記事

五輪出場権獲得の大坂なおみ 「夢の舞台」と語っていたのになぜ沈黙?

大坂選手にとって五輪は夢だった

 喜びを爆発させてもいいはずなのに、なぜか彼女は沈黙を貫いている。女子テニス協会は6月14日、最新の世界ランキングを発表。2位の大坂なおみ選手(23才)は、56位圏内に与えられる「東京五輪の出場権」を獲得した。

【写真3枚】交際2年となるラッパーの恋人・コーデ―と大坂なおみのツーショット(プライベート撮)

「大坂選手にとって五輪は夢の舞台です。まだ無名だった10代の頃から“五輪に出たい”と明言していました」(スポーツライターの山口奈緒美さん)

 ところが、大坂選手がよく情報発信しているツイッターやインスタグラムでも五輪に関する発言はない。出場権は得たものの、7月5日までに出場の意思表示がなければ、出場は叶わないルールだ。

「ウィンブルドンを5回、全仏を6回も制覇したスウェーデンの名プレーヤー、B・ボルグ選手は、1983年、“燃え尽き症候群”で26才の若さで突然引退しました。テニス界ではいま、うつ病を公表した大坂選手もそのまま引退してしまわないかと心配されています」(テニス協会関係者)

 大坂選手が全仏オープンの記者会見を拒否したのは5月30日。その理由について「何度も同じ質問をされる」「疑念を抱かせるような質問をされる」と訴えた。大坂選手をよく知る関係者が語る。

「彼女が苦痛に思っていたのは、東京五輪について繰り返し聞かれることでした。まるでコロナ禍で五輪を“強行”することが、日本人の彼女のせいかのような言い方もあり、相当なプレッシャーになっていたようです」

「正直なところ私にはわかりません」

 たとえば、今年2月、全豪オープン優勝翌日の会見。大坂選手は五輪開催について聞かれ、こう答えている。

「私にとって初めてのオリンピックであり、東京は夢のような場所です。でも……私はあまり深く考えたくありません。なぜなら、分析しすぎて、自分にストレスをかけてしまう気がするからです」

 同様の話を何度も繰り返ししているにもかかわらず、大坂選手が会見を開けば必ずといっていいほど東京五輪について聞かれた。5月に入ると、欧米メディアを中心に「開催は中止すべきだ」という論調が盛り上がる。5月10日、英BBCインタビューで「開催は適切か」と問われると、大坂選手はこう嘆いた。

「正直なところ、私にははっきりわかりません」

 大坂選手だけではない。スペインの男子トップ選手のラファエル・ナダル選手は「はっきりとした答えはない。自分ではわからない」(5月11日)と語り、セルビアのノバク・ジョコビッチ選手は出場するかどうか聞かれると「出るべきかどうか、自分に問いただしている。もし会場に観客が入るなら出る」(5月27日)と話して、無観客だった場合の「辞退」を匂わせた。

 そのなかでも、日本人である大坂選手には同じ質問が集中砲火された。「特にアメリカのテニス・メディアは、あの“因縁”から日本代表としての大坂選手に厳しい質問をしているように感じる」と言うのは、前出のテニス協会関係者だ。

「2018年に全米オープンで優勝すると、日本とアメリカ両方の国籍を持つ大坂選手は、“どちらの代表になるのか”の選択を迫られました。日本テニス協会は無名時代から手厚い支援をしていたが、アメリカは『あらゆる面倒を見る』と、莫大な資金を元手に“籠絡作戦”を始めた。日米で争奪戦が起きたのです。

 結局、日本に恩義を感じていた両親の意向もあり、日本代表として戦うことを選んだのですが、アメリカ側にはその遺恨が少なからずあるのでしょう」

 会見拒否の後、大坂選手はツイッターでこう語っている。

「私は人前で話をするのが得意ではなく、世界中のメディアを前にして大きな不安に襲われます。とても緊張し、いつもできる限り人々の心を掴む話をしなければならないとストレスを感じてきました」

 夢の舞台だった東京五輪。当然プレーはしたいが、開催についてはいろんな意見の人がいる。日本中が彼女の金メダルを期待しているが、果たしてそれは叶うのか。

※女性セブン2021年7月1・8日号

あわせて読みたい

「大坂なおみ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  2. 2

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  5. 5

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  6. 6

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

  7. 7

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  8. 8

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  9. 9

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

  10. 10

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。