記事

「99点は0点と同じ」大坂なおみ、深田恭子…頑張る人ほど自分を潰す"危うい思考癖"

2/2

100点でなければ許せない、だから99点でも0点と同じ

「かくあるべし思考」「完全主義」の思考パターンに「2分割思考」が加わると、さらにうつ病になりやすくなるとされている。

2分割思考というのは、味方でなければ敵、正義でなければ悪、というふうに物事に中間を認めず、2つにすっぱり分けてしまう思考パターンだ。

この場合、たとえば味方と思っていた人が、ちょっと自分の批判をしただけで、敵になったと思ってしまう。100%味方なのが80%になったとは考えない。

ブルズアイに的中したダーツの矢※写真はイメージです - 写真=iStock.com/AZemdega

だからうつになりやすいわけだが、それ以上に完全主義者が2分割思考も併せ持っている場合、100点でなければ許せないわけだから、99点でも0点と同じように感じてしまう。

これはものすごいプレッシャーになるし、うつになりやすいのは言うまでもない。

私は医療の傍ら、長年大学受験の指導をしているが、満点主義より合格点主義(合格最低点を取ることが目標)にしたほうが不思議と合格の確率も高まり、受験の際のプレッシャーも緩和でき実力を発揮しやすい。

わが国の最難関・東京大学の理科3類(医学部)の場合、大学共通テストのあとの個別(2次)試験は難しい問題が多いとはいえ、440点満点中290点(正解率約66%)とさほど高得点でなくても合格できる。

「まあいいや」と肩の力を抜いたほうがストレス耐性が高まる

私の見立てでは、受験勉強であれ、スポーツの世界であれ、ある時期までは完全主義を自らに課したほうが伸びる。だから、どの世界でもエリートの多くは完全主義者であり、「かくあるべし思考」が強い人が多い。

しかし、相対的に重い責任を負う仕事をしたり、実力レベルの高い世界に所属したりする人ほど、大坂さんや深田さんのように壁にぶち当たることが多い。その際、壁を乗り超えようと試みるのは立派なことだ。しかし現実問題としては、自分の能力の限界を自覚して、「これだけできているから、まあいいや」と肩の力を抜いたほうがストレスに対する耐性は強くなる。

そのほか、いろいろな決めつけや思い込みを持っていると、感じるストレスはより強まり、うつにもなりやすくなる。

「会社をクビになったら人生終わり」「この仕事ができなかったら自分はもうチャンスがない」などと決めつけていると、仕事のプレッシャーはどうしても高いものになる。

「会社をクビになっても、ほかに生きる道があるはず」「この仕事ができなくてもクビになるわけでない」……そうやって気楽にかまえたほうがうつにはなりにくい。

「人に頼ってはダメ」「人に泣きつけない」思考パターンは危うい

もう一つ、うつになりやすい思考パターンに、「人に頼ってはダメ」「人に泣きつけない」というものがある。

『VOGUE JAPAN』2021年8搈号
『VOGUE JAPAN』2021年8月号

ストレスに強い人間というのは、実は、素直に人に頼り、人に泣きつける人間である。与えられた仕事は自分には荷は重すぎて、どれだけ残業すればいいかわからない状況になったとき、「ちょっと僕には能力の限界だから」と、素直に人に助けを求めたり、泣きつけたりする人間であれば、少なくともつぶれることはない。

そこで人に頼ることで難局を乗り切った経験があれば、次からも素直に人に頼れるし、いろいろなストレス状況下でも生き残っていける。

ところが、人に頼るなんて情けない、どうせ誰も助けてくれない、という不適応な思考をもっていると、個人の限界を超えた仕事で、心がつぶれてしまうということがままある。

和田秀樹『ストレスの9割は「脳の錯覚」』(青春新書INTELLIGENCE)
和田秀樹『ストレスの9割は「脳の錯覚」』(青春新書INTELLIGENCE)

大坂さんや、深田さんがその手の思考パターンにいたかどうかは、本人の診察をしたわけではないからわからない。

ただ、そうしたメンタリティーだったとすれば、周囲の期待が大きくなればなるほど、精神的なストレスは大きなものになるだろうし、うつ病や適応障害になったとしても不思議ではない。

少なくとも読者の皆さんは、この手の思考パターンに当てはまっていないか自問してそこから抜け出すことが精神的なサバイバルに役立つことは知っておいて損はない。

以上のような不適応思考とその対応法をまとめた『ストレスの9割は「脳の錯覚」』(青春新書INTELLIGENCE)という本を出したので、参考にしていただければ幸いである。

----------
和田 秀樹(わだ・ひでき)
国際医療福祉大学大学院教授
アンチエイジングとエグゼクティブカウンセリングに特化した「和田秀樹 こころと体のクリニック」院長。1960年6月7日生まれ。東京大学医学部卒業。『受験は要領』(現在はPHPで文庫化)や『公立・私立中堅校から東大に入る本』(大和書房)ほか著書多数。
----------

(国際医療福祉大学大学院教授 和田 秀樹)

あわせて読みたい

「ストレス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    混雑する観光地、お休み中の飲食店…「国民の祝日」が多すぎることのデメリットを痛感

    内藤忍

    09月21日 11:56

  2. 2

    引きずり下ろされた菅首相の逆襲が始まる「河野内閣」で官房長官で復活説も

    NEWSポストセブン

    09月21日 08:42

  3. 3

    順当トップ交代人事では払拭できぬ三菱電機の"悪玉"企業風土とは

    大関暁夫

    09月21日 12:37

  4. 4

    「政高党低は悪?」 報ステは自民党批判ありきではないか?

    和田政宗

    09月21日 22:55

  5. 5

    「感染ゼロではなく、重症化ゼロを目指す。医療と経済は両立できる」現場医師の提案

    中村ゆきつぐ

    09月21日 08:28

  6. 6

    三菱UFJが傘下の米銀80億ドルで売却、USバンコープと提携模索

    ロイター

    09月21日 20:06

  7. 7

    全国フェミニスト議員連盟の釈明は、明らかに虚偽を含み極めて不誠実である

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月20日 16:58

  8. 8

    中国恒大デフォルト懸念広がる、影響の大きさなお不透明

    ロイター

    09月22日 09:00

  9. 9

    連休明けに大幅下げの株式市場 実体経済からかけ離れた金融バブルは破裂すべき

    澤上篤人

    09月21日 15:32

  10. 10

    賃上げ・労働分配率向上策は、河野氏の法人税減税よりも高市氏の人材育成投資が有効

    赤池 まさあき

    09月22日 09:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。