記事

証券投資と、長期投資の違い

世の中で一般的に言われている投資では、証券投資とディーリング売買に分けられる。

ディーリングは文字通り、株価などの値動きを追いかけては、上でも下でも値ざやを稼ごうとするものである。

投資価値とかはどうでもいい。 ひたすら、値動きを追い回しては値ざやを抜こうとする。

一方、証券投資は投資価値を念頭に置いて株式などの売買でもって、投資収益を得ようとする。

その点だけをみれば、長期投資と同じではあるが、マーケットでの価格変動に向かっていこうとするところに違いがある。

マーケットでの価格変動なんてものは、その時々の投資家人気によって上がったり下がったりする。

気ままそのものである。 買いの勢いが強いとみれば、それにつこうとする買いがどんどん集まってくる。

勢いにつけば、その勢いに乗って自分も投資収益にありつけるという算段だ。

そんな付和雷同的な買いが後から後から集まって、時折とんでもない上昇相場に発展していくことになる。

もう、その時は投資価値の云々などは超えて、ひたすら上昇相場につこうとする儲け心で一杯となる。

このあたりまでを含めて、世の証券投資はカバーしようとするから、難しいとかリスクが多いと嘆くことになる。

どういうことか? 一般的な証券投資は、投資価値を追い求めるだけでなく、マーケットでの価格変動をも相手にしようとするのだ。

その時々で、どうにでも転がっていく投資家人気が価格変動に反映されてくる。

そんな変転きわまりない価格変動と、投資価値の推移とは相容れないもの。

なのに、それをごちゃ混ぜにして投資収益を目指そうとすれば、これは難しい。

結果的には、マーケットでの価格変動に振り回されて、リスクを抱え込むことになる。

その点、われわれの長期投資はマーケットでの価格変動などを相手にしない。

というか、むしろマーケットでの価格変動に対し、安ければ買い、高ければ売るというスタンスで臨む。

その時、投資対象とするのは、長期的にみて投資価値の高まりを期待できるものに限定する。

これだと楽である。投資価値の高まっていくものを、安く買って高く売るだけだ。

誰にでもできるし、リスクなんてものはどこにもない。 楽なものである。

ひとつだけ考慮するとしたら、マーケットでの価格変動が不定期であり、いつ上がってくるか予測もつかないということ。

だから、長期でのんびりと構えるのだ。 長期投資は、そんなものである。

とはいえ、10年で2倍になれば、年率で7.2%の成績である。 5年で倍なら、14%だ。

まったくをもって、立派な財産づくりとなっていく。

あわせて読みたい

「投資」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “愛国芸人”ほんこんが「デマツイート」で提訴される 原告代理人・米山隆一氏は怒り

    SmartFLASH

    07月26日 09:58

  2. 2

    中国、ロシア製ワクチンと立憲民主と共産党 まあ少し可哀想ではあるけど、ブレインが悪いのとセンスがないというだけ

    中村ゆきつぐ

    07月27日 08:26

  3. 3

    酷暑下の札幌五輪マラソン 市民の冷ややかな声も少なくない

    NEWSポストセブン

    07月27日 09:36

  4. 4

    ファイザー製ワクチン、接種から7カ月で抗体レベル減少 デルタ株への免疫力低下も

    ABEMA TIMES

    07月27日 15:33

  5. 5

    野球は7回、サッカーは60分に!若者のスポーツ観戦離れを「時短化」で食い止めろ

    土屋礼央

    07月27日 08:11

  6. 6

    東京都で過去最多となる2848人の感染確認 20代951人、30代610人…重症者は4人増の82人

    ABEMA TIMES

    07月27日 17:07

  7. 7

    プロフェッショナルなサービス、人はそれを必要とするか?

    ヒロ

    07月27日 11:31

  8. 8

    東京の新規感染者数が2848人…「緊急事態宣言って何」の声

    女性自身

    07月27日 21:31

  9. 9

    安定的な皇位継承 旧宮家の男系男子の皇籍復帰が必須だ

    和田政宗

    07月27日 13:45

  10. 10

    「世襲議員」は是か非か、制限することは可能なのか。まずは政治資金団体を課税対象にするのが現実解?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月27日 10:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。