記事
  • ロイター
  • 2021年06月24日 12:50 (配信日時 06月24日 12:46)

午前の日経平均は小反発、円安と米株先物高が支え


[東京 24日 ロイター] - 24日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比45円23銭高の2万8920円12銭となり、小幅に反発した。オーバーナイトの米国株式市場がまちまちとなり手掛かり材料に欠ける中、時間外取引での米株先物やドル/円が111円近辺と円安基調で推移したことが追い風となった。

23日の米国株式市場では、ナスダック総合指数が再び最高値を付けた一方、S&P総合500種は下落。大型グロース株が引き続き買われた。

日経平均は軟化したシカゴ日経平均先物にサヤ寄せする形で小幅安でスタート。その後は時間外取引での米株先物や為替の円安が支えとなり、プラス転換した。

市場では「全体的な基調は強いものの、FRB(米連邦準備理事会)の金融政策などまだ消化しきれていない材料があり、上値を追いづらい。手掛かり難の中、為替や米株先物が判断材料となっている」(国内証券)との声が聞かれた。

TOPIXも小幅に反発し0.07%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は9727億1500万円と1兆円を下回った。東証33業種では、鉱業、非鉄金属、鉄鋼などの19業種が値上がり。半面、その他金融業、不動産業、空運業 14業種は値下がりした。

個別では、ソフトバンクグループが反発し前営業日比3.06%。株主総会で孫会長が自社株買いも検討課題と語ったことが引き続き材料視されているほか、一部の外資系証券が「AI時代の主砲への期待を再び織り込む局面」と指摘したことも注目された。

エーザイは3.98%高、エムスリー、ホンダ、セコムもしっかり。アドバンテスト、ダイキン工業、ファナック、第一三共はさえなかった。

東証1部の騰落数は、値上がりが1107銘柄、値下がりが943銘柄、変わらずが140銘柄だった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  3. 3

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  4. 4

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  5. 5

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  6. 6

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  7. 7

    次の総選挙結果は「与野党伯仲」ー〝真夏の白昼夢〟を見た/8-1

    赤松正雄

    08月01日 08:31

  8. 8

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  9. 9

    ゆうちょ銀行 東証の新区分プライム市場に不合格 上場株式は量よりも質の時代へ

    川北英隆

    07月31日 09:49

  10. 10

    「彼らを誇りに思う」アイリスオーヤマ会長が感激した"クビ覚悟"という社員の行動

    PRESIDENT Online

    07月31日 14:54

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。