記事
  • ロイター
  • 2021年06月25日 16:10 (配信日時 06月25日 16:06)

クレディ・スイス、事業再編検討 UBSと合併も視野=関係筋


[チューリヒ 25日 ロイター] - 複数の関係筋によると、スイスの金融大手クレディ・スイスの経営陣は、一連の不祥事を受けて、事業再編の検討を迫られている。同国の金融大手UBSとの合併を検討する可能性もあるという。

クレディ・スイスの経営陣は、米投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントと英グリーンシル・キャピタルを巡る不祥事を受けて、投資家から事業分割を求める声が出るのではないかと懸念。株価も下落しているため、海外企業から敵対的買収を仕掛けられるとの懸念も浮上している。

関係筋によると、経営陣は来週会合を開く予定。7月初旬に事業再編策を検討することを望んでいるという。

同社の株価は、グリーンシルの問題が発覚した3月初旬以降、25%以上値下がりしている。

ある関係筋は「クレディ・スイスには直ちに合併が必要だ。このまま手をこまねいていれば、アクティビスト投資家の標的になるとの懸念が強まっている」と述べた。

一部の幹部は、国内部門をスピンオフ(分離・独立)して、残りの事業を他社と統合することや、投資銀行部門の縮小、資産運用部門の売却などについて協議。米投資銀行部門の売却も選択肢に入っているという。

事業再編に関する経営陣の協議は予備的なもので、協議は進められているものの最終決定には至っていない。

クレディ・スイスとUBSはコメントを控えている。

スイスの銀行は、守秘義務を巡って米政府から圧力を受けた経緯があり、米金融機関による買収はスイスでは受け入れにくいとみられている。関係筋は、UBSとの合併のほうが受け入れやすいと指摘する。

ただ、両行が合併すれば、国内市場で圧倒的なシェアを握ることになり、規制当局が懸念を示す可能性がある。関係筋によると、競争上の懸念に対応するため、クレディ・スイスが国内部門を分離する可能性もある。

両行が合併すれば、従業員は11万人以上、時価総額は850億ドルを超える。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  2. 2

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  3. 3

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  4. 4

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  5. 5

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  6. 6

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  7. 7

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  8. 8

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  9. 9

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  10. 10

    五輪開会式 深夜の子ども出演が波紋…橋本聖子が4日前に任命

    女性自身

    07月25日 08:51

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。