて節約に励む人は、乾いた雑巾を絞るように一層の節約に励む人がいます。こういう人は全体でいうと10%以下の比率ではないでしょうか。多くの人は「ムダな出費を減らしたいな」と思いつつ「面倒くさいな」と変わらぬ生活を過ごしています。 家計簿をつけて節約に励む人が「正解」で、家計簿をつけずに変わらぬ生活を過ごす人が「間違い」かというと事はそんな単純なものではないように思います。

「本当の目的はお金をつかうこと」

「家計簿をつける」というのは、出費をセーブすることが目的ではありません。お金は使うためにあります。ただ、お金をいつ(When)使うのか、何に(What)使うのか、というのは各人それぞれの思想や生活状況によって異なります。本当に必要なことであれば出費をケチることなく、家計が許す範囲で使うべきです。 その一方で分を過ぎた出費もいけません。 自分や家族の人生を考えた上で、今どれだけ使うのかということを計画し、記録し、確認するというのが家計簿をつけることだと思います。

結局のところ、家計簿はいつ何にお金をつかうかを明確にする、ということです。 たまにお金を使うことに罪悪感を感じる人がいますがそういう人は大手を振って出費すればいい。 家計簿をせっせとつけて、死ぬ時が貯蓄額のピークを迎えるというのは本当にいいことなのかどうなのか。

あわせて読みたい

「マネー」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  2. 2

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  3. 3

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  4. 4

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  5. 5

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  6. 6

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  7. 7

    五輪開会式 深夜の子ども出演が波紋…橋本聖子が4日前に任命

    女性自身

    07月25日 08:51

  8. 8

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  9. 9

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  10. 10

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。