記事

大人ならではのアイデンティティ問題——「中年の危機」にどう対応すべきか

1/2
Getty Images

自分はいったい何者なのか?

今の自分は本当に納得できる自分自身なのか?

アイデンティティを巡るこうした自問自答の最盛期は、もちろん思春期だ。将来に向かって何をすべきかわからない時や、今の自分にふさわしい居場所が見つからない時に、青少年は「何者かになりたい」と願ったり「何者にもなれない」と悩んだりする。

では、思春期を終えた中年はアイデンティティに思い悩まなくなるのだろうか。

ある程度、そうだと言える。

職業が定まり、出世の先行きにも見当がつき、家族や住まいも定まった中年なら特にそうだろう。職業、家族、住まい、趣味や人間関係が安定すればするほど、(それらを構成要素としている)自分自身のアイデンティティは安定し、自分探しに無駄なエネルギーを費やすこともなくなる。そのぶん、後進の育成にも集中しやすくなり、家族や共同体、ひいては社会を支える主柱として活躍する人も多い。

しかし、その安定を巡って思わぬ「中年の危機」が生じることもある。この文章では、そうした中年ならではのアイデンティティの危機を紹介したうえで、その対策についても触れてみたい。

「自分の人生はこれでよかったのか?」やり直しへの未練が起こす中年の危機

アイデンティティが安定しているはずの成人が「中年の危機」を迎えるのはどんな時か。

典型的な「中年の危機」の第一のパターンは、これまでに作り上げてきた自分自身のアイデンティティやその構成要素に対する潜在的不満が、きっかけを得て表面化する場合だ。

先に述べたように、中年は職業も出世の先行きも家族もおおよそ決まっているし、そのおかげでアイデンティティも簡単には動揺しない。だが、中には自分の仕事や家族、趣味などに不満を持っている人だっている。そのうえ、中年には人生の残り時間が少ないのだ。自分の人生に悔いを残したくないと思った時、何かに挑戦できるのはこれが最後かもしれない──そのような焦りと長年にわたって燻らせ続けてきた自分自身への不満や疑問が重なった結果、中年が"清水の舞台から飛び降りる"かのような行動に打って出ることがある。

時に、そうした中年が唐突に思春期のやり直しのような行動をとることがあります。中年期も半ばになった頃に、人生の最後の輝きとばかり、今までの仕事をやめて自分がしたいことに全力を尽くす人、パートナーや家族を捨てて若い愛人のもとに向かってしまう人などがその例です。穏当な場合には、脱サラの成功者という形をとることもあります。
——『何者かになりたい』熊代亨(イースト・プレス)より

サラリーマン人生を続けてきたけれども、本当は飲食店を経営してみたかった。恋より打算で結婚したけれども、本当は大恋愛のうえに人生を築き上げてみたかった──そうした未練を抱えた中年が忘れていた「if」をかなえるチャンスに出会ってしまった時、冷静にスルーするのは難しい。なぜならそのようなチャンスは(思春期の頃と違って)二度と巡ってこないかもしれないからだ。その思いが焦りを生めば、判断は甘くなる。

結果、実現可能性の乏しいチャンスに飛びついてしまったり、これまで築いてきたものを失ってしまったりする中年をしばしば見かける。「何者かになりたい」とまっすぐに悩む若者に比べれば少ないものの、中年にもなれば人生の"掛け金"も大きいため、成否にかかわらず、チャレンジは周囲に大きな波紋を投げかけることになる。うまくいかなかった場合、当人が被る経済的・社会的・精神的損失は甚大だ。

Getty Images

心のセキュリティホールになりうる「自分の人生への不満」

このタイプの「中年の危機」を避けるにはどうすれば良いだろうか。

対策は、かなり難しい。このタイプの「中年の危機」が表面化する人は、自分の人生やアイデンティティに対する不満を解消できないまま年を取り続けてしまうなんらかの必然性を帯びていることが多く、普段は自分の持っている不満から目をそらし続け、自覚も薄い。そうした"清水の舞台から飛び降りる"起爆剤となる不満を、自覚するよりも早く他人に察知されてしまえば、たとえば若い異性や詐欺師にマニピュレートされてしまうおそれもある。このような、自覚はできないけれども他人からは透けて見える不満や欲求は、心のセキュリティーホールとして手玉に取られやすいからだ。

望ましいのは、若いうちから自分自身の人生やアイデンティティに対する望みや不満を自覚したうえで、力及ばないところがあったとしてもそうした望みや不満に対して自分なりに努力を行っておくことだ。卑見では、突然に"清水の舞台から飛び降りてしまう"中年には、自分の人生やアイデンティティに対する望みや不満に対して力を尽くせなかった人、そうした望みや不満が無いかのように生きてきた人が多く見受けられる。

そういう意味では、若いうちに「何者かになりたい」と願い、多少の遠回りや失敗があったとしても尽力しておくことは「中年の危機」から距離を取る助けとなる。望みどおりの結果に手が届かなかったとしても、力を尽くすことで身のほどを知り、気持ちの整理がつくからだ。あるいは、結果として手中におさまったアイデンティティへの納得も生まれる。

中年になってできることは、現在のアイデンティティの構成要素となっている一つ一つを大切にしていくこと、だろうか。仕事で自分の力を尽くす。家庭に貢献する。趣味を丁寧に育てていく。それらが手ごたえを伴うなら、アイデンティティの構成要素としてそれらは強くなり、"清水の舞台から飛び降りてしまう"動機は弱くなる。たとえそれらがアイデンティティの構成要素となった経緯が成り行きによるものだったとしても、だ。

あわせて読みたい

「ライフハック」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  2. 2

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  3. 3

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  4. 4

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  5. 5

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  6. 6

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  7. 7

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  8. 8

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  9. 9

    中国が支配するディストピア 香港の大量国外脱出「英国だけでも5年で最大83万人超」予測

    木村正人

    08月02日 18:29

  10. 10

    橋下徹氏 五輪をやると国民の行動制限が効かなくなることを想定していなかったのか

    橋下徹

    08月02日 16:48

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。