記事

「報連相」にかける時間が莫大に チャットに怯えるビジネスマンたち

チャットアプリ導入で、かえって負担が増えた(イメージ)

 かつて、初めて電子メールが導入されたとき、メールを送ったあとの相手方に「メールを送りました」という電話をかけて確認をさせる職場があった。いま、その習慣を残しているところはないだろうが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大によって急速に導入がすすんだビジネスチャットアプリをめぐって、似たような現象が起きている。一対一のメッセージ、グループチャットや音声通話の機能がまとまっているチームコミュニケーションツールは本来、業務の効率化をすすめ、働きやすくなるはずだった。Slack、Chatwork、Microsoft Teams、Googleトーク、日常的にも利用者が多いLINEのビジネス利用などの導入によって、働く人たちにどんな負担が増したのか、ライターの宮添優氏がレポートする。

【写真】導入すすむチャットアプリ

 * * *

 コロナ禍により「テレワーク」に移行したというサラリーマンたちが今、必要に迫られて使用しているのが「ビジネスチャットアプリ」ではないだろうか。マイクロソフトの「チームズ」や「チャットワーク」、そして「スラック」が代表的なものとしてよく知られている。本来であれば対面や電話でやりとりしていたことも、ほとんど「チャット」を使って行うようになった、という人も少なくないだろう。

「最初は全部チャットでできて便利だ、未来の働き方だと思いました」

 都内在住のPR会社勤務・横田光徳さん(仮名・30代)の職場でも、2020年に一度目の緊急事態宣言が出て以降、1ヶ月のうち4分の3がテレワークに。当初はメールと電話、無料メッセンジャーのLINEを使って業務を進めていたが、しばらくすると、全社員が利用できる有料のツールが提供されるようになった。すると、当初の働きやすさが消えていったのだ。

「管理がしやすい、と上司が大喜びしていたのを見て、嫌な予感はありました。その予感通り、テレワーク中に少しだけ席を離れる時、例えばキッチンに飲み物を取りに行ったりトイレに行くのも全て『要報告』。チャットで上司からメッセージが送られてきて、2分以内に返信がなかったら電話です。なぜ返信しないって。出社している時より監視体制が強力になりました」(横田さん)

 テレワークのチャットに悩まされている人は、横田さんだけの特殊例ではない。関西の中堅広告代理店勤務・中野優里さん(仮名・20代)は、LINEなどでもお馴染みの、送ったメッセージを相手が読んだかが記録される「既読機能」について、怒りを爆発させる。

「休みの日でもいつでも、チャットのメッセージに既読がついてなければすぐに電話してくる上司。送ったのになぜ読まない、と怒るんです。チャットアプリも業務用と私用のスマホ両方にインストールするよう言われていて、四六時中上司と繋がっていなければいけません。社員のストレスはマックスで、これなら以前の方が良かった、と口を揃えて言っています」(中野さん)

 上司からのメッセージが届いても、さまざまな確認事項などがあってすぐに返信できない場合だってある。そういう際には「メッセージを見ました、少々お待ちください」と返信するよう指導されており、業務中の「報連相(ほうれんそう)」にかける時間だけが莫大になり、実務が疎かになっているとも話す。

 同じオフィスへ出勤しなくても、簡単な打合せや連絡が簡単にできるこうしたビジネスチャットツールは、数年前から話題にはなっていたが、テック系など利用している業種が限られていた。だが、コロナ禍の中でツールの使い勝手がよくなるなど「進化」し、それまでチャットツールとは無縁だった職場にも利用が広まり、ビジネスパーソンをより強力にサポートする「武器」とさえ言われている。しかし、どんな武器でも、それが重かったり、操作が複雑過ぎれば、ただの重い塊、邪魔なだけだ。

「社内のやりとりは全部チャットを通して、となりました。その決定を受けて、業務ごとにチャットのグループを作った結果、自分が参加している社内のグループは50以上になっています。24時間365日、どこかのチャットが常に更新されていて、それに気づいて見るだけでも、ものすごい時間がかかります」

 こう嘆くのは、都内の商社勤務・元沢信吾さん(仮名・30代)。社内のやりとりが一つのチャットツールに統一されているので、複数のチャットツールをいったり来たりしなければならないことを思うとマシだと言うが、それでも業務内容別に分かれたチャットのグループは50以上、個人間チャットの相手はゆうに百人を超えた。さらに、上司らによっていつのまにか新しく別のグループにも加えられていくので、今ではチャットの更新を追うだけで1日が終わってしまうこともあると嘆く。

「慣れれば使いやすくなる、と言われていますが、どんどんチャットに縛られる時間が増え、やることが増えた部下たちは、その対応にてんてこまいで肝心な業務のやり忘れが頻発。チャットアプリから更新を知らせるピコンという音がするだけで頭痛がする、と訴える若い子もいます」(元沢さん)

 革新的で便利だったはずの「チャット」だが、気がついたときには完全にツールに振り回され、仕事も疎かになってしまったというのなら、本末転倒も甚だしい。

 実は私も業務で利用することがあるが、常にスマホやパソコンから通知音が鳴っているような気がして落ち着かない。仕事を忘れるには、一切のデジタル機器を持たぬようにしないと、その呪縛からは逃れられない状況に置かれている。コロナよりもチャット導入による「働き方改悪」の方が辛い、というサラリーマンの不満の声が、パンデミック下で密かに蔓延し始めている。

あわせて読みたい

「チャット」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    コロナ感染急拡大で日本医師会が緊急声明、全国への宣言検討を

    ロイター

    07月29日 20:40

  3. 3

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

  4. 4

    部下に怖いと思われるのは、「等身大の自分」を分かち合えていないから

    サイボウズ式

    07月29日 17:00

  5. 5

    太陽光発電を推進することは、国家安全保障上危険

    赤池 まさあき

    07月29日 10:12

  6. 6

    高校に通わなかった東大名物教授の独学勉強法 本や教科書は疑って読むクセ

    宇佐美典也

    07月29日 12:00

  7. 7

    菅首相 SNSでメダリストを祝福も感染爆発には“取材拒否”「総理辞めて」の大合唱

    女性自身

    07月29日 14:00

  8. 8

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

  9. 9

    日本人の幸福度増加のピークは「年収1100万円」

    内藤忍

    07月29日 12:44

  10. 10

    集団免疫得られるワクチン接種率、70%程度では難しい=尾身会長

    ロイター

    07月29日 12:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。