記事
  • ktdisk

『ブラック・スワン』を読んで思う原発問題 原発事故は再び起こることを受け入れる

1/2
「東関東大震災や福島原発の事故は”ブラック・スワン”である」という話を最近よく耳にする。ナシム・ニコラス・タレブという人が『ブラック・スワン』という本を書いて非常に話題になったこと、予期しなかった非常に稀な現象のことをタレブが”ブラック・スワン”と呼んでいることくらいは知っていたが、まだ手にとるに至っていなかったので、再度話題になっているこの機を逃すまいと読んでみた。

画像を見るブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質

画像を見るブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質

内容があまり平易ではない上、独特の口語調の語り口が肌にあわず、読んで理解をするのに非常に苦労した(もっと正確に言えば、まだ理解しきれていない)。ただ、現在進行形で起きている原発問題に当てはめて考えると、ぴったりあてはまって腹におちるというケースが多く、奇しくも原発問題が私の本書に対する理解を助けてくれた。本エントリーでは一部その内容を紹介したい。

「1.全く想定の範囲外でありながら、2.影響が衝撃的に大きく、3.発生した後に後講釈で実は想定可能であったと語られるモノ」のことを筆者は”ブラック・スワン”と呼んでいる。

上記の定義に従えば、東関東大震災も福島原発もなるほど”ブラック・スワン”である。本書を読む前は、定義の1番目と2番目しか私の頭の中にはなかったのだが、3番目が実は最も大事なポイントであり、3番目の特性がある故、”ブラック・スワン”はいつまでも”ブラック・スワン”であるというのが本書の肝であると思う。

もう少し細かくみていく。「発生した後に後講釈で実は想定可能であったと語られる」とはどういうことか。即ちこういうことだ。
見解を公表したのは、ロバート・ゲラー東京大教授。同教授によると、チリやスマトラ沖など環太平洋地域では過去100年間に、東日本大震災と同様のメカニズムを持つマグニチュード(M)9以上の地震が4回発生。東北の太平洋沿岸でも大きな津波を記録した1896年の明治三陸地震などが起きている。こうした世界の地震活動の度合いや東北の歴史を考慮すれば、今回の震災は想定できたと指摘。福島第1原子力発電所の事故についても、設計段階で巨大津波を想定した対策を打つことができたはずだとしている。
大震災の発生⇒「想定できた」 東大教授、科学誌に: 科学・科学技術情報局
非常に分かりやすい例である。上記は百年単位でものを見ているが、貞観地震がおよそ千百年前に発生したこと、三陸沖で数十年から百年の中で大きな地震が発生していること、そこからすると今回の東関東大震災は想定可能であったし、高さ14メートルの津波がくることは想定可能であった、という講釈はよく目にする。

そして、その講釈に基づき、東海地震が向こう三十年で起こる可能性は極めて高く、浜岡原発はそれにそなえて高さ15メートルの防波壁を作るべきであり、それができるまでは原発は停止すべきだ、と。こういうもっともらしい講釈にふれると「わかったような」気持になり、整理された感があり、自分の中で安心感が少し醸成されることを私は否定できない。しかし、タレブはこういったもっともらしい後講釈が”ブラック・スワン”を見えなくするのだと、本書を通して主張する。

さらに細かく見ていく。本書では「講釈の誤り」「追認の誤り」という考え方が提示されている。何かというと「1.人間という生き物は、何かにつけてわかりやすい講釈や理屈をつけて、物事を単純化して見たがる性質をもっており、2.この単純化を通して見えてくることを過大評価し、単純化によって切り捨てられることを過小評価(もしくは全く無視)する傾向があり、3.その過小評価したものの中から”ブラック・スワン”はやってくる」ということだ。講釈を裏付けるような事実ばかり追認する性質を我々はもっていることを筆者は本書でひたすら繰り返す。

では浜岡原発の対策で生じている「講釈の誤り」「追認の誤り」とは何か。まず地震予測を千年のスパンでするという単純化をはかり、それ以上のスパン、例えば一万年単位の情報を過小評価している、という点があげられる。で、千年のスパンで想定していなかった地震、即ち”ブラック・スワン”が発生したら、実は一万年単位で見ると今回の地震も想定できた、という後講釈がきっと付け加えられるのだ。

もう1点、こちらのほうが重大と思うが、原発事故の生じるリスクを過度に単純化し、「地震による15メートルの津波」というリスクを過大に評価し、他の同程度のリスクを過小評価(及び無視)するという「講釈の誤り」を犯している。

「15メートルの防波壁ができるまでは浜岡原発は稼働してはならないが、浜岡原発以外は地震の起きる確率も東海沖ほど高くないので稼働停止までしなくてもよい」、これが政府の見解だ。「15メートル」という波の高さを単純にあてはめてよいのだろうか、地震に伴う災害は津波だけなのだろうか、そもそも原発事故の原因を地震だけに特定していいのだろうか。このような「講釈の誤り」によって、「30メートルの津波」、「地震による地盤崩壊」、「地震を受けたの原子炉の停止機能の故障」、「作業員の単純なオペレーションミス」、はたまた「テロリストによる原発攻撃」などが”ブラック・スワン”になってしまうのだ。

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  5. 5

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    感染リスク高い5つの場面に注意

    赤池 まさあき

  8. 8

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    トランプ氏 逆転攻撃はほぼ不発

    WEDGE Infinity

  10. 10

    学生転落 巻き添えの女性が死亡

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。