記事

「夜8時から朝9時まで」新宿・歌舞伎町の"深夜薬局"で一番売れるクスリ

2/2

多忙なビジネスパーソンも頼りにする「街の薬屋」

……とはいえ、ニュクス薬局は、「夜の仕事に携わるひと」専門の店というわけではもちろんない。立派な調剤薬局であり、街の薬屋だ。

医者から渡された処方箋を持って残業帰りに立ち寄る多忙なビジネスパーソンもいれば、他の薬局が寝静まった深夜に

「突然、具合が悪くなったんです。なにかいい薬はありませんか」

と顔をゆがませて駆け込んでくるひともいる。

「明日手術を控えているのに、飲むべき薬をもらい損ねてしまった!」

と滑り込んできたひともいた。

水商売の従業員など、ふつうの薬局が開いている時間には活動していないひとはもちろん、昼間は仕事が忙しく病院や薬局などに行く時間がとれないひとや急な体調不良に陥ったひとたちが、助けを求めてドアをくぐる。「それこそ、いろんな街から来られますよ。起きている時間帯に開いている薬局やドラッグストアがなかったり、開いていても、薬剤師や登録販売者がいなかったりしますから」

「第一類医薬品」が深夜でも買える

「登録販売者」とは「医薬品登録販売者」のことで、2009年に誕生した新しい資格だ。ニュクス薬局の開局は2014年で、当時はまだこの資格保持者が少なかった。だから、夜間にドラッグストアが開いていても薬は買えないことも多く、ちょっとした市販薬がほしいときでも遠方の街からわざわざニュクス薬局まで買いに来るケースも多々あったのだそう。

ただし、たとえば解熱鎮痛剤の「ロキソニン」や発毛剤の「リアップ」などの第1類医薬品は、登録販売者には扱えない。中沢さんのように薬剤師の資格を持つ人間がいなければ、売れないことになっている。

ちなみに、ニュクス薬局では膣カンジダの薬「エンペシド」も扱っていて、これも第1類にあたる。歌舞伎町近辺ではここでしか手に入らない。

「とてもよく売れますね」

家族にも言えない話を「ただ話に来る」女性たち

しかし、それだけではない。

「お客さんというか、ただ話をしにくるだけの女性も、とても多いんですよ」

と中沢さんは強調する。

「久しぶり〜」

「彼氏と別れたんだけど」

「仕事に行くの、だるいわ」

といった個人的な話をして帰っていく。薬を買いに来たついでに話し込むということもあるけれど、処方箋も持たず、市販薬もドリンクも買わず、ただ雑談をして帰っていくなんてこともしばしばある。

「彼氏に捨てられた」

「親とうまくいっていない」

「借金つくっちゃった」

「お客さんの子どもを妊娠しちゃった」

あるときには泣きながら、家族にも言えないような話をそっと漏らしていくこともある。そして、中沢さんはどんなときでも、それをひたすら「聴く」。

言うまでもないことだが、「薬剤師に話を聴いてもらう」と書かれた処方箋はない。どんなに一生懸命に話を聴いたとしても、利益が上がるわけではない。そういう意味からすれば、「聴くこと」は薬剤師の仕事ではない。収入にはならないし、むしろお客さんの回転率は下がる。経営という視点からすれば好ましいことではないだろう。

けれど、中沢さんは言う。

「お客さんの話を聴くことも、薬剤師としてあたりまえのことですから」

体調が悪くて苦しんでいるひとに薬を出すのと同じで、それによって元気になるひとがいるなら、いくらでも話を聴く。恋人への愚痴も、壮絶なカミングアウトも、なんだって「聴く」。

そして、来たときよりも明るい顔になったのを見届けて、再び「夜の街」へと送り出すのだ。

「ただ、話を聴くだけです」

ニュクス薬局には、今日もなにかしら、「困りごとを抱えたひと」がやってくる。

まず、薬局だから当然、身体の調子がすぐれないひとが駆け込んでくる。

「処方箋の薬、お願いします」

「こういう症状があるんだけど、病院に行ったほうがいいですか?」

「風邪っぽいんですけど、市販薬ください」

「二日酔いしんどいよ、いいドリンクないかな~」

そして、こころの調子がすぐれないひとも、駆け込んでくる。

「なんかちょっとしんどくて」

「困ったことになっちゃった」

「じつはこんなことがあってさあ~」

けれど中沢さんは、そのふたつを分けて考えることはない。なぜなら、心身のどちらかだけ元気で健康、などはありえないから。

福田智弘『深夜薬局』(小学館集英社プロダクション)
福田智弘『深夜薬局』(小学館集英社プロダクション)

「たとえば風邪をひいて高熱が出たら、きついとか苦しいだけじゃなく、不安になりますよね。それで人恋しくなったりするでしょう? こころと身体はセットなんです」

歌舞伎町。この不夜城ではたらくひとたちの中には、職業柄メンタルバランスを崩しやすく、不眠やうつ症状を訴えるひとがかなりいる。それは開局前から、中沢さんはある程度予測していた。

「だって性風俗って、若い女の子が好きでもないおじさんの相手をしたりするわけですよね? たとえ望んではじめたとしても、病んじゃってもおかしくない。キャバクラだってめんどくさい客はいるし、ストレスはかかりますよ。私だって酔っ払い、イヤですもん」

では曇った表情をしてドアをくぐってきたひとに、中沢さんはどう応対するのだろうか。薬剤師ではあるけれど、精神科医でもなければカウンセラーでもない。こころの専門家ではないのだ。

「特別になにをするってわけじゃなくて」と中沢さんは言う。

「ただ、話を聴くだけです」

(後編に続く)

----------

福田 智弘(ふくだ・ともひろ)

歴史・文学研究家 作家

1965年埼玉県生まれ。東京都立大学卒。歴史、文学関連を中心に執筆活動を行っている。おもな著書に『ビジネスに使える「文学の言葉」』(ダイヤモンド社)、『世界が驚いたニッポンの芸術 浮世絵の謎』(実業之日本社)、『よくわかる! 江戸時代の暮らし』(辰巳出版)などがある。

----------

(歴史・文学研究家 作家 福田 智弘)

あわせて読みたい

「歌舞伎町」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ユニクロ=格好いい」ブランドに 英国ファッション業界で広がる人気

    小林恭子

    09月28日 11:51

  2. 2

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  3. 3

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  4. 4

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  5. 5

    オンライン授業でレポートの精度が向上 大学准教授が推測する背景とは

    BLOGOS編集部

    09月28日 11:06

  6. 6

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  7. 7

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  8. 8

    またしても繰り返される新型コロナにまつわる様々な怪現象。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月28日 10:58

  9. 9

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  10. 10

    SDG's がもたらす物価高 先進国でもエネルギー価格が高騰するリスク

    ヒロ

    09月28日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。