記事

「都議選、地力の勝負になる」自民党都連会長鴨下一郎衆議院議員

1/2
ⒸJapan In-depth編集部

安倍宏行(Japan In-depth編集長・ジャーナリスト)

【まとめ】

・自公の協力体制で都民ファーストから第一党の奪還目指す。

・五輪開催是非は争点にならない。

・都ファにも自民にも風吹かず。自民候補は地力で勝負。

都議会選の告示まで1週間余り。前回の選挙では小池都知事率いる「都民ファーストの会」が第一党に躍進した。一方自民党は、127議席中過去最低の23議席に留まるなど、厳しい結果となった

今回の都議選ではどのようなメッセージを有権者に訴え、都議選へ臨むのか。自民党東京都連会長を務める鴨下一郎衆議院議員に話を聞いた。

■都議選の戦略

安倍: 都議選はどのような戦略で臨むか?

鴨下氏: 前回の選挙が非常に厳しい結果でしたから、シンプルに言えば議席の奪還です。都議会で前回の選挙で苦杯をなめた人たちはこの4年間有権者とコミュニケーションを取りながら頑張ってきましたので、1番はとにかく議席の奪還です。

そのためにそれぞれの政策を訴えるということですが、今回の選挙はコロナ禍での選挙なので、コロナで苦しんでいる方々が1日も早く様々な意味で回復できるようにしなければならない。1つはワクチンの推進を都議会としても言っていくこと、もう一つはこの1年半の間に経済的にダメージを受けた人たち、個人事業主、中小、小規模の事業をやっている人も含めて、一日も早く元の生活に戻れるように都の財政を駆使して、行政を動かしていく、というのも今回の選挙で議席を奪還する意味です。

安倍: 獲得議席目標は?

鴨下氏: 前回は結果的に23議席にまで減ったので、今回は自民党と公明党合わせて過半数を取って、都議会の中でのイニシアチブを取り戻すことを目指しています。

安倍: 前回の選挙では公明党と都民ファーストの会が共に選挙を戦っている。ところが、今回は自民党と公明党が選挙協力を行っている。

鴨下氏: 公明党の事は私が語ることではありませんが、色々お話を伺っていると、(公明党は)この4年間の都民ファーストの議会運営、政策の実現能力について甚だ疑問があった。公明党としても伝統的には自公で都政を回してきたので、それに復帰したということだと思います。

安倍: 都民ファーストの会の議会運営については、自民党も同じ見方なのか。

鴨下氏自民党はもっと厳しい見方をしています。都民ファーストの会の議員一人一人は能力のある人がいるのでしょうが、政治というのは単なる机上の政策ではなく、都の経済を実際に回している美容院や飲食店などの各団体と、本当に密に、わがこととして政治に対して何をしたら良いか声を聞いて回る必要があります。これは自民党の1番得意なところですから、その点では都民ファーストは十分にできていなかったと言う評価です。

安倍: この4年、都民ファーストと自公は、とりわけ角を突き合わせてきた感じでもなかった。是々非々で、小池都政に一定の評価を与えていたように見えていた

鴨下氏: 当初小池都政と都民ファーストはほぼ一体のものでしたが、小池さんは都知事として都民のために具体的な政策をやらないといけないわけですから、自民党や公明党の意見も聞いて、各政党とバランス良くやらないといけない。都民ファーストだけで都政が運営できるかというと、現実的にできなかったということだと思う。最終的に都民ファーストと都知事の間で多少の距離感が出てきているのではないか

安倍都民ファーストから離脱する議員も相次いでいる。中には「荒木さんによる専横が行われている」と実名を挙げながら党に対して厳しい批判を行った議員もいたりして、仲間割れのような印象を受ける。

鴨下氏: 都民ファーストは組織としてまだできてから4年しか経っていないので、組織を動かしていくことにはまだ熟練していないということだと思います。ただ、都民にとってみれば勉強期間などはなくて、即戦力でフルに活動してもらいたいという点では期待からかけ離れていたのかなと思います。

安倍: 仮に自公で過半数を獲得したら、都民ファーストとの関係はどうしていくのか。

鴨下氏: 自民党は都知事に対して是々非々で、予算案も賛成しましたし、前回の都知事選挙には対抗馬も立てずに、都民のためになることは我々もサポートしてきました。これは変わらない。ただ、都民ファーストと自民党は今まで対立してきましたから、自公が過半数を獲得したときに都民ファーストがどれくらいの議席数を獲得して、どのように動くのかは都知事との間の関係性であって、我々がとやかく言う話ではない。

安倍: 小池知事自身が立場をはっきりさせておらず、「都民ファーストを応援する」の一言もない。

鴨下氏: 小池さんも非常に洞察力のある人ですから、選挙後にどのような議会体制になるのかはある程度見通して、その上で都民のため、都政のためにはどこに軸足を置くべきか考えながら今回の選挙に臨むのではないでしょうか。

■オリンピックについて

安倍: 小池知事がオリンピックに対してどのような姿勢をとるのか注目されていたが、開催の立場を取るということなのか。

鴨下氏: 都議会選挙は7月4日が投票日ですから、オリンピックまで残すところ3週間弱ですよね。それを考えると、オリンピックをやるやらないというのが都議会議員選挙の争点になるとは考えていません。菅さんの言葉を借りれば、いかに「安心安全」で、科学と医学の粋を集めて感染者が増えないようなオリンピックを成功させるのかという趣旨の中で選挙をやるべきだと思っているので、やるやらないと言うのは最早争点ではないと思います。

オリンピックの開催を前提に、観客を入れるのか無観客でやるのか、様々なゲストの数を縮小するのか、このようなことは感染が拡大基調なのか、それともある程度安定してきているのかというバランスの中でやればいいわけです。

安倍: 海外から選手含め様々なゲストがやってきて、市民と接触する機会もある中で、感染拡大は避けられないと思っている有権者も多いと思うが?

鴨下氏: 専門家の見解もそれぞれだが、現在野球やサッカーの試合や、各地方でイベントも行われています。日常的な他のイベントと比べても、オリンピックはさほど大きいイベントではないと思います。プロ野球だって、1試合で2万人入れてやる場合、6試合やれば10万人以上入るんですよね。それを5日間やれば、それだけで50万人になる。オリンピックは1番多い日で22万人入ると言われていて、規模感で言えば我々が日常様々なイベントをこなしているのとそんなに変わらないので、きちんとそこを管理すれば現在行われているスポーツイベントの1つとして開催できると思います。

多少の特殊事情として、海外から大勢の方がいらっしゃるけれども、選手はほとんどワクチンを接種していますから、選手から日本人に移ることはほとんどないと思う

野球を見ていても、昨日の試合もすごく盛り上がっていたじゃないですか。相当な人数が入っているし、つい最近も総合格闘技の試合をドームでやっていましたけど、それもすごく人が入っていてそこでクラスターが出たと言う話は今のところ聞こえてきていません。これらのスポーツイベントができてオリンピックができないと言う理由は、どこにあるのかと私は思います。

安倍: こうしたことを都知事が含めて政治家がもう少し丁寧に伝えることで、国民も安心できるのではないか。

鴨下氏: 規模感で考えれば、オリンピックは特別なことではない。オリンピックによって人流が動くという話もありますが、それは野球やサッカーでも日本中から見に来ている人だっていますし、オリンピックだけ特殊に危険なイベントと位置づけるのは為にする議論だと思います。

▲写真 ⒸJapan In-depth編集部

あわせて読みたい

「都議会議員」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  2. 2

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  5. 5

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  6. 6

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  7. 7

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

  8. 8

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  9. 9

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  10. 10

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。