記事

三重県産の牛肉

震災後、さまざまな問題が発生し復興にはいくつもの山を越えていかねばなりませんが、特に原発の問題はまだ完全に収束しておらず、セシウムのワラから波及した牛肉の風評被害の問題は深刻です。


農水省も震災発生後、一生懸命やってはいるものの初めてのことではあるけど新たな問題に対応できていないのも事実です。

特にセシウムに汚染されたワラの問題は福島だけでなく沖縄を覗く全県に波及していて、地元の三重県でも松阪肉が対象となってしまいました。

私がJAにいた時からも松阪肉だけでなく、伊賀牛などブランド農産物を作るために多くの金と人をつぎ込んできていて、松阪牛や伊賀牛についてはBSE問題が発生した時もいち早く対応してそれまで以上に価値が上がりました。

しかし、今回は松阪肉の中にもこのワラを食べさせていた農家から出荷されたことがわかり、その松坂肉も大きな影響を受けているのです。

福島県をはじめ火佐一に近い県では全頭検査が行われるということになったのですが、西日本でこのようなことが発生するほど、ワラや牛肉事態の流通は複雑で広く、あっという間に三重県まで影響が出てしまったことから、三重県の消費者だけでなく全国的に牛肉の消費量が減って、農家にとっては大変なことになっているので、三重県でも早く全頭検査をすることが一番の安心につながるということで、早くしてほしいという要望をたくさん頂きました。

ただ、この検査の主管は県になるため、県と話し合ってきましたが、「現実にできるのか?」という心配もあって二の足を踏んでいましたが、ようやく知事から全頭検査の宣言をしてもらって落ち着きました。

この全頭検査は三重県の場合1日平均120頭くらいの牛が処理されていて、実際に全頭検査できるまで、特殊な検査機械がいつ入るのかにもより、もう少し紆余曲折はありそうですけど、本当に安心できるように国もバックアップしながら対応していきます。

しかし、そうは言っても長い間築き上げてきた安全という信用を取り返すには、これまで以上に努力が必要になってきます。

その対策のひとつとして、今日JAが主催して「三重県産牛肉を応援する懇談会」が開催されたのです。

知事や関係市長たちがテレビカメラの前で牛肉を食べる光景が撮影され、今日のニュースには出ることと思いますが、それだけで簡単に元に戻るわけではないけど、またひとつひとつ努力を重ねていくしかありません・・・・・。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  2. 2

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  3. 3

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  4. 4

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  5. 5

    酷暑下の札幌五輪マラソン 市民の冷ややかな声も少なくない

    NEWSポストセブン

    07月27日 09:36

  6. 6

    中国、ロシア製ワクチンと立憲民主と共産党 まあ少し可哀想ではあるけど、ブレインが悪いのとセンスがないというだけ

    中村ゆきつぐ

    07月27日 08:26

  7. 7

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  8. 8

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  9. 9

    立憲民主党・本多平直議員は「詰腹」を切らされたのか?近代政党のガバナンスにおける危機感

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月28日 09:53

  10. 10

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。