記事
  • ロイター
  • 2021年06月17日 16:05 (配信日時 06月17日 15:55)

アルケゴス問題、大手行の耐性の必要性示す=スイス中銀


[チューリヒ 17日 ロイター] - スイス中銀は17日、同国の銀行大手クレディ・スイスとUBSが米投資会社アルケゴスとの取引で損失を出したことについて、両行の耐性を十分に確保するため、「大きすぎてつぶせない」銀行の資本規制が必要であることが示されたと指摘した。

中銀は2021年の金融安定報告書で「今回の問題では、マクロ経済やシステム全体に影響を及ぼす金融面のショックとは必ずしも関係がなくても、多額の損失につながりかねない多大なリスクに銀行がさらされていることが浮き彫りとなった」と指摘。両行、特にクレディ・スイスは多額の損失を被ったと述べた。

UBSはアルケゴスを巡る問題で7億7400万ドルの損失を計上した。

クレディ・スイスのアルケゴス関連の損失は50億ドル以上。同行は、経営破綻した英金融サービス会社グリーンシル関連のファンド(約100億ドル規模)も閉鎖した。

中銀によると、クレディ・スイスのグリーンシルへの直接のエクスポージャーは、アルケゴスへのエクスポージャーを大幅に下回っていたが、顧客からの損害賠償請求でコスト負担を迫られる可能性がある。

中銀は、現在の厳しい経済環境でも両行に耐性があることが判明していると指摘。新型コロナウイルスの変異株がさらに流行すれば、追加の封鎖措置や長期にわたる封鎖措置が必要になり、景気回復の一段の遅れや景気後退の再発につながりかねないとし、銀行のクレジットポートフォリオに悪影響が及ぶ可能性があるとの認識を示した。

中銀は、多くの国で株式、クレジット、不動産市場のバリュエーションが高まっている兆しがあり、世界の公的債務・企業債務も歴史的な高水準にあると指摘した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  2. 2

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  3. 3

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  4. 4

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  5. 5

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  6. 6

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  7. 7

    五輪開会式 深夜の子ども出演が波紋…橋本聖子が4日前に任命

    女性自身

    07月25日 08:51

  8. 8

    東京都心部の不動産を物色する中国人 入国できなくてもリモート投資を続けるワケ

    NEWSポストセブン

    07月25日 09:04

  9. 9

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  10. 10

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。