記事

各地の立場を伝える全国紙 市川明代(毎日新聞記者)×荻上チキ

1/2
画像を見る
宮城県女川町のがれき集積場で、選別作業にあたる地元の若者たち。
仮設住宅に住む人々は毎日、こうしたがれきの山の前を通らなければならない。
(2012年6月、市川撮影)。


毎日新聞記者・市川明代さんは、三陸支局に2011年6月から一年ほど勤務していた。新聞記者として、女性記者として、社会部記者として、被災地取材・報道を通して何を思ったのか。何を伝えるべきなのか。荻上チキによるインタビューにお答えいただいた。(構成/シノドス編集部・金子昂)

■答えのないなかで取り組まなくてはいけない

荻上 今日は、毎日新聞の市川記者に、被災地取材の課題についてお話を伺いたく思います。
市川記者が震災以前どのような活動をされていて、震災後どういう活動をされているのか。また取材していくなかで感じたことや記事への反応、ソーシャルメディアの活用方法など、いろいろなお話をお聞かせいただければと思っています。はじめに、市川記者は震災前にどのようなお仕事をされていたか、お話ください。

市川 わたしは震災前、非正規雇用や日雇い派遣の問題などの労働問題を2年ほど担当していました。

これまで、労働担当の記者は、主に労働組合を取材し、「解雇は駄目、非正規雇用はけしからん」と主張するだけでよかったし、わたしもそう信じていました。でも若い人に取材すると、「雇用規制によって中高年のクビを切れないから、自分たちが正社員になれない」とさえ思っていたりする。業績の悪化している企業が人件費を抑えたいと考えるのはもっともですし、そういう単純な話ではなくなってしまっています。

労働問題ひとつとっても色々な言い分があり、どちらが正しくて、どちらが間違えているのかが言えない時代、何かを叩けばすむ時代ではないのだと思います。「誰が悪い」とは言い切れないなかで、どのように書くべきか悩みながら、取材活動をつづけてきました。

荻上 労働問題も単純化されやすい論点ですが、わかりやすい答えにはいつも落とし穴がある。そうした答えのないなかで問題に取組みつづけてこられたわけですね。

■震災直後を振り返って

荻上 3月11日から社内の報道体制が変わり、予定されていた記事を組み直さざるを得なくなったと思います。当時の動向をふりかえっていただけますか。

市川 2011年のお正月から「働乱(どうらん)の時代」という労働問題に関する長期連載を始めていました。3月12日はまさにその第二部の掲載開始の予定日だったのですが、震災によってなくなってしまいました。

他の人も同様の状況で、それぞれが抱えていた仕事を中断して全員で震災報道に関わらざるを得なくなりました。記者は多かれ少なかれ、その業務の性質上、震災前後でぶっつりと日常内での断絶が生じたと思います。

荻上 震災直後、被災地取材や原発報道など、様々なテーマが発生しました。女性記者と男性記者で割り振られる仕事に違いはあるものなのでしょうか。

市川 部署によっても違います。わたしのいた東京社会部は、震災発生直後は基本的に男性が被災地に行き、女性は社内から電話で現地の情報を収集していました。やはり記者の習性なのか、男女ともに「現場に行かせてほしい」という雰囲気がありましたね。

荻上 報道機関として真実を伝えなくてはいけないけれど、会社としては労災の手当てや部下を失いたくないという気持ちが働くというジレンマがあると思います。社内に残った女性が官邸に取材に行くようなことはありましたか。

市川 官邸取材は政治部の担当なので、社会部はあまり関わっていません。でもいま思うと、政治部こそ現場に行くべきなのかもしれない。

永田町にいる政治家のほとんどは、現場を見ていません。政治家が考えていることが被災地とどれだけ温度差があるのかを知るためには、そして質問をぶつけて記事にするためには、現場に行かないとわからないと思います。わたしたちの組織はタテ割りなので、現場を踏んだ社会部の記者が官邸に出向くこともあまりない。それも問題なのかもしれません。

荻上 若手記者が政治家に張り付いて取材していたり、デスクが現場に出られなくなったりと、それが本当によいのかと思うような慣習もあるかと思いますが。

市川 そうですね。現場に行って現場のデスクとして音頭を取っていた人と、本社から離れられなかった人では感覚がまったく違います。皆が行くべきとは言いませんが、記者同士の交流はもっとあればいいと思いますね。

リンク先を見る
高台から見下ろした岩手県陸前高田市の中心市街地。
市庁舎など、写っている被災建物はすでに撤去作業に入っている。
 (2012年1月、市川撮影)


■原発作業員への取材

荻上 市川さんはいつごろに現場に入られたのでしょうか。

市川 3月末に原発作業員の取材チームの一員としていわき市に行きました。被災地に行かせて欲しいと希望を出したら、たまたま空きがあって。

荻上 原発作業員に取材をするのは大変だったのではないでしょうか。

市川 そうですね。日中はもともと原発で作業していた人がたくさんいる避難所に、夜は旅館の前で待って取材をしていました。突撃取材の連続でした。

原発作業員のなかにも自分たちが収束をと考えている人もいれば、恐ろしいから福島第一には関わりたくないと思っている人もいました。全国の原発を転々としてきたベテランの作業員のなかには「昔は線量計を隠して原発に行くのが当たり前だったよ」なんて言っている人もいました。そういう労働環境が、ずっと放置されてきたんですね。

ただ、現場を取材して驚いたのは、震災前から現場で働いている作業員のなかに若い人がたくさんいたことです。それまで若者の労働問題を取材してきたのですが、同じような構図がここにもあるんだ、と思いました。

荻上 就労先が他になくて、そこに流れてくる若者が多かったということですか。

市川 それもあると思いますが、危険な場所だと思わずに働いている人が多かったと思います。昔は線量が高いとよく言われていましたが、最近は設備の改善もあって線量が抑えられている。それに安全PRも効果があったのだと思います。一般の人が働く場所になりつつあったのかもしれません。

あわせて読みたい

「新聞」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  2. 2

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  3. 3

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

  4. 4

    五輪の「祝賀モード」は選挙で政権に有利になるのか?減り続ける菅総理のポスターと自民党の焦り

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月01日 11:04

  5. 5

    資格と能力は違う?資格や履歴書が充実していても使えない人材多い日本

    ヒロ

    08月01日 11:28

  6. 6

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  7. 7

    こういう五輪中止の可能性

    krmmk3

    08月01日 15:19

  8. 8

    次の総選挙結果は「与野党伯仲」ー〝真夏の白昼夢〟を見た/8-1

    赤松正雄

    08月01日 08:31

  9. 9

    横浜市長選に立憲民主党等が擁立する候補予定者の適格性が問題視されるという異常な事態

    早川忠孝

    08月01日 22:01

  10. 10

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。