記事

岡口基一裁判官の訴追(罷免)は行き過ぎ 裁判官の身分を失わせるのはあまりにバランスを欠く

 ある日突然という感じでしょうか。国会の裁判官訴追委員会が6月16日、岡口基一裁判官の訴追を決めました。

 今後、弾劾裁判所での審理ということになりますが、罷免を前提とした手続きに至ったということは極めて重大です。

 問題になったのは岡口裁判官のツイッターへの投稿です。

 1つは性犯罪被害者に関するもの、もう1つは飼い犬の所有権に関するものです。

 後者は論外です。当事者からのクレームがありましたが、言い掛かりレベルのものであり、身勝手そのもの、誰がみてもそのクレーマーには怒りを感じていたことでしょう。捨て犬と思って一生懸命育てた方が気の毒でなりません。

 しかし、これについては最高裁からは戒告の処分となりましたが、不当な処分です。
岡口判事裁判官への戒告処分 木村草太さん、伊藤和子さんの解説で最高裁の問題点がよくわかる

 性犯罪についてですが、最高裁が不問に付したものを敢えて訴追委員会が訴追するというのは司法権、裁判官の独立からいっても問題のあるものです。
裁判官訴追委員会に対して適正な判断を求める会長声明」(札幌弁護士会)


2021年6月11日撮影

 もっとも、その後に起きた事情として問題があったのは、性犯罪被害者の方の命日に、えっ? と思うような内容ものをフェイスブックに掲載したことでした(即、削除)。
岡口基一判事の戒告処分に対する弁明は残念に思う

 そうした事情も当然に加味されたことでしょうし、私もやはり岡口氏が掲載した意見は問題があると考えます。それを読んだとき、非常にがっかりしたという思いはありました。

 札幌弁護士会では上記声明が出たばかりということもありました。

 しかし、だからといって、これが裁判官の首をはねるだけの事由になるというのは行き過ぎです。

 バランスが全く取れていません。他の事案と比べてもです。
岡口判事を訴追、罷免を判断する「弾劾裁判」へ…弁護団「極めて遺憾」」(弁護士ドットコム)

 私は岡口氏の発言内容すべてに賛同しているわけでもありません。どこか過激な発想があり、弁護士に対する大量懲戒請求問題、ヘイト問題、離婚後の共同親権問題などでは、私とは全く相容れない考え方です。

 それはさておき、本当にこれで首をはねていいのかということこそ問われている問題です。

 岡口氏は裁判官の中では斬新的でした。だから否定してしまっては裁判官のあり方そのものが変わっていきません。

 こうした自由に対する制約は少々、飛んでしまった部分が狙われます。だから反発があろうとも黙って斬首されることを見ているだけで良いのかということです。

 岡口氏には反省すべきところは反省したもらい、しかし、やはり首をはねることは別です。それは岡口氏だけの問題ではありません。裁判官のあり方の問題です。

 だからこそ私は岡口氏への訴追・罷免については異議を述べます。

あわせて読みたい

「岡口基一」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  4. 4

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  5. 5

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  6. 6

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  7. 7

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  8. 8

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  9. 9

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  10. 10

    中間層や無党派層の動きが読めない横浜市長選 日本の政治状況が急展開か

    早川忠孝

    07月24日 18:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。