記事

ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

本日の外交部会・外交調査会合同会議の詳報その2。

ワクチンを必要としているベトナムに対して、6月16日にアストラゼネカ製ワクチンの約100万回分が贈与された。これは、今月初めに日本が主催したワクチンサミットでの菅総理の宣言を現実に履行した結果だ。台湾に続き国際的な支援を求めていたベトナムの要請に応えたもので、今後も環境が整えば両国への追加支援の他、インドネシア、タイ、フィリピン、マレーシアにも要請に応えるべく調整を進めていく。ワクチン供与は人道的な措置であると共に、世界中でワクチン接種が進むことが結果として日本にも裨益する重要なステップである。ワクチン供与は、日本外交にとって重要な手段となりつつあると佐藤は考えている。

対韓外交についても取り上げたい。6月15日に竹島の防衛を想定した「領土守護訓練」なる海上訓練が非公開で行われた。日本政府としては事前に抗議と中止の申入れをしていたものの、韓国に無視された形だ。二国間関係の改善と口では言いながら、日本領である竹島の支配を既成事実化する許しがたい行為である。支持率低迷の文政権はあの手この手で日本にすり寄ってきているものの、そういった甘い言葉に惑わされてはいけない。

その文大統領は、G7サミットに招待国として参加した後、スペインに公式訪問した。スペインで上院図書館に所蔵されている「朝鮮王国全図」を見せられ、朝鮮半島沿岸部に位置している島を指して「独島(竹島のこと)が韓国の領土であることを見せる非常に貴重な資料」と述べたことが報道された。地理的に明らかに竹島とは位置関係の異なる場所にも関わらず竹島に結びつけて自国領とアピール姿は茶番であるが、スペイン政府始め欧州諸国がそのような韓国の認識に影響を受けているとすれば大問題だ。サラミスライス作戦ではないが、一つ一つの小さい動きを座視していては、いつか日本が挽回できない不利な状況に置かれてしまう。危険な芽は小さなうちに摘み取るべきであり、政府に着実な対応を求めた。

あわせて読みたい

「文在寅」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  2. 2

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  3. 3

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  4. 4

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  5. 5

    日産の小さな高級車「ノート オーラ」に中高年の支持が集まる理由

    NEWSポストセブン

    08月02日 10:43

  6. 6

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  7. 7

    五輪もパラリンピックも中止にするべきではない。強いメッセージは経済対策・法改正で出すのが筋

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月02日 08:25

  8. 8

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

  9. 9

    行政から「入院できません」札幌市の医療崩壊受け医療従事者ら新宿でデモ

    田中龍作

    08月02日 09:00

  10. 10

    ベラルーシ女子陸上選手、帰国拒否 羽田空港へ連れられ

    BBCニュース

    08月02日 08:36

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。