記事

【ドローン宅配】、高人口密度のLA郊外で空輸の出前を実験!寿司や刺し身も空を飛ぶ?

[画像をブログで見る]

■メキシコ風グリルドチキンのファストフードチェーンのエルポヨロコ(El Pollo Loco)は17日、ロサンゼルス郊外でドローンを使った宅配のテストを開始すると発表した。

人口が密集するロサンゼルスの上空にドローンを実際に飛ばし、騒音やプライバシー、安全性等の実証実験を行う。

ロサンゼルスを中心に直営からフランチャイズまで480店を展開するエルポヨロコは24日、イスラエルのフライトレックス(Flytrex)と提携したドローン宅配「エアー・ロコ(Air Loco)を開始する。

対象はオレンジ郡を含むロサンゼルス郊外の店舗10ヶ所で行われるという。

フライトレックスのドローンの時速は32マイル(時速50キロメートル)で、3.5マイル(約5.6キロメートル)の範囲を往復可能となっている。

運搬可能重量はハンバーガーにすると6〜8個程度となる6.6ポンド(約3キログラム)。

利用者から注文を受け取ると、ドローンが対象店の上空80フィート(約24メートル)に下降し、ホバリングする。

ドローンが降ろしたケーブルに、取っ手のついた注文品を入れる専用パッケージをスタッフが引っ掛ける。

注文品を受け取るとケーブルを巻き上げ機体の下に収納する。その後、ドローンは230フィート(約70メートル)まで上昇し、目的地に向かって飛行するのだ。

注文者宅のバックヤード(裏庭)に到着すると再び80フィートまで下降し、ケーブルを地面にまで降ろして注文品を届けるのだ。

ただし雨の日や風の強い日は飛行を停止するという。

エルポヨロコによると、36〜40分かかっていた陸上の宅配時間がドローン宅配により10〜12分に短縮されるのだ。宅配手数料などは明かされていない。

 ドローン宅配ではドラッグストアチェーン大手のウォルグリーンがIT大手アルファベットの関連企業と提携した事例がよく知られている。

ドローン宅配によるラスト・ワン・マイルでは民間初の試みであり、空輸宅配の成功事例となったのだ。

このドローンを使った宅配を行っているのは人口2.2万人のバージニア州クリスチャンズバーグ地区。

ウォルグリーンが2019年10月18日、ドローンを使いコリバー家にウォルグリーン・セレクトの「咳止め風邪パック(Cough/Cold Pack)」を届けたのだ。

その後もドローン宅配はウォルグリーン以外の地元のお店にも拡大し、ローカルのベーカリーショップやコーヒーショップからの宅配も開始している。

昨年4月からドローン宅配を開始したのはローカル・ベーカリーショップの「モッキンバードカフェ&ベーカリー(Mockingbird Cafe & Bakery)」。

モッキンバードカフェでは注文単価が通常時の倍近くになり、人気のクロワッサンやマフィン、アーモンド・マカロンが文字通り飛ぶように売れていた。

同店のオーナーのドナ・スピークスさんはドローン宅配で大盛況となり「超素晴らしいボーナス」と語ったほどだ。

外出禁止令によりモッキンバードカフェのあるクリスチャンズバーグ・ダウンタウンに人がいなくなり、4人の従業員を解雇しメニューを半分に縮小したという。

現在はパートタイムとして娘に入ってもらってケーキなどを焼いている。ドローン宅配を始めたことでフル生産モードに戻っている。

同じくドローン宅配を始めたコーヒーショップ「ブラフ・コーヒー(Brugh Coffee)」でも、人気のコールドブリューコーヒーが通常時の店売りの倍になった。

ローカルショップにとってドローン宅配が思いがけずライフラインになっていたのだ。現在はテスト中ということで宅配手数料が無料となっているのも注文が増える要因だ。

最近では子どもたちのために図書館から絵本等を宅配するサービスも行っているのだ。

 ウイングのドローン宅配では6マイル(約9.6キロメートル)の範囲を往復可能となっており、時速は最大70マイル(約112キロメートル)。

運搬可能重量は3ポンド(約1.5キログラム)までだ。ドローン宅配の利用はウィング専用アプリから注文することになる。

利用者から注文を受け取ると、近くサービスセンターからドローンが離陸する。

店が指定したゾーンの上空23フィート(約7メートル)でホバリング中、ドローンが降ろしたケーブルに取っ手のついた注文品を入れる専用パッケージをスタッフが引っ掛ける。

ドローンはケーブルを引き上げ、機体の下に注文品を収納する。

その後は150フィート(45メートル)まで上昇し、時速65マイル(時速100キロメートル)で利用者宅まで届けるのだ。

利用者宅ではバックヤード(裏庭)もしくはフロントパスウェイ(玄関前の通路脇)の上空に留まりながら、ケーブルを地面まで降ろして注文品を届ける。

ドローン宅配では注文から注文品が届くまで数分間となっているのだ。感染拡大で多くの飲食店が店を閉める中、ドローン宅配であらたな出前機会が広がっているのだ。

 ロサンゼルス郊外の住宅街で行われるドローン宅配は、他と比較できないほどの人口密集地で行われる。騒音やプライバー、安全性の面でどこまで実現可能なのかで大いに注目されているのだ。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。

フライトレックスのホームページにあるイメージ画像は、ものすごい広い庭(芝生)をもつ家へのドローン宅配です。ゴルフ場に家があるような画像です。隣家との距離が数十メートル以上も離れていれば、ドローン宅配は可能でしょう。

しかしロサンゼルス郊外の住宅地でのドローン宅配はかなり難しいと思います。バックヤード(裏庭)が狭いことも珍しくありませんし、広くてもそこにプールがあったりします。無論、隣家とも近いのでピンポイントで裏庭の空きスペースを見つけなければドローン宅配は事実上、無理だと思います。「大丈夫なのか?」と思ってしまうほど極めてチャレンジングなテストになるでしょう。

例えば、利用者は注文時に「裏庭はココ」という感じで地図か何かで1点を指し示さないと屋根の上にケーブルを降ろされたりとトラブルも生じやすいと思います。多分、ドローン宅配対象住宅はかなり絞られるのかなとも思っています。どう考えても騒音やプライバシーの問題もあるのでLAではちょっと...いう気がします。

 課題も多いですがドローン宅配はとても夢のある実験ではあります。令和の「ど根性ガエル」では、ケーブルに引っかかった梅さんが出前と一緒に空を飛びます。で、寿司はパーマンやオバQに食べられます、きっと。

あわせて読みたい

「ドローン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  4. 4

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  5. 5

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  6. 6

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  7. 7

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  8. 8

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  9. 9

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  10. 10

    中間層や無党派層の動きが読めない横浜市長選 日本の政治状況が急展開か

    早川忠孝

    07月24日 18:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。