記事

自粛を守る飲食店主が「闇営業しないなんてコロナ脳」と中傷される複雑な事態

闇営業しないことを責められるようになるとは思ってもいなかった(イメージ)

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を防ぐために、飲食店は大声で談笑しやすくなる種類の提供を止めたり、営業時間を短くするよう求められてきた。それに逆らって深夜まで営業し酒を提供することは「闇営業」と咎め立てされたものだが、東京都の休業命令に反論する飲食店チェーンが現れるなど、飲食業界内部で捉え方に変化が出てきている。緊急事態宣言が終了しても「飲酒は19時、2人まで」など制限の要請は続く見込みだが、今後はどう受け止められるのか。ライターの森鷹久氏が、「闇営業」をめぐる奇妙な圧力についてレポートする。

【写真】酒類提供は19時、2人、90分までが新基準

 * * *

 新型コロナウイルス感染者数が全国的に減少傾向にある中、緊急事態宣言発令下の地域でも、行政の要請に従わない形で「闇営業」に踏み切る飲食店が増えた。その事実はこれまで何度も報じられてきたが、飲食店の実情を聞くと、反発から闇営業というだけでは語りきれない様子が見えてきた。ここにきて、予想外の「外圧」に悩む飲食店関係者が現れ始めたのである。

「私はきちっと政府や都の指導に従っているだけ。感染者をこれ以上出さない、ということが一番重要なはずでしょう?」

 東京都内で複数の居酒屋経営する森永祐作さん(仮名・40代)は、コロナ禍以降、経営状態が逼迫するなか、「自分の店で感染者を出したくない」という強い思いから、時短営業や休業を受け入れてきた。しかし、2020年秋頃には、自身の店の近隣店舗が闇営業を再開。多くの客が訪れているのを見て、固い意思が揺らぎそうになったこともあったが、今日まで「闇営業」と後ろ指を刺されるようなことは一切やっていないと胸を張る。

 しかし、周囲の複数の店が闇営業を始めた2021年5月以降、飲食店経営者仲間から驚くべき暴言を吐かれたと訴える。

「お前『コロナ脳』か、と闇営業している飲食店仲間から揶揄されるようになりました。彼らの中には感染者数が減ったことや、闇営業をしていても客から感染者がほとんど出ていない、という自信があるようで、休業や時短営業を継続している店主が気に食わないのです」(森永さん)

 ある旧知の飲食店店主などは、SNS上で森永さんのような自粛組を「いまだに政府の嘘を信じるバカ」と名指しで中傷。そこに寄せられた同業者のコメントには「コロナは風邪」といった書き込みもあり、主張の違いはあっても同業の仲間だという思いも裏切られ、もはや誰を信じていいかわからないほど人間不信に陥っているという。

 少し前までは「自粛すべし」という世論からの圧力だったのが、今では「闇営業をすべし」という同業者からの圧力に変わっている、ということのようだが、圧力は「外圧」だけではない。

「まるまる一年半、時短営業や休業ばかりで店の売り上げは平時の3割程度。それでも、社会に背を向けるようなことだけはやりたくないという思いでやってきたんです」

 千葉県内で居酒屋を経営する高田昭一さん(仮名・50代)は、最近になって近隣店舗が「闇営業」に踏み切っても、頑なにアルコール提供の自粛や時短営業を守ってきた。では、やはり同業者からの嫌味や圧力があったのか、と聞くと、圧力をかけてきたのは、高田さんが愛する家族からだった。

「感染が怖いとあれだけ言っていた妻が、もう闇営業するしかないでしょうと泣いて訴えてきました。確かに貯金も底をつき、補償金や協力金は従業員にも回して、それも底をつきます。客足だって、他店に遅れをとっていれば確実に離れてしまう。一応、自分なりの美学があってなんとか踏みとどまってきましたが、最後は娘や息子まで出てきて『親父、闇でもなんでもいいから店をやって』と言われてしまった」(高田さん)

 何よりも大切な家族を守るため、時短営業や休業を受け入れてきたはずなのだが、当の家族が「闇営業」を懇願してくるのだからたまらない。

「闇営業をするなら、その期間は家に帰らないと決めました。もちろん従業員やバイトさんだって、(アルコール提供をすることでの)感染の危険性が高いと言われる以上、お店にきてもらうわけにはいかない。現在は仕込みや接客までを家族でだけでやって、私は店の近くのビジネスホテルやカプセルホテルで寝泊まりする日々です。これがいいことなのか悪いことなのか、家族の顔を見るとわからなくなってきました」(高田さん)

 日本だけでなく世界中の人たちがこのコロナ禍を通じて「何が正しいのかわからない」という思いを抱いていることだろう。その時々の世論や空気感によって、正しいのか間違っているのかもわからない「決定」がなされ、市民も国民もそれに追従するしかなく、少なからず「自分の頭で考えた」人々の行動は、それに反対する勢力によって晒しあげられる。

 コロナはワクチンである程度は対処する道が見えてくるかもしれないが、こうした負の空気を浄化することはない。皆が生きづらさを感じる重苦しい空気は、コロナ後の世界にも存在し続けるに違いないだろう。

あわせて読みたい

「飲食業界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ユニクロ=格好いい」ブランドに 英国ファッション業界で広がる人気

    小林恭子

    09月28日 11:51

  2. 2

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  3. 3

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  4. 4

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  5. 5

    オンライン授業でレポートの精度が向上 大学准教授が推測する背景とは

    BLOGOS編集部

    09月28日 11:06

  6. 6

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  7. 7

    またしても繰り返される新型コロナにまつわる様々な怪現象。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月28日 10:58

  8. 8

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  9. 9

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  10. 10

    SDG's がもたらす物価高 先進国でもエネルギー価格が高騰するリスク

    ヒロ

    09月28日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。