記事

服役中の元キャバ嬢が「歌舞伎町の深夜薬局」にどうしても手紙で伝えたかったこと

1/2

日本屈指の歓楽街、新宿・歌舞伎町。朝まで眠らないその町に、世間とはほぼ正反対の時間帯に営業する「深夜薬局」がある。店主のもとには、夜の街で働く人々がさまざまな相談を持ちかけてくる。その内容とは――。(後編/全2回)

※本稿は、福田智弘『深夜薬局』(小学館集英社プロダクション)の一部を再編集したものです。

東京の輝く街並みを見つめる若い女性※写真はイメージです - 写真=iStock.com/maruco

「AVに行こうかな」と薬剤師につぶやく性風俗店の女性

(前編から続く)

基本的に中沢さんは「聴き役」だ。アドバイスを求められれば、適切なひと言を語るが、そうでなければ、自分からなにかを忠告したり、ましてやお説教のようなことを言ったりはしない。

あくまで基本的には……である。

2020年4月、新型コロナウイルスの流行にともなって東京都が緊急事態宣言を出したとき、歌舞伎町の性風俗店ではたらいていた若い女性がニュクス薬局にやって来た。

「お店も自粛をはじめて、仕事がなくなっちゃったんだよね」

全国的に「自粛」が叫ばれ、夜の街から人通りがなくなったあのとき。ましてや、「濃厚接触」をともなう性風俗店の仕事がめっきり減るのは、想像に難くない。そこで彼女は、新しい道に進もうかと、中沢さんに相談を持ち掛けた。

「AVに行こうかな」

基本的に中沢さんは、自分からアドバイスや意見を言うことはしない。しかしそのときは、はっきりと自分の思いを伝えたという。

「いまは仕事がなくて大変なのはわかる。けど、AVとして形に残ってしまうのはあまりよろしくないと思うよ」

職業に貴賤はない。それでも、偏見はある。世の中から偏見をなくしていくことはもちろん我々みんなが努めなければならないことだけれど、中沢さんが言っているのは「現実」の話で、起こる可能性の高い「近い将来」の話だ。

もちろんそういった仕事に理解のある男性もいる。けれど、理解のないひとがいるのも現実だ。

「気がのらないんだったらやめておいたほうがいいと思うよ」

「選ばれる側になっちゃうんだよ」と中沢さんは言った。

こちらから好きなひとを選ぶことができなくなる。現実問題として、理解のある男性のほうが圧倒的少数だ。好きなひとと一緒になるときにも、いい相手を探すぞ、というときにも不利になる。

「気がのらないんだったらやめておいたほうがいいと思うよ」

珍しく、意見を言った中沢さん。

「そこはね、もう、後悔しているひとを山ほど見てきたので」

新宿歌舞伎町(2012年10搈15日)※写真はイメージです - 写真=iStock.com/aluxum

後悔する気持ちは、きっと「怯(おび)え」にあるのだろう。AVから足を洗っても、いつ見つけられてしまうかわからない恐怖。いまは1回ネットにアップされてしまえば、永遠に「残って」しまう。夫や子ども、同僚や友人に、見つかってしまったら……そうビクビクして過ごすのは、つらすぎる。

「AVの撮影だと聞かされずに勝手に撮られ、海外のサーバに上げられてしまった子もいました。その子は泣き寝入りせずに戦おうとしたんです。ウチに置いてある、そういった被害者に寄り添うNPOのチラシを見て。でも、海外のサイトは、日本の法律では裁けなかった。結局、いまもインターネット上のどこかに、その動画は残っているはずです」

後悔したり涙を流したりしているお客さんをたくさん見てきたからこそ、目の前のひとがそういう未来を生きることがないように、はっきりとアドバイスしたのだろう。

ただ、アドバイスをもらったひとは、みんな、それに従うのだろうか?

「いやあ、そうでもないです。その子も『やっぱりお金がないから』ってAVの事務所に連絡してみたらしいです。ただ、AV業界も撮影は自粛していて仕事がないって言われたそうで。ほかにも、まあ……みんな最後はやりたいようにやりますね(笑)」

中沢さんはそう言ってから付け加えた。

「べつにいいんですよ、それは。なにか助言したからってそれに従わなければいけないという義理はないんですから」

コロナ禍で仕事を失ったキャバクラ嬢

2020年、新型コロナウイルスが流行し、緊急事態宣言が出たときも、中沢さんは店を開けていた。もちろんお客さんの数は少なくなったが、「コロナ以前」と同じようにカウンターに立ちつづけた。

その最中、亡くなってしまった女性がひとり、いる。死因は、コロナではない。自死だ。ニュクス薬局によく顔を出していたひとだった。

その女性はもともと専門学校に通っていたものの、人付き合いを苦に感じて途中で退学。その後、性風俗店ではたらきはじめたものの精神的につづかず、キャバクラにうつったのが2020年のはじめのころだった。そのときは、「キャバクラ(こっち)ならがんばれそう」と前向きに語っていた。

ところが、新型コロナウイルスが流行しはじめると、「接待を伴う飲食店」であるキャバクラは休業を余儀なくされた。売上も、もちろん収入もほとんどゼロ。彼女はもう一度、収入を得るために、性風俗店に戻っていった。

しかし悪いことに、そのタイミングで緊急事態宣言が発令された。完全なる「ステイホーム」ムード。性風俗も、仕事がほとんどなくなってしまった。

常連だった彼女は、その前後、何度かニュクス薬局にやってきた。中沢さんも、生活保護の話もしたし、

「何かあったら、いつでもうちにおいでよ」

などと声をかけていた。あるとき

「そんなに困っているんだったら、家族とか親に相談してみたら」

と話したら、

「いや、親が……」

と暗い顔をする。過去に親から虐待を受けていたという。「だれも頼れない」と、以前言っていたのはそういうことだったのか。

話を聴いてもらえる相手は、もう中沢さんしかいなかったのだろう。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  2. 2

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  3. 3

    コロナ禍で迷惑行為をするのは一部の人たち JR北海道も列車内での飲酒の自粛を呼び掛けよ

    猪野 亨

    08月04日 08:35

  4. 4

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  5. 5

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  6. 6

    「横浜独立」で神奈川県は困らないの?-県と市はよきライバルに

    松沢しげふみ | 参議院議員(神奈川県選挙区)MATSUZAWA Shigefumi

    08月04日 08:36

  7. 7

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  8. 8

    2020年に米国人平均寿命は03年以来の低水準、日本は逆に最長のワケ

    My Big Apple NY

    08月03日 22:17

  9. 9

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  10. 10

    強豪スペインと渡り合ったサッカー日本代表 最後まで希望を失わない全員攻撃に感動

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    08月04日 08:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。