記事

自己改革できない日本

日本では、なにかにつけて利害調整が絡んできて、確固たる新しい方向性をなかなか出せない。

そしてそのまま、先延ばしでお茶を濁してしまうことが多々ある。 結果として、国益や国民の生活に大きなマイナスをもたらしている。

その典型は、いつも書いている原発問題だ。 福島原発事故から10年が経ったが、その間に国は一体なにをしてきたのだろう?

ひたすら原発の再稼働に向けての安全性確認に終始し、稼働年数を40年から60年に延ばしただけではないか。

その間に、ドイツはもちろんのこと米国や中国でも、風力発電が驚異的なスピードで普及していった。

その関連事業は巨大な産業に育っていったが、日本のメーカーは逆に脱落していっている。

かつて世界の過半を握っていた太陽光発電と同様に、新しい産業を手放してしまったわけだ。

また原発でさえ、より小型で冷却問題にそれほど悩まない新しい原発も、米国では普及の段階に入ろうとしている。

要するに、日本は何もしてこなかった。 原発をどう位置付けていくのかの、国民的な議論もしないままだ。

その横で、代替エネルギーや温暖化防止策の分野では、各国からは大きく引き離されてしまった。

その挙句に、日本が世界をリードしてきた超高々度臨界型の石炭火力発電技術も、脱炭素でお蔵入りになろうとしている。

世界の流れから、あれもこれもという感じで置いてきぼりを食らっているのだ。

もっとも、中央官庁などは世界の流れに鈍感どころか、多くの新しい情報をつかんでいるはず。

ところが、政治の世界では既得権益層との利害調整やらが前面に出てきて、なにも決められないままなのだ。

そういった日本が変わるには、もう利害調整とか言ってはいられないような、非常事態を待つしかないのか。

いわゆる、ガラガラポン状態だ。それこそ、経済や社会が大混乱に陥ってしまう。

そうなると、個々の経済主体が自分の生き残りに必死となり、放っておいても生命力のあるところが浮上してくる。

このあたり、今後いろいろな角度から書いていこうと思う。

あわせて読みたい

「エネルギー問題」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  2. 2

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  3. 3

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

  4. 4

    五輪の「祝賀モード」は選挙で政権に有利になるのか?減り続ける菅総理のポスターと自民党の焦り

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月01日 11:04

  5. 5

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  6. 6

    資格と能力は違う?資格や履歴書が充実していても使えない人材多い日本

    ヒロ

    08月01日 11:28

  7. 7

    こういう五輪中止の可能性

    krmmk3

    08月01日 15:19

  8. 8

    横浜市長選に立憲民主党等が擁立する候補予定者の適格性が問題視されるという異常な事態

    早川忠孝

    08月01日 22:01

  9. 9

    次の総選挙結果は「与野党伯仲」ー〝真夏の白昼夢〟を見た/8-1

    赤松正雄

    08月01日 08:31

  10. 10

    「400店舗から27店舗に」"絶滅危惧種"だったドムドムを黒字化した"元専業主婦社長"の実力

    PRESIDENT Online

    08月01日 10:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。