記事

若い世代といっしょに変えたい

 今日もオンライン「党を語るつどい」。夜の部は青年たちと語り合い、社会を知りたい・変えたいことへの好奇心や前向きな思いが伝わってきました。いっしょに政治を変えるために、私もがんばらなければ。

 「食料支援の会場に、こんなに学生が来てるなんてビックリした」と、ある学生。大学の講義なども制限があり、友人同士の会話や交流も少ないことでしょう。困っていることを話せる場も仲間もないまま、食料支援を知った学生もいたかもしれません。「こういう状況を改善するために、次の選挙では共産党にがんばってほしい」との言葉は、心からの叫びと受け止めました。


「野党のなかでもだらしない議員がいて、共闘するのなら共産党もしっかり言ってほしい」「五輪でどれだけの予算が使われるのでしょう。私は反対派」などの意見も寄せられました。対面なら、きっと話したいことは次々と出てくるのでしょう。不満や矛盾が若い世代のまわりには山積みなのに、それに政治が応えていないもどかしさも感じました。その気持ちは本当によくわかります。その思いこそが、政治を変える力になるはずです。

 なお昼の部は、空知管内を結んだ「つどい」。「緊急事態宣言下で、道の駅で農産物が売れないでしまった。何か補償策は」という農家の質問や、野党共闘は進んでいくのか、他自治体でのワクチン接種の状況、厳しい雇用情勢と観光支援策の考え方など、多岐に渡る質問や要望が出されました。日本共産党は応援するが、本当に政治そのものを変えられるのかとの疑問も根強くあります。

 だからこそ野党が本気になって、国民の命と健康を守るための政権交代へ旗印もはっきりさせて、力を込めて国民にも訴えるべきなんです。野党のなかでも、揺るがずにがんばれる日本共産党が伸びてこそ、必ず変化はつくれます。こういう語り合う場を、オンラインでも対面でも、さらに広げていきたいですね。

 【今日の句】画面でも 若い力は 頼もしく

あわせて読みたい

「若者」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

  5. 5

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  6. 6

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

  7. 7

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  8. 8

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  9. 9

    「日本にロックダウンという手法はなじまないと思う」 法整備の必要性を問われ菅総理

    ABEMA TIMES

    07月30日 21:20

  10. 10

    ニュースの見過ぎで疲れた人にすすめたい「ニュース・ダイエット」

    御田寺圭

    07月30日 10:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。