記事

各地の立場を伝える全国紙 市川明代(毎日新聞記者)×荻上チキ

2/2

■何も変わっていないことこそがニュース

荻上 被災地に取材をするなかで、報道に欠けていると感じた部分はありますか。

市川 震災直後、福島の人たちは、停電によってテレビが使えず、いま何が起きているのかわかっていない人が多かったと思います。よくわからないまま避難していたり、震災の被害状況も、水素爆発が起きたことも知らなかったり。だから翌日には家に帰れると思っている人がたくさんいました。

そのため避難生活が長引くにつれて、つらさが日増しに積み重なっているようでした。そういったリアリティ、「つらさ」の変化を丁寧に報道できていなかったかもしれません。

原発や政治の動きを報道することも大切ですが、長期的かつ継続的に当事者の心情の変化を取材してくことも大事だと思います。ただ、原稿を出してもなかなか載せてもらえない事情もあります。

荻上 どんな原稿が載りづらいのでしょうか。

市川 動きがあれば、その経緯について書くことができます。でも、数ヵ月経っても変わらない風景が広がっていることは、新聞では伝えづらい。

たとえば復旧がめまぐるしかった東京と、いまだ復興の進まない岩手では、時間の流れ方が違いますよね。わたしたちが感じている1年と、被災者の1年はまったく違うんです。変わらなさ、歯がゆさを、どうやって記事にすればいいのかが悩ましい。

節目を過ぎた途端に、記事を載せる機会は一気に失われてしまいます。メディアが報道をしなくなったと言われますが、なかではいろいろな議論があり、記者が書きたがっても紙面がとれないこともあります。どうすれば継続的に記事にできるのか、なにを書けば掲載されるのか。周りの記者とはよく話をします。

荻上 紙面の制約があるなかで、掲載する記事についてデスクと喧嘩になることはありますか。

市川 原稿を書いて出してしまえば、やりとりをするなかでなんとか記事にできるんです。

ただ企画を立てても却下されることが多い。岩手や宮城の状況が見えづらいと思うので、なんでもない日常を定期的に60行程度で載せることは出来ないかと同僚たちと一緒に提案しているのですが、日々新たな事件が起きるなかでは、なかなか実現しないですね。

荻上 毎日新聞の「希望新聞」や読売新聞の「減災生活」といった連載など、それぞれの視点でスペースをつくっています。あとは、たとえば南相馬市のひばりFMでは、なんでもない市民の会話を淡々とラジオで流しています。ちょっとした日常のなかにも考えさせられることがたくさんありました。読者も、そういうものを求めていないことはないと思います。

市川 社会面では、事件だったりものすごくドラマチックな話だったりしないと載りにくいという傾向にあります。そうではなくて、より日常的な、ごく普通のおじいちゃんのいまの思いを載せる必要もあると思います。

荻上 そうですよね。極端なケースや社会問題を投影したものを取り上げて、社会を動かしていこうというアイデンティティを持ちがちかもしれませんね。

市川 でも、実は何も変わっていないことこそニュースだったりするんです。「お店がオープンした」「事業が再開した」といったニュースばかりになっていて困ると現場からの声もあります。動きのあることばかりが報道されてしまうんですよね。

リンク先を見る
避難所になっていた福島県郡山市のビックパレットふくしま。
震災発生からおよそ1ヶ月が過ぎ、被災した人々の顔に疲労が見え始めていた。
(2011年4月、市川撮影)

■それぞれのメディアの役割

荻上 紙面に掲載されなかった記事をウェブに載せたり、あるいはツイッターに流すことなど、メディアの媒体を変えることでフラストレーションを減らすこともできるかもしれません。市川さんはウェブメディアについてどのようにお考えでしょうか。

市川 わたしは記者として名前を明かして取材をしているので、ツイッターに情報を流すことはしていません。それにツイッターに書いたことを、時間が経ってから後悔するかもしれないと考えると容易に呟く気にはなれません。現場に足を運ぶほど答えは見えにくくなり、悩みは深まるので簡単に呟けないんです。でも、これはわたしの向き・不向きで、使いこなせる人が出てくるのはいいと思います。

荻上 メディアのサイズによって、役割も違ってくると思います。全国紙の役割について、どう思われましたか。

市川 被災地で岩手日報という地方紙を読んで、地方紙の重要性を感じました。被災地の人たちにとっては日本全体がどうなるかよりも、目の前の生活がどうなるのかということのほうがより切実な問題です。ですから全国紙より地方紙のほうが読まれるんです。

岩手日報よりもさらにローカルな東海新報という新聞紙は、被災者を温泉に招待するツアーやミニコンサートの情報が載っていて部数が伸びていました。必要とされていたメディアなんですね。被災地の県版ページにいくら被災地の情報を載せても、それ以上の役割を東海新報などの地方紙がはたしている。ですからわたしたちは、全国の人に読んでもらうことをつねに考えなければいけないと思います。

わたしがすごいと思ったのは、NHKの「あの日あの時」というコーナーです。3月11日にどこにいて、なにをしていたのかを流しているだけなのですが、震災以降ずっと継続していて、被災地のことをちょっとでも考える時間を提供している。わたしたちも同じようなポリシーを持ってやらなくてはいけないと思います。

荻上 全国紙の強みは、数百万から数千万単位の読者に情報を発信して社会問題化する機能でしょう。それを意識しながら生活報道を忍び込ませることも必要だと思います。

震災直後の誰もが情報を手に入れようとしているときと、次第に話題から離れているときで、見せ方も変わってくるのではないでしょうか。

市川 読んでもらえなくなっているのは間違いありません。東京の人たちは自分の生活に直結している原発問題に比較的関心を持っています。一方で、関西の読者のなかには、読むとつらくなるから震災の話は載せないで欲しいという声もある。

これは、本土の人が、沖縄の話にどれだけシンパシーを持てるのかという話と同じなのかもしれません。阪神淡路大震災のときも、神戸の人は東京がオウム一色になってつらい思いをしていたと聞きます。

それでも、お願いだからこの瞬間だけでも見てくださいと、上手に引きずり込むのがわたしたちの仕事だと思う。忘れられてしまうのが一番つらい。

荻上 テレビを見ていると「忘れない忘れない」とばかり言っていて、「言われなくても忘れねーよ」って気持ちがある一方で、あれはメディアの側の焦りのようなものかなと思ったりもします。

市川 たしかに。1年近く駐在員として被災地に勤務し、その間、震災のことだけを考えてきたはずのわたしでも、東京に戻ってしまうと、三週間被災地に行かないだけで遠く感じてしまうことがあります。人は忘れる生き物で、それはある意味でしかたないのかもしれません。それをどうやって報道して、少しでも思いだしてもらえるようにするか。

荻上 数日前の毎日新聞に掲載されていた「福島の桃が売れている」という記事を読んで、日常のなかに被災地を忍ばせていくやり方があると思いました。

市川 そうですね。
ただ瓦礫の問題がありますよね。「福島のことは忘れないけれど、瓦礫受け入れは反対」と話す人たちがいる。論点ごとに複雑ですから。

荻上 瓦礫が危ないといいながら、「被災地の雇用を生み出すために、瓦礫処理は被災地でやろう」と言っている政治家もいますからね。

■これから新聞記者はいかに筆を取るべきか

荻上 冒頭でお話いただいた労働問題と同様に、原発問題についても、「こうすればよい」といった正解はないと思います。手探りで報道していかなくてはいけない。今後の震災でも、割り切れない様々な問題が生まれてくるはずです。そのときどう筆を取るべきだとお考えか、最後にお聞かせください。

市川 社会部に身を置いている以上、より困難なところに身を置いている人の側に立たなければいけないと考えています。

瓦礫受入れ反対のニュースが流れると、複雑な気持ちになります。かなり北にある宮古の瓦礫すら反対されてしまっている。瓦礫に囲まれて暮らしている人たちはどうすればいいんでしょうか。

でも、それぞれにそれぞれの生活があるわけで、対立軸ができてしまうのは仕方ないのかもしれません。西の方にいる記者は、その土地に住む人にシンパシーを感じますから、瓦礫反対の声に寄り添って書く。それはそれでいいのかもしれません。各地に取材拠点を置いて、いろんな立場にたって書いていけばいく。うちの新聞は比較的、何でも自由に書けますし(笑)。それを全国紙として載せることで考えるきっかけになるかもしれません。
(2012.9.13  パレスサイドビルにて)
市川明代(いちかわ・あきよ)
2000年新聞社入社。06年2月に毎日新聞に移り、川崎支局、とうきょう支局を経て07年5月に社会部へ。東日本大震災の取材拠点として岩手県釜石市に開設された三陸支局に2011年6月1日付で着任し、主に陸前高田市、大船渡市を担当。12年4月より社会部に戻り、遊軍(労働担当兼務)。

あわせて読みたい

「新聞」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    混雑する観光地、お休み中の飲食店…「国民の祝日」が多すぎることのデメリットを痛感

    内藤忍

    09月21日 11:56

  2. 2

    引きずり下ろされた菅首相の逆襲が始まる「河野内閣」で官房長官で復活説も

    NEWSポストセブン

    09月21日 08:42

  3. 3

    全国フェミニスト議員連盟の釈明は、明らかに虚偽を含み極めて不誠実である

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月20日 16:58

  4. 4

    順当トップ交代人事では払拭できぬ三菱電機の"悪玉"企業風土とは

    大関暁夫

    09月21日 12:37

  5. 5

    「政高党低は悪?」 報ステは自民党批判ありきではないか?

    和田政宗

    09月21日 22:55

  6. 6

    三菱UFJが傘下の米銀80億ドルで売却、USバンコープと提携模索

    ロイター

    09月21日 20:06

  7. 7

    連休明けに大幅下げの株式市場 実体経済からかけ離れた金融バブルは破裂すべき

    澤上篤人

    09月21日 15:32

  8. 8

    “超節約”で『FIRE』実現も…越えた先に思わぬ壁 達成者が伝えたい注意点

    ABEMA TIMES

    09月21日 13:26

  9. 9

    「感染ゼロではなく、重症化ゼロを目指す。医療と経済は両立できる」現場医師の提案

    中村ゆきつぐ

    09月21日 08:28

  10. 10

    コロナ禍で育つ生徒たち 後世での「コロナ世代」呼ばわりを懸念

    船田元

    09月21日 10:45

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。