記事

池袋暴走死傷事故・飯塚被告の“記憶違い”の写真  

松永さん一家の幸せな日の思い出。犠牲になってしまった妻・真菜さんと長女・莉子ちゃんと春のお花見。(松永さん提供)

 ここに4点の写真がある。春のお花見、夏祭り、秋の紅葉狩り、冬の温泉旅行――親子3人の笑顔があふれる。

【写真】飯塚被告が“記憶違い”していた写真

 これは、2019年4月19日に起きた池袋暴走死傷事故(高齢者が運転する車が次々と通行人をはね2人が死亡、9人が重軽傷)で命を奪われた松永真菜さん(当時31才)と莉子ちゃん(当時3才)、そして遺族となった松永拓也さん(34)の幸せな日々に撮影した家族写真だ。

 6月21日、初めて遺族である松永拓也さんが被告人質問に臨み、運転していた旧通商産業省工業技術院元院長・飯塚幸三被告(90)=自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われ公判中=と法廷でこのようなやりとりをする場面があった。

<松永さん> 亡くなった私の妻と娘の名前を言えますか。

<飯塚被告> まなさんとりこさんです。

<松永さん> 漢字で書くとどういう字ですか。

<飯塚被告> 「真」という字に、記憶は定かではないが、菜の花の「菜」。りこさんは難しい字なので書いてみることができない。申し訳ありません。

<松永さん> あなたは裁判の中で、一度も妻と娘の名前を言っていないのですが、理由は何ですか?

<飯塚被告> 今までそういう機会がなかったと思っております。

<松永さん> 証拠の中に生前の妻と娘の写真が複数枚ありますが見ていますか?(=編集部註・冒頭の4点を含む写真)

<飯塚被告> はい、拝見しました。

<松永さん> どんな写真でしたか?

<飯塚被告> 家族でご一緒の楽しそうな写真だったと思います。

<松永さん> 具体的には?

<飯塚被告> 例えば、クリスマスの時にお菓子を片手にとっていた写真があったような。

<松永さん> その写真を見てどう思いましたか?

<飯塚被告> かわいい方を亡くしてしまって、ほんとうに申し訳ないと思っています。

<松永さん> 他に覚えている写真はありませんか?

<飯塚被告> はい、3人で撮られた遊園地だかプールだったか覚えていませんが、楽しそうな写真を拝見したと思っています。

 この日の第8回裁判を終えて、松永さんはこう語った。

「命を奪った人間の名前が難しいんですか。証拠として提出した写真にクリスマスのものも遊園地のものもありません。写真に番号を貼り、その番号に写真の詳細を書いて提出したので、しっかり見ていれば間違えようがないです。残念ながら、彼の、命に対する認識はその程度だったということです」

 松永さんは、裁判で被告がどんな答えを返してきても取り乱さずに聞くべきことを聞けるよう、弁護団と何度もシミュレーションし練習したという。しかし被告の回答は、悲しくも予想通り、まったく納得のいくものではなかった。

「この2年どう過ごしてきたかという質問にも、自分の持病やリハビリが辛かったことなど話し始めてしまう。本当に自分中心にしかものごとを考えられない人なんだなと感じました。よく言えたと思います。その言葉で遺族が辛い思いをすることも想像ができないんです」。怒りに震えながらも、松永さんは取り乱すことなく、冷静だ。

 これまでの裁判で、事故車の電気系統に問題はなかったこと、被告がブレーキペダルを踏んだ形跡がないこともわかっている。証拠として提出されたドライブレコーターの内容と、被告の証言に異なる部分が複数ある。その上で、被告は一貫して「車の故障だ」として無罪を主張しているのだ。

「私は今まで、法律上の加害者の権利も、彼の主張も最大限尊重してきました。だからなるべく暴言を吐かないようにしてきたし、汚い言葉も使わないようにしてきました。でもこれほどあちらが私たちの心を踏みにじり続けるなら、話は別です。あの人は2年間何も変わらなかった。きっともう変わらないでしょう。前の晩、裁判が終わってもきっと虚しくなるだろうと思っていましたが、案の定虚しかった。この気持ちは拭えません。

 証拠と向きあって、真摯に罪を認めてくれていたら、今の心情は違っていたと思います。本当は憤りを感じたくないし、軽蔑もしたくない。真菜と莉子が愛してくれていた当時の僕のように、穏やかでいたい。でもあの人の言動がそれを許してくれないんです」(松永さん)

 裁判にはいつも、真菜さんの結婚指輪と婚約指輪をペンダントにして身につけ、心を鎮めるように手を当てて臨んでいる。松永さん一家は2020年には、沖縄に家族で移住する予定だったという。「中古で小さな家でもいいから海の近くに家族3人で住んで・・・ほんとうだったら今ごろはそんな生活をしていたはずなのに」(松永さん)

 6月21日の裁判終了後、飯塚被告が運転していたハイブリッド車「プリウス」を生産するトヨタ自動車が初めてこの事件について異例ともいえるコメントを出し、「本件の被告人が、裁判の中で、本件の車両に技術的な欠陥があると主張されていますが、当局要請に基づく調査協力の結果、車両に異常や技術的な問題は認められませんでした」と発表した。

「当事者として、罪を償っていただきたい。でもほんとうに大事なのは、こういう事故が二度と起きないことです。事故が起きる可能性は誰にでもあるんです。交通事故そのものも悲惨ですし、加害者を目の前にして行う裁判も苦しく悲しいものです。それを全部含めてが事故。こんな思いをもう誰にもしてほしくないけれど、誰にも起こってしまうかもしれない。苦しみを知る自分だから、交通事故をなくすための活動をしていきます」(松永さん)

 裁判当日、密を防ぐため22枚だけの配布だった傍聴席の抽選には長蛇の列ができていた。普段は人の行き来もまばらな裁判所の入り口から交差点にまで、強い陽差しの下、人の波が続く。学生風の若者から杖をついた初老の男女、スーツ姿の会社員、主婦らしきかたまで、老若男女さまざまな人たちが抽選券代わりのリストバンドを受け取っていく光景は、世間の注目度の高さをうかがわせる。

 この事故をきっかけに、免許を自主返納する人が急増したり(2019年は60万1022人と前年比17万9832人増)、安全運転への意識、行政の対策への関心など、あらゆる意味で問題を投げかけた。被告には悲痛な思いは届かないかもしれないが、真菜さん、莉子ちゃんの命は確実に他の命へとつながっている。被告人質問を終えて家に帰り、松永さんは真菜さんと莉子ちゃんにこう報告した。

「つらいし虚しいけれど、心配しないでね。ふたりはどうか安らかに。裁判も、交通事故撲滅のための活動も、やれることは全てやるよ」

あわせて読みたい

「交通事故」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  4. 4

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  5. 5

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  6. 6

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  7. 7

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  8. 8

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  9. 9

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  10. 10

    中間層や無党派層の動きが読めない横浜市長選 日本の政治状況が急展開か

    早川忠孝

    07月24日 18:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。