記事

【123カ月目の汚染水はいま】いわき市長が改めて海洋放出に反対表明 「国の決定は誠に遺憾」「現時点で承服できない」

2/2

【市議「住民説明会求めよ」】

 狩野市議はまた、「市町村長や関係団体だけに説明して住民の理解を得たと判断することはできない。住民一人一人の生の声を聴くべき」と住民説明会の開催を政府に要望するべきだと求めた。

 「トリチウム汚染水の海洋放出については福島県内の7割の市町村議会で反対または慎重に対応する意見書が採択されています。政府の海洋放出方針決定後の6月11日の時点では、県内9市町村議会で意見書が可決されています。既に海洋放出反対の意見書を可決した議会を含めると、20市町村議会となります。県民の理解のない中での海洋放出方針決定と言わざるを得ない」

 これには緑川伸幸危機管理部長が「市と致しましても、ALPS処理水の取り扱いにつきましては、国が責任をもって関係者や国民の理解を得たうえで実施されるべきであると考えておりますことから、先ほど市長が答弁申し上げました通り、国が前面に立って説明責任を果たし、理解を得ることに全力を尽くすよう、機会をとらえて強く求めてまいりたいと考えております」と答えるにとどまったが、否定はしなかった。

 いわき市議会は5月21日、国に対し「トリチウム等を含む処理水の処分方法について再検討を求める意見書」を提出。①処理水の処分方法については、漁業関係者など関係する全ての方の理解を受けた上で、改めて決定すること。②処理水は当面、陸上保管を継続し、諸課題の解決に取り組むこと。③政府及び東京電力は、福島県民との信頼回復を図るため、関係者とこれまで以上にリスクコミュニケーションを徹底し、関係修復を図るための最大限の努力をすること─を求めている。

 南相馬市議会は政府の基本方針が示された直後の4月27日に「トリチウム及び放射性核種を含むALPS処理水の海洋放出方針決定に強く抗議し決定の撤回を求める意見書」を全会一致で可決した。相馬市議会も5月31日に「東京電力福島第一原子力発電所におけるALPS処理水の海洋放出方針決定に反対する意見書」を全会一致で可決している。



いわき市議会が国に提出した意見書。「処理水は当面、陸上保管を継続し、諸課題の解決に取り組むこと」などを求めている

【23日東電が議会に説明】

 狩野市議は、賠償システムの問題点にも言及した。

 「東電は『風評被害が発生した場合には迅速かつ適切に賠償します』としていますが、そもそも被害者が加害者に対して被害を立証するシステム。救済されない申立者が続出しているのが現状です」

 東電への賠償請求手続きに同行した経験から、次のように市側に求めた。

 「東電は単に売り上げが下がっただけでは駄目なんです。原発事故との相当因果関係を客観的に立証しないと認められない。だから、原発事故からの年数が経つにつれて因果関係を否定する件数が増えています。今度の汚染水は30年から40年かかって流し続ける。一方で、賠償請求は民法上は10年が限度です。民法上の消滅時効との関連がきちんと明らかにされていないし、相当因果関係を立証する賠償基準も明らかになっていません。被害者の立場に立ったシステムに改正するよう国や東電に要請すべきです」

 緑川危機管理部長は、これに対しても「国及び東電に対し、被害者に寄り添ったきめ細やかな支援策を確実に実施するなど、原子力災害の原因者としての責任を最後まで果たすよう、引き続き強く求めてまいりたい」と答弁した。

 今年4月18日に開催された『第22回廃炉・汚染水・処理水対策福島評議会』や同月22日に東電の小早川智明社長と面会した際に、被害者が被害を立証しなければならない現在のシステムを見直すよう清水市長が意見を述べたという。

 閉会後、狩野市議は「清水市長は『誠に遺憾である』ときちんと言っており、今の時点での精一杯の答弁ではないか」と一定の評価をした。

 「汚染水の海洋放出に反対で、陸上保管継続が基本的な考え方。今月23日の全員協議会で東電が説明するというので、陸上保管を続けるべきだということや海洋放出前に濃度を測定しないと報じられていることなどについて、その場できっちり質問したい」(狩野市議)

(了)

あわせて読みたい

「処理水」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  2. 2

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  3. 3

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  4. 4

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  5. 5

    始まった自民党総裁選 次のリーダーは党内の淀んだ空気を変えられるのか

    毒蝮三太夫

    09月17日 15:56

  6. 6

    堀江貴文「西野亮廣の『えんとつ町のプペル』が大成功したたった一つの理由」

    PRESIDENT Online

    09月17日 16:17

  7. 7

    岸田氏と河野氏だけの争いではなくなった自民党総裁選 予断を許さぬ激しい戦いに

    早川忠孝

    09月17日 17:04

  8. 8

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  9. 9

    次の首相は誰に? 自民党総裁選の4候補が意気込みや政策語る

    BLOGOS編集部

    09月17日 14:23

  10. 10

    高市早苗総裁候補VS小泉進次郎議員の抗争勃発?!重要争点の一つは「エネルギー政策」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月18日 08:32

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。