記事
  • ロイター
  • 2021年06月22日 01:10 (配信日時 06月22日 01:39)

ユーロ圏、消費拡大で回復加速の公算 変異株は重し=ECB総裁


[フランクフルト 21日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は21日、新型コロナウイルス感染拡大が引き続きユーロ圏経済に対する重しとなっているとしながらも、消費の再活性化が予想される中、成長ペースは現在の予想から加速する可能性があるとの見方を示した。

ラガルド総裁は欧州議会の委員会で「新型コロナ変異株の拡大が引き続きリスクの源となっている一方で、世界的な需要見通しは改善しており、消費支出の予想を上回るペースでの増加を受け、(ユーロ圏経済は)一段と力強く回復する可能性がある」と語った。

ただ、現在は金利上昇を容認する時期にはまだ達していないとし、ECBは良好な資金調達状況を維持すると表明。「市場で金利が持続的に上昇すれば、より広範な資金調達状況の逼迫につながり、経済全体に影響が広がる恐れがある」とし、「こうした状況は現在進行中の景気回復とインフレ見通しに対するリスクになり得る」と述べた。

米経済との比較については、ユーロ圏よりも米国の回復がはるかに進んでいるとした上で「米国と欧州は明らかに異なる状況にある。比べてみたくなる気持ちは分かるが、双方に多くの相違があることを踏まえると、あまり賢明とは言えない」とした。

米国のインフレ高進に伴い、輸入価格の上昇や輸出の増加、さらにはユーロ圏でのインフレ期待など、一定の「波及効果」があり得るとしながらも、「全体としては、欧州連合(EU)基準消費者物価指数(HICP)への影響は緩やかなものになる」と予想した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  4. 4

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  5. 5

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  6. 6

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  7. 7

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  8. 8

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  9. 9

    中間層や無党派層の動きが読めない横浜市長選 日本の政治状況が急展開か

    早川忠孝

    07月24日 18:23

  10. 10

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。