記事

子どもを授業でオリパラ観戦させるべきではない

 都内の公立小中学校の児童生徒などを授業としてオリンピック・パラリンピック観戦にいくのは止めてほしいとの意見が広がっている。内容を伺うと、行くべきではないと思わざるをえない。


■約8割りの子どもが観戦

 現在、都内で署名が行われており、小池都知事や都教育長あての署名が集まられている。

 署名用紙には、東京都内の公立・私立の幼稚園、小・中学校、高等学校、特別支援学校の約8割りの子どもたちが観戦に行く計画となっているが、緊急事態宣言が発令されているにもかかわらず、具体的な感染対策がほとんど示されていないこと。現在の変異株は、子どもも感染しやすく、重症化する可能性もこれまでより高いと言われていること。

 ワクチン接種をしていない子どもたちが、密になって移動し大勢の人が集まる競技場で観戦することは、きわめて危険であり、さらに真夏にマスクをして観戦することによる熱中症の危険も危倶されているとしている。

 観戦は授業として行うため、観戦しないと欠席扱いになるという。


■観戦時間は短時間

 現場の小学校の教師に伺うと、競技場でお昼ご飯を食べることができないので、午前中に帰ることになる。朝6時代に駅に集合し、通勤ラッシュのなか大人数で電車移動し、観戦時間が1時間もなく帰ることになり、意味があるのか、と嘆いていた。

 また、バスで移動すればリスクは減るが、組織委が会場への移動を「公共交通機関が原則」としているためできないことにも問題はある。

■辞退が広がる

 観戦すること自体は、思い出にもなることで良いとは思うが、コロナ禍では別判断が必要だ。さらに、実際に観戦する時間と移動時間を考えれば、教室でテレビ観戦したほうがはるかにいいのではないか。
 実際に、授業で観戦することを辞退している例が増えているという。

 観戦による感染リスクもある。現実を考えれば、授業として観戦をすべきではない。武蔵野市をはじめ、各自治体教育委員会の判断が注目される。

【参考】
朝日新聞 小中学生の五輪観戦、辞退次々 電車移動と密回避に不安 (2021年6月12日)

※写真上はイメージ。下は、署名文書

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  4. 4

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  5. 5

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  6. 6

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  7. 7

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  8. 8

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  9. 9

    中間層や無党派層の動きが読めない横浜市長選 日本の政治状況が急展開か

    早川忠孝

    07月24日 18:23

  10. 10

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。