記事

シェールガス関連銘柄に投資する際、投資家が知っておくべきこと

1/2
最近、シェールガスという言葉をよく聞きます。「シェールガスはゲームチェンジャーだ!」と断言する人も居ます。確かにシェールガスが出る事で米国の天然ガスの自給率は上昇します。それは米国が外国からエネルギーを買わなければいけない必要性が少し下がることを意味します。地政学的にもそれなりのインパクトがあるでしょう。

その半面、シェールガスは万能ではありません。いや、その生産手法の持つ宿命的欠点もあります。この有利さ、不利さを良く理解しておかないと、投資の際に大失敗すると思うのです。そこで今日はシェールガス関連銘柄の株式投資家の視点から、投資家が知っておくべきことを整理します。

シェールガス開発と言った場合、それは全く新しい技術を指すのではなく、これまで50年近くかけて米国の石油・天然ガス業界が培ってきた生産技術を応用することで、いままで取りにくかった場所から効率良く石油や天然ガスを汲みあげるという手法全体を指す場合が多いです。

言い換えれば、その言葉を使う人によって定義がまちまちな部分があるわけです。

曖昧さを取り除くために、地層の面と、生産技術の面のから「シェール関連」銘柄を定義します。

【地層の面からの定義】
シェール(Shale)とは頁岩(「けつがん」=泥が固まり板状になった地層)を指します。シェールガスは、そこに閉じ込められて、従来の方法ではアクセスしにくかった天然ガスを指します。なお、普通、油田には天然ガスと石油の両方がミックスされて閉じ込められている場合も多く、天然ガスの比率が多い油田はgassyと言われます。したがってシェールガス、シェールオイルという呼称は、そのミックスの、どちらの比率が大きいかで「これは天然ガス田、これは油田」という風に呼び分けているに過ぎないということです。

有名なシェールガス田としては:

イーグルフォード(メキシコの国境に近いテキサス南部)
パーミアン・ベイシン(西テキサス)
バーネット(ダラスに近いテキサス中央部)
ヘインズビル・ボシエ(東テキサスからルイジアナ州境付近)
ウッドフォード(オクラホマ州)
フェイエットヴィル(アーカンソー州、オクラホマ州)
マーセラス(バージニア州西部・オハイオ州東部・ペンシルバニア州のほぼ全域・ニューヨーク州西南部をカバーする、広範な地域)



などがあります。(上のリストは網羅的ではありません)

一方、有名はシェールオイル田としては:

バーケン(ノースダコタ州)



があります。

リンク先を見る


【技術により定義する方法】
シェールに閉じ込められた天然ガスや石油を生産するには、以下の技術・手法が欠かせません:

1.水平掘削(ホリゾンタル・ドリリング)
2.破砕法(フラッキング、ないしはフラクチャリング)



古来の油井やガス井は、真下に向かって掘るだけでした。掘り進んで、石油や天然ガスが含まれている層にぶち当たれば、後は地面にかかる大きな圧力で、自然に原油や天然ガスが地表に噴き上げて来るわけです。

しかし長年生産を続けると、圧力が下がり、ポンプの力を借りないと、汲みあげることができなくなります。ドンキー(ろば)と呼ばれる、首振り型のロータリー・リグが使用されるのは、そういう場合です。それでも石油や天然ガスが取れなくなると、それらの井戸は休止井として放棄されました。

大手石油会社はこうして「喰い散らかした」油田を手放し、海外の大型油田を取得することに経営のフォーカスを傾けました。そのような「残りカス」の油田は、言わば氷を一杯に入れたグラスからストローでジュースを飲んで、ジュースが少なくなったので音が出る状態と形容できます。
リンク先を見る

国際的なネットワークを持ち、潤沢な資金があるオイルメジャーは、未開の、オフショアなどの油田でホームランをかっ飛ばした方がリターンが大きいので、去ってゆきました。それらの残り物の油田を買い取ったのは、オクラホマ州やテキサス州に本社を置く、独立系の小さな石油・天然ガス会社でした。彼らは「ホームランか、三振か?」という賭けを避け、くたびれた油田を養生しながら細々と生産するというスタイルでした。

そのような先駆者の一人にチェサピーク・エナジー(ティッカー・シンボル:CHK)があります。同社の創業者のオーブリー・マクレンダンは一介のランドマン(Landman)から身を興し、一代で全米第2位の天然ガス会社を築きました。ランドマンとは、石油や天然ガスが出そうなところの見当をつけ、その土地に眠っている地下資源の利用、処分する権利(これをミネラルライツといいます)を買い取る仕事をする人です。下は最近、封切られた映画、『プロミスト・ランド』の予告編ですが、ここに登場する主人公(マット・デイモン)の役柄が、ランドマンです。


チェサピーク・エナジーは1993年2月にIPOされますが、同社は大手石油会社が「喰い散らかした」残りモノの天然ガス田をホリゾンタル・ドリリング(水平掘り)という方法で開発すると、効率良く天然ガスが閉じ込められている地層にリーチ出来るという考えを持っていました。

あわせて読みたい

「シェールガス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  2. 2

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  3. 3

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  4. 4

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  5. 5

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  6. 6

    2020年に米国人平均寿命は03年以来の低水準、日本は逆に最長のワケ

    My Big Apple NY

    08月03日 22:17

  7. 7

    コロナ禍で迷惑行為をするのは一部の人たち JR北海道も列車内での飲酒の自粛を呼び掛けよ

    猪野 亨

    08月04日 08:35

  8. 8

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  9. 9

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  10. 10

    医療崩壊目前で気が動転?コロナ入院は重症者ら重点との政府方針は菅首相の白旗か

    早川忠孝

    08月03日 15:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。