記事

あそこにエイズの村がある 安田菜津紀

1/2
リンク先を見る

HIV感染者が集められた村

カンボジアの首都プノンペン市、ボレイケーラ地区のスラム街を歩いていたときのことだった。街の人々が指差した先には、緑色の壁にかこまれた一画があった。小さな扉から中に入ってみると、そこには緑色のトタンで作られた長屋があり、ベニヤ板一枚で仕切られた部屋に、HIV感染者を抱える32家族が暮らしていた。彼らは自分の意思でここに移り住んできたのではない。元はこの地区にばらばらに住んでいた家族たちが、2007年、政府によってこの一角に集められたのだ。「夜9時になると、ここの扉を市の役人が閉めに来るんだよ」。村人がつぶやくように教えてくれた。住居の密集したこの地区の中で、この村の存在は少し異質に見えた。

近年開発が進み、首都プノンペンの地価上昇と共にスラム街の強制排除が相次いだ。ボレイケーラ地区は観光相の施設建設のため、住人との交渉が進められていた。近隣に建設された代替住宅への移住が進んでいたが、その住宅のキャパシティと住人の数が明らかに合わなかった。そこで排除されつつあったのが、HIV感染者を抱える家族たちだった。

リンク先を見る
雨季の日課は、朝の魚捕りから始まる

家庭内における悲劇の連鎖

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)とは、人の免疫細胞を破壊するウイルスのことだ。血液や精液から体の中に入り込みウイルスが活性化していくと、本来ならば自分の力で抑えられるはずの病原体などに感染するようになってしまう。このような中でも代表的な疾患を発症した時点で、「エイズ発症」と診断されるのだ。

1997年にその感染率は3%と東南アジアでもっとも高い数字となった。そこにHIVに対する知識の欠如なども重なり、感染した父親から母親へ、そして生まれてくる赤ちゃんへと、家庭の中でも悲劇の連鎖はつづいていった。現在は1%を下回っているものの、その猛威が収まったわけではない。

「ねえ!僕の写真も撮ってよ!」村を初めて訪れたときに、真っ先に駆け寄ってきた小さな少年がいた。12歳になるトーイは、6人兄弟の末っ子。"トーイ"とははクメール語で「小さい」という意味だ。その名の通り、7・8歳の子どもと変わらないほど、体は細く小さい。わがままで甘えん坊、けれどもいつもケラケラと笑っている村一番の元気印は、皆から愛され、目をかけられていた。ある朝村に行くと、トーイがいつになく浮かない顔をしている。その日はお母さんと街に出かける日。「お母さんとお出かけしたくないの?」と何度声をかけても、下を向いて着替えようとしない。

トーイのお父さんは売春宿でHIVに感染、お母さんはお父さんから感染。そして6人兄弟のうちトーイにだけ、母子感染があった。この日は月に1回、街の病院で検診を受ける日だったのだ。母親のシボルさん(37)は「きちんとした診断を受けていたら……」とただただうつむくばかりだった。シボルさんはトーイが体調を崩すまで、トーイの感染だけでなく自分自身の感染にも気が付かなかったのだと言う。

リンク先を見る
病院では殆ど口をきかず、静かに診察を受けるトーイ

カンボジアの歴史的背景から見た感染拡大の原因

ここでカンボジアにHIVの感染が広まった理由を、歴史に触れながら考えたい。

1970年代、この国は戦場となった。当時ベトナム戦争中だったアメリカは、戦況を少しでも有利にしようと、ベトナムの隣国であるカンボジアで自分たちの有利な勢力を支援し、1970年クーデターが起きる。これに対抗してカンボジアを制圧したのが「クメール・ルージュ(カンボジア共産党)」だった。この政権下では、脅威となる者、とくに教師や医師などの知識層が次々と虐殺され、当時はメガネをかけているだけで、殺害の対象となったと言われている。正確な統計は出されていないが、クメール・ルージュが実質支配をつづけた3年8ヶ月で、200万人近い人が殺害されたとも言われている。

カンボジアの友人から以前、「あれだけの悲惨な出来事を知りながら、なぜ世界は助けなかったのですか?」と聞かれたことがある。その言葉通り、当時は日本、そして国連までもが、クメール・ルージュを国家として認めていた。その背景にはクメール・ルージュを支援している中国と友好関係にあった西欧諸国をはじめ、様々な国々の思惑があった。こうして虐殺は黙殺されてしまったのだ。HIVが爆発的に広がった背景には、このような30年にも及ぶ社会的混乱による、近代的な医療システムの欠如などがあげられる。

その後HIVが広がっていった原因は、戦争が終わった後の和平の中にあった。1991年に戦争が終結すると、巨額の援助資金がこの国になだれ込む。クメール・ルージュ時代には通貨を廃止していたこの国に、突然破格の給与を与えられる人々が現れれば、当然社会のバランスは崩れていく。とくにこの時代は性産業が急激に拡がり、性産業従事者はおよそ1万5000人まで増え、自衛隊など外国軍が駐留する国連統治の終了と共に1万人にまで減少したとのデータもある。

村の男性たちはよく「HIVのことを知っていたら、売春宿なんて行かなかったさ」ということを口にする。カンボジア社会では男性が女性を買うことに関してはかなり寛容だ。このような性産業の拡がりと共に、HIVの感染者の数も増えていった。

知識不足や誤った認識がもたらす残酷な現実

リンク先を見る
去年亡くなったサムアートさん(39)。後には幼い女の子が遺された

トーイが感染した原因である母子感染は、母親の薬服用、帝王切開での出産、その後の母乳の遮断など、適切な処置をした場合、感染率を5%まで抑えることができると言われている。しかし何も処置をしない場合、自然感染率は15~45%にも上る(WHO発表)。現在のカンボジアには、医療保険制度が整っておらず、とくに貧困層の母親は、母子検診などに通わず、病院で出産する習慣も根付かない。そのためトーイの母親のように、自分の感染に気付かないまま子どもを生んでしまうケースが後を絶たない。現在HIV新規患者の3分の1が、母子感染によるものとされている。

小さな体で、生まれながらに自分の運命と闘うトーイ。けれども彼が闘わなければならないのは、ウイルスだけではなかった。

HIVは非常に感染力の弱いウイルスだ。人体の中でしか活動することができないため、普段の生活をともにするだけで感染することはない。それでもHIVに対する差別、偏見は根強く、「近寄るとうつる」「卑しい人間がなる病気だ」などの誤った認識が悲劇につながる。例えばトーイがNGOの支援を受けて通っている学校でも、クラスメイトの親たちがトーイから娘、息子を遠ざけてしまう、ということが度々起こってきたそうだ。彼のわがままや甘えは、彼が背負ってきた運命の重さの裏返し、少しずつ傷ついてきた心の表れなのではないか、そう感じずにはいられなかった。

あわせて読みたい

「HIV」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  3. 3

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  5. 5

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  6. 6

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  7. 7

    お金の流通量 調整誤る日本政府

    自由人

  8. 8

    「007」初代ボンドの俳優が死去

    ABEMA TIMES

  9. 9

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  10. 10

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。