記事

ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

1/2
YouTubeの新たなスタイルとして注目されている切り抜き動画。元2ちゃんねる管理人・西村博之氏の動画を切り抜き=再編集した動画は特に人気を集めています。流行っているものはとりあえず試すのが放送作家ということで、私が切り抜き動画にチャレンジした経験も踏まえて気が付いたことを綴ります。

放送作家のおおたけです。

昨今、YouTube界隈で勢力を広げているのが切り抜き動画。他人の動画を勝手に再編集してアップロードするもので、著作権の観点からいえば完全にNG行為です。

しかし、この切り抜き動画が今、大変な人気となっています。再編集のセンスが絶妙で、テロップが付き、尺も短くて見やすく、思わずクリックしたくなるサムネイル。その点だけでいえばオリジナルを凌ぐクオリティです。(もちろんオリジナルがないと作れないのですが…)

そんな切り抜き動画ブームの火付け役といえるのが、元2ちゃんねる管理人・西村博之氏(ひろゆき)のYouTubeチャンネル。このチャンネルは、ひろゆき氏がお酒を飲みながら視聴者からの質問に答えるとてもシンプルなもの。

1問1答でとても聞きやすいのですが、ネックとなるのはその長さ。約2時間、質問に答え続けるため、興味のあるところを探すのが大変です。そこで登場したのが切り抜き動画。

注目度が高い質問と回答だけを抜粋して数分の動画に再編集。オリジナルには入っていないテロップも入れて見やすく仕上げ、サムネイルも一目見れば動画の内容が丸わかりです。

テロップにより、音声オフでも内容が把握できますし、動画の尺も短い。忙しい現代人にとって至れり尽くせりの時短動画です。あまりの見やすさから、ひろゆき氏の切り抜き動画チャンネルは、登録者数が激増。「ひろゆきの部屋【切り抜き】(20万人)」「ひろゆき切り抜き(18.7万人)」「せまゆき(16.5万人)」(いずれも執筆時点)と10万人超えのチャンネルが続出しており、ちょっとしたYouTuberより人気となっています。

ひろゆきの切り抜き動画の分配率は50:50


一大ブームを巻き起こしている切り抜き動画ですが、収益化の仕組みが気になりますよね。

他人の動画コンテンツを勝手に再編集してアップロードしているわけですから、動画作成者は著作権に抵触し、動画は当然収益化の対象外になります。

そこにひろゆき氏は革命を起こしました。

これまでであれば、自身の動画を勝手に転載したとして、切り抜き動画をやめさせることが通例だったのですが、ひろゆき氏は逆に自身の切り抜き動画を推奨。収益化で得た利益を、ひろゆき氏のYouTubeチャンネルを管理しているガジェット通信に分配するという仕切りにしました。配分率は50:50だそうです。

これまでテレビ、ラジオなどの映像・音声をYouTubeにアップしても、著作権の侵害となり収益化どころかアカウント停止になっていました。しかし、ひろゆき氏は収益を山分けすることを条件に転載を認め、自身の切り抜き動画を爆発的に増やしたのです。

YouTubeでお小遣いを稼ぎたいけど、自身でオリジナルコンテンツを作るアイデアも時間もないという方にとって切り抜き動画はぴったりのコンテンツ。

ひろゆき氏の切り抜き動画を作っている方の中には、そこいらのYouTuberを凌ぐ収益を得ている方もいるそうです。切り抜き動画、侮れませんね。

切り抜き動画を増やすメリットは「関連動画のハック」


切り抜き動画の増加によって、切り抜かれた本物のYouTubeチャンネルを見る人が少なくなるのでは?と懸念する人もいるのではないでしょうか。

前述したように切り抜き動画の方が見やすければ、「本家より切り抜きでいいや」と思うのは至極当然。しかし、ひろゆき氏のYouTubeチャンネルの登録者数は右肩上がりに増え続けています。

その理由は、GoogleのAIによるアルゴリズム。みなさんも経験があると思いますがYouTubeの関連動画のシステムは、自分が見た動画の類似コンテンツをオススメしてきます。

これにより、ひろゆき氏の切り抜き動画を一度見ると、オススメ動画が本家・切り抜き含め、ひろゆき氏で溢れ返ります。どれだけスクロールしてもひろゆき動画は追ってきます。当然、あなたの興味のある動画をオススメされるわけですから、次々に観てしまうでしょう。

さらに、オススメがひろゆき氏関連の動画でジャックされると、ニュース解説系の類似コンテンツが入る隙間がありません。切り抜き含め、ひろゆき氏関連の動画がスマホの画面を占領したことで、姿を見る機会が減ったYouTuberや有名人がいるのではないでしょうか。

切り抜きは、動画のまとめサイトである

YouTubeが誕生したのは2005年。それから16年というスピードで急成長を遂げてきましたが、切り抜き動画を見ていて「似ているな」と感じたものがあります。それはまとめサイト。

少し前の話ですが、インターネットに溢れる情報が玉石混淆となり、良質な情報だけをチェックすることに時間がかかるようになりました。

そこで登場したのが、NAVERまとめなどに代表されるキュレーションサイト、いわゆるまとめサイトです。おかげで良質な情報を最短で手に入れられるようになったものの、今度はまとめサイトが乱立。情報が薄く、質の悪いまとめサイトが散見されました。

その結果、Googleのアルゴリズムが変更され、まとめサイトが検索結果の上位に表示されなくなり、質の悪いキュレーションサイトは次々と閉鎖することになったのです。

切り抜き動画もまとめサイトも、時短という観点ではとても似ていて、映像版のまとめサイトが切り抜き動画なんだなと感じました。

まとめサイトの流れを考えると、今後、切り抜き動画も質の悪いものはYouTubeで検索しても見つからなくなるようになるかもしれません。これまでも過激な動画に対して規制をかけるなどして対応してきたYouTube。既存メディアが約50年かけて歩んできた道のりを、YouTubeはわずか15年ほどで駆け抜けるような気もしています。

あわせて読みたい

「YouTube」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  2. 2

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  3. 3

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  4. 4

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  5. 5

    日産の小さな高級車「ノート オーラ」に中高年の支持が集まる理由

    NEWSポストセブン

    08月02日 10:43

  6. 6

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  7. 7

    五輪もパラリンピックも中止にするべきではない。強いメッセージは経済対策・法改正で出すのが筋

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月02日 08:25

  8. 8

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

  9. 9

    行政から「入院できません」札幌市の医療崩壊受け医療従事者ら新宿でデモ

    田中龍作

    08月02日 09:00

  10. 10

    ベラルーシ女子陸上選手、帰国拒否 羽田空港へ連れられ

    BBCニュース

    08月02日 08:36

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。