記事

3位大分、2位沖縄、1位は…コロナで広がる「都道府県」幸福度格差の実態

1/2

コロナ禍で経済格差が拡大している。「もう1つ、さらに深刻な病理が日本を覆っています。それは、“幸福度格差”です」そう指摘するのが、『99.9%は幸せの素人』がベストセラーになっている作家の星渉氏だ。人間はお金があれば満ち足りて生きられるわけではない。明日への希望、周囲から必要とされる実感……そうした充足感、生きる意欲の源になる要素も必要だ。ところが、日本国内で「幸福度による分断」が広がっているという。しかも、都道府県格差という形で──。

日本で進む幸福度の二極化

『99.9%は幸せの素人』(KADOKAWA)の共著者である、幸福学の第一人者・前野隆司慶應義塾大学大学院教授を中心に行った「あなたの幸福度はコロナによってどう変わりましたか?」という調査があります(2020年5月)。日本で初めて、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が発令された時期に行われたものですが、その結果は驚くべきものでした(図表1参照)。

図表1 みんな幸せでい続ける経営研究会調査(2020年5搈)よりみんな幸せでい続ける経営研究会調査(2020年5月)より - 筆者提供

多くの人たちが、新型コロナウイルスの影響で生活形態が変化し、さまざまな制限を強いられました。そのため、「幸福度は下がっているだろう」というのが大方の予想でした。

ところが、未知のウイルスとの戦いで大きなストレスを感じている最中にあっても、幸福度が「上がった」と答えた人が42.5%もいました。その一方で、「変わらない」「下がった」人を合わせると57.5%という結果が出ました。

社会・経済活動がストップし、ほとんどの人が下がってもおかしくない状況下にあって、なお幸福度が上がる層、一方で横ばいか下がる層……この調査から、コロナ禍において日本人の幸福度の二極化が進んでいることが明らかになったといえます。

日本の関東から九州辺りが拡大鏡で拡大されて見えている地図※写真はイメージです - 写真=iStock.com/omersukrugoksu

「コロナが人類の幸福度に与えた影響は限定的」は本当か

新型コロナウイルスと幸福度の関係性、また、日本国内での幸福度格差──この2つの点で、もう1つ注目すべきレポートがあります。それが、毎年国連から発表される「World happiness Report」です。

毎年3月に発表される世界幸福度ランキングなど、人類の幸福度についての報告がされる同レポートの最新版「World happiness Report 2021」では、「新型コロナウイルスは人々の幸福度に思ったほど大きな影響を与えなかった」とし、「驚くべきことに、平均として幸福度が低下していなかった」とまとめているのです。

事実、最新版の世界幸福度ランキングでは、先進国中最下位ではあるものの、日本も前年の60位からわずかながら上昇して56位になっています(「『世界56位』日本が幸福度ランキングで毎年惨敗する根本原因」参照)。

では、世界的にも幸福度に対する新型コロナウイルスの影響は大きくなく、かつ、国レベルでは日本の幸福度ランキングがやや上昇しているにもかかわらず、なぜ、国内では幸福度格差が進んでいるのでしょうか?

そこには、「数値だけではわからない深刻な問題」があります。

不幸な人はさらに不幸に、幸せな人はもっと幸せに…

国連の同レポートでは、新型コロナウイルスの幸福度に与える影響は、たしかに限定的でした。しかし、日本国内の調査では、幸福度に格差が生まれている──。

ここから言えることは、日本人全体では総合的に幸福度は上がっている。しかし、細かく分析すると、「幸せな人はどんどん幸せになり、不幸せな人はどんどん不幸せになる」という現象が起きているのです。

「不幸せになっている人」たちの中で下がった分の幸福度の総量を、「ますます幸せになった人」の幸福度の上昇分が上回っている。そのようにイメージすることができます。

つまりは、不幸せになっている人たちがいるにもかかわらず、それを上回るだけの、ますます幸せになっている人がいるのです。これが日本における「幸福度格差」の正体です。

幸福度日本一は「宮崎県」

では、コロナ禍(か)でなぜ、幸せな人はますます幸せになり、不幸せな人はますます不幸せになっているのでしょうか。

この現象を読み解くヒントが1つあります。「都道府県SDGs調査2020」(ブランド総合研究所)で示さ れた、都道府県別「幸福度」ランキングです。

住民による幸福度、生活満足度、満足度、定住意欲度など、地域の持続性を調べるために実施されたこの調査によれば、2020年の「都道府県の幸福度ランキング」は1位宮崎県、2位沖縄県、3位大分県でした。一方、ワースト3は、45位福島県、46位佐賀県、47位秋田県でした。

1位の宮崎県は2年連続です。しかも宮崎県は、コロナ禍にあってもスコアが前年の72.7点から74.0点へ上昇しているのです。

ただ、都道府県別幸福度ランキングが1位になったからといって、宮崎県民にはまったく悩みがないのかといえば、けっしてそうではありません。

本調査では、「個人の悩み」についてもアンケート調査を行っています。宮崎県は「悩みがない」と答えた人の割合が11.6%で、全国最少でした。つまり、全国で最も悩みを抱えている人の割合が多い県でもあるのです

それなのに、なぜ、都道府県別の幸福度ランキングでは2年連続1位を獲得しているのでしょうか? まさに“ここ”に、コロナ禍における「幸福度の二極化」の原因が垣間見えると私は思います。

同調査によると、宮崎県民は確かに個人の悩みを抱えた人が多いのですが、しかしながら、その「悩みの内容」に大きな特徴があるようです。

あわせて読みたい

「幸福度」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  4. 4

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  5. 5

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  6. 6

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  7. 7

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  8. 8

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  9. 9

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  10. 10

    中間層や無党派層の動きが読めない横浜市長選 日本の政治状況が急展開か

    早川忠孝

    07月24日 18:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。