記事

リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由。 - 財津優(営業コンサルタント)

1/2
普段の業務で「当たり前のようにやっていたことが実は効果的ではなかった」と、あとから気付くことは少なくないだろう。

営業の世界にもそのような事例は多数存在する。営業職を経験した人であれば、一度は使ったことがあるであろう「ご興味はございませんか?」というフレーズ。

これはアポイントを取る際には、絶対に使ってはいけないフレーズだ。その理由について営業コンサルタントの財津氏が解説する。

■常に優良顧客からあたるべきとは限らない

リモート営業を駆使すれば、ファーストコンタクトからクロージングまで全てのプロセスを、一人でおこなうことが可能です。

まずはファーストコンタクトについてですが、訪問営業であれば業種によってはアポなしでの飛び込み営業という形もあると思います。しかし、最初からリモート営業で進める場合は少し違ってきます。

具体的な話に入る前にリード(見込み客リスト)の使い方について、考えてみましょう。
リードは営業マンが自分で作成をする場合もあれば、会社が用意してくれるところもあったりとさまざまです。

そして、どのようなケースであっても、リードの中に優先順位を付けるはずです。多くの場合、「見込み売り上げの大きなトップターゲットから着手しろ」と言われるのではないでしょうか。

これは「パレートの法則」を参考にして戦略が立てられているからです。「パレートの法則」とは、その名の通りイタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが発見された法則で、別名「2:8の法則」とも呼ばれています。上位2割にあたる優良顧客の売り上げが、全体の8割の売り上げを占めているということです。

全ての顧客を平等に扱うのではなく、2割の優良顧客を優先することで8割の売り上げを確保できて、高い費用対効果を追求できるというものです。あなたの会社や上司は、この法則に基づいて、優良顧客に注力するように指示を出しているはずです。

その考え方に異論はないのですが、新たに考えた営業トークを試すような場合は、上位2割の優良見込み客からスタートするというのは、リスクが大きいのではないでしょうか?

まずは失敗してもリスクの低い下位8割の見込み客で、実験をしてみるべきだと思います。
いきなり上位2割に挑むのは、ドラゴンクエストで言えば「こんぼう」でラスボスに向かっていくようなものです。勝てる訳がありませんよね勝つためには武器を磨いて「聖剣エクスカリバー」(なんか強そう)のようなモノで挑むべきなのです!

そのような理由から、まずはたくさん実験をして、たくさん失敗をしましょう。そして少しずつ精度を高めながら、本命のターゲットに臨むことを推奨します。

■台本に「ご興味はございませんか?」を入れてはいけない理由

さて、改めてリモート営業のツールを確認してみましょう。

・Web会議システム
・電話
・メール

この3つがメインになると思います。

新規開拓というシチュエーションで考えると、いきなり初回からWeb会議システムで顧客とコンタクトを取ることは困難ですから、除外します。

次に電話ですね。これは俗にいうテレアポという形になりますが、新規開拓のファーストコンタクトはテレアポがベストでしょう。

理想を言えば、電話でファーストコンタクトを取る際にその電話口で話を進めることができて、クロージングも完了し、さらに購入まで持っていければ最高ですね。しかし、それはかなり高度なテクニックが必要ですから、現実的に考えると電話でアポイントを取ってから、次回はWeb会議システムでの商談に繋げるのが良いでしょう。

テレアポの際には、スクリプト(台本)を事前に作成することは必須です。しかし、スクリプトがなくても上手くいく(可能性がある)方法もあります。名付けて、「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる大作戦」です(笑)

この作戦は、とにかく電話をかけまくって「〇〇にご興味はございませんか?」と言いまくるのです。

かなり高い確率で「興味ないです」という答えが返ってきますが、ごくたまに「Yes」をいただける事があります。

可能性はゼロではないのですが、確率が低すぎますし、こんなことを続けているとメンタルがやられてしまう恐れがありますので、絶対にやらないようにしてください。

スクリプトを作成する際には、「ご興味はございませんか?」というフレーズは使用禁止にすることをオススメします。その理由は単純で顧客が「興味がある訳がない」からです。

これは訪問営業でも同じことです。顧客の購買意欲が上がったことを確認した後で言うのはOKですが、冒頭に商品説明をした後でいきなり言ってしまうと、かなりの高確率で「NO!」となるでしょう。

特にテレアポは、無策で臨んでしまうとスクリプトを作成したとしても、成果率が1%以下という調査結果があるほど難しいのです。

では、その確率を上げるための方法をお伝えしたいと思います。そのひとつは、「事前にダイレクトメール(以下DM)を送る」ことです。古典的な手法ですが、効果が見込めます。

または見込み客のメールアドレスが分かれば、事前にメールを送るのもアリです。FAXでも同等の効果が期待できます。DMで一番ネックになるのは、送料と配送する手間がかかることですかね。

あわせて読みたい

「在宅勤務制度」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  2. 2

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  3. 3

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  4. 4

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  5. 5

    日産の小さな高級車「ノート オーラ」に中高年の支持が集まる理由

    NEWSポストセブン

    08月02日 10:43

  6. 6

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  7. 7

    五輪もパラリンピックも中止にするべきではない。強いメッセージは経済対策・法改正で出すのが筋

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月02日 08:25

  8. 8

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

  9. 9

    行政から「入院できません」札幌市の医療崩壊受け医療従事者ら新宿でデモ

    田中龍作

    08月02日 09:00

  10. 10

    ベラルーシ女子陸上選手、帰国拒否 羽田空港へ連れられ

    BBCニュース

    08月02日 08:36

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。