記事
  • ロイター
  • 2021年06月24日 11:05 (配信日時 06月24日 11:53)

韓国中銀、今年下期のインフレ圧力拡大見込む


[ソウル 24日 ロイター] - 韓国銀行(中央銀行)は24日、新型コロナウイルス危機から景気が回復する中、需要と供給サイドの双方でインフレ圧力が高まっているとの認識を示した。中銀が金融政策の緩和度合いを弱める方向にシフトしているとの見方を裏付けた格好となった。

半年に1回公表するインフレ報告で「急速な景気回復に伴い、需要サイドのインフレ圧力が高まっており、今年下期には2%前後で推移するだろう」と指摘した。

韓国の消費者物価指数(CPI)上昇率は5月に9年ぶり高水準を記録しており、物価上昇圧力の高まりを受けて中銀が予想よりも早期に金融政策の引き締めを余儀なくされる可能性が高まっている。

中銀は5月、今年のインフレ率見通しを従来の1.3%から1.8%に引き上げた。李柱烈総裁は、インフレが加速し、金融面で不均衡が拡大する中、新型コロナウイルス危機を受けて継続してきた緊急的な刺激策の縮小を準備していると述べた。政策金利は市場の予想通り、過去最低の0.50%に据え置いた。

インフレ報告では、買い物や旅行、外食需要が増える中、民間消費の改善が今年下期に消費者物価を押し上げる見込みだとした。

李総裁はそのような物価上昇圧力が今後消滅あるいは継続するか問われ、消費拡大とコモディー価格高が続けば、高インフレが持続する可能性があると応じた。

「とりわけ需要サイドと供給サイドの双方で物価上昇圧力が強まり、経済主体の期待に影響が及ぶ場合、高インフレが持続する可能性について懸念が生じるだろうと警告せざるを得ない」と語った。

中銀は、今後数カ月に原油の国際価格が安定し、需要サイドの物価上昇圧力緩和につながるとの見方も示した。ただ、李総裁は「原油と原材料の価格上昇は将来的にインフレに重大な影響を与え得る」ため、中銀は原油価格の変動に細心の注意を払っていると述べた。

中銀は次回7月15日に政策会合を開く。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ワクチン2回打てば安心」と思い込む高齢者が引き起こす社会の不和

    NEWSポストセブン

    09月19日 19:43

  2. 2

    目に見えないコロナとの戦いには「孫子の兵法」が有効

    自由人

    09月19日 22:49

  3. 3

    敬老の日 自民党総裁選⑺ 年金改革 河野氏提案の最低保障年金導入で消費税大増税???

    赤池 まさあき

    09月20日 08:28

  4. 4

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  5. 5

    <オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』に危惧

    メディアゴン

    09月20日 10:32

  6. 6

    笑い話では済まなかった商標の世界の仁義なき戦い。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月20日 08:37

  7. 7

    潜水艦の契約破棄問題 米仏豪の行方を予想

    ヒロ

    09月20日 10:44

  8. 8

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  9. 9

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

  10. 10

    恒大集団(エバーグランデ)破綻で中国不動産バブル崩壊か

    藤沢数希

    09月19日 09:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。