記事

通常国会の閉会

今日、今年の通常国会が閉会となりました。

新型コロナ対策が議論の中心であったことは間違いありません。

2回目の緊急事態宣言が発せられた中で開会し、3回目の緊急事態宣言が続いている中で閉会しました。この間、宣言がなかった期間は3週間足らず。この一事をとっても、菅政権のコロナ対策は失敗であったと言わざるを得ません。

これに対応する令和2年度補正予算も、令和3年度本予算もコロナ対策としては全く方向違い、力不足のものでした。

このようなコロナ禍の中で、目の前に迫る東京五輪・パラリンピックをどのようにして安全安心に開催するのかについて、菅総理からは具体的な説明は国会では結局全くありませんでした。

さらにこの国会においては、菅総理の長男が勤める東北新社などの「利害関係者」によって担当省庁が接待を繰り返し受けていた問題も明らかになりました。しかしこれらについての菅政権の説明ぶりはスッキリしないまま終わったと言わざるを得ません。

加えて、「政治とカネ」。菅政権下で、河井夫妻、菅原一秀氏など大臣を経験した人物を含む自民党議員が次々と「政治とカネ」で辞めていきました。これらの人物は、結局国会で全く説明責任を果たさないまま。菅総理自身も説明しないままでした。

このような中で、我々からの会期延長要請に対して耳を貸さず、国会を問答無用に閉じた菅政権。

国民に対して、責任ある政権運営を行なっているとは全く言えません。

これから国会閉会中の期間を経て、次に国会が召集される時には、解散総選挙を迎えると言われています。

閉会中においても、様々な工夫をこらし、場面を作りながら、菅政権のあり方を引き続きただしていかなければなりません。

あわせて読みたい

「国会」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  4. 4

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  5. 5

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  6. 6

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  7. 7

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  8. 8

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  9. 9

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  10. 10

    中間層や無党派層の動きが読めない横浜市長選 日本の政治状況が急展開か

    早川忠孝

    07月24日 18:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。