記事
  • ロイター
  • 2021年06月24日 12:50 (配信日時 06月24日 12:46)

午前の日経平均は小反発、円安と米株先物高が支え


[東京 24日 ロイター] - 24日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比45円23銭高の2万8920円12銭となり、小幅に反発した。オーバーナイトの米国株式市場がまちまちとなり手掛かり材料に欠ける中、時間外取引での米株先物やドル/円が111円近辺と円安基調で推移したことが追い風となった。

23日の米国株式市場では、ナスダック総合指数が再び最高値を付けた一方、S&P総合500種は下落。大型グロース株が引き続き買われた。

日経平均は軟化したシカゴ日経平均先物にサヤ寄せする形で小幅安でスタート。その後は時間外取引での米株先物や為替の円安が支えとなり、プラス転換した。

市場では「全体的な基調は強いものの、FRB(米連邦準備理事会)の金融政策などまだ消化しきれていない材料があり、上値を追いづらい。手掛かり難の中、為替や米株先物が判断材料となっている」(国内証券)との声が聞かれた。

TOPIXも小幅に反発し0.07%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は9727億1500万円と1兆円を下回った。東証33業種では、鉱業、非鉄金属、鉄鋼などの19業種が値上がり。半面、その他金融業、不動産業、空運業 14業種は値下がりした。

個別では、ソフトバンクグループが反発し前営業日比3.06%。株主総会で孫会長が自社株買いも検討課題と語ったことが引き続き材料視されているほか、一部の外資系証券が「AI時代の主砲への期待を再び織り込む局面」と指摘したことも注目された。

エーザイは3.98%高、エムスリー、ホンダ、セコムもしっかり。アドバンテスト、ダイキン工業、ファナック、第一三共はさえなかった。

東証1部の騰落数は、値上がりが1107銘柄、値下がりが943銘柄、変わらずが140銘柄だった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  2. 2

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  3. 3

    レポート2枚? 立憲民主党の「アベノミクス検証」は単なる批判文書

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月25日 09:01

  4. 4

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  5. 5

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  6. 6

    ワクチンで感染を防げぬ時代に 国民が望む対策をとるのが政治家の役目

    中村ゆきつぐ

    09月25日 08:40

  7. 7

    再任してほしい歴代首相ランキング 2位は安倍晋三氏「1番日本が平和だった」

    女性自身

    09月24日 14:23

  8. 8

    【独自】自民党総裁選4人の候補者に政策方針アンケートを実施 消費増税の可能性から夫婦別姓の是非まで

    BLOGOS編集部

    09月24日 18:49

  9. 9

    野党4党の討論会で代表代行の江田憲司氏が登場 枝野氏は野党第一党を死守したいだけか

    早川忠孝

    09月24日 18:13

  10. 10

    「スマホレジ」が変えるコンビニ店舗の風景

    内藤忍

    09月24日 10:29

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。